Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

生産(しょうさん)とは「出産」のこと/新潮45を読まない人の杉田水脈たたきの意味不明

time 2018/07/27

生産(しょうさん)とは「出産」のこと/新潮45を読まない人の杉田水脈たたきの意味不明

sponsored link

新潮45を読んで驚いた「杉田水脈議員を批判している人は、ぜったい本を購入して読んでない!」

批判するのなら、本を購入して、読んでから批判すべきです。該当の記事だけではなく、雑誌全体を手に取って読んでみることをおすすめします。

なぜなら、杉田水脈さんの記事は、「朝日新聞批判」という特集の中の、ひとつのパーツに過ぎないからです。

 

こちらは楽天です。現在、アマゾンでは、プレミアムがついて高値になっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆新潮45 / 2018年8月号
価格:899円(税込、送料別) (2018/7/26時点)

 

 

いつもの朝日新聞の手法

新潮45の2018年8月号に掲載された、杉田水脈 衆院議員の記事が、炎上しています。

何はともあれ、この雑誌を実際に読んでみないとなんとも言えませんので、とりあえず入手して、読んでみました。

読んでみて、今回の炎上騒動にとても違和感を感じました。

個人的には、火のないところに火をつけて炎上させる、いつもの朝日新聞の手法ではないかとの、感想を持ちました。

 

「テーマ」を無視している

そもそも、杉田水脈さんの記事は、『日本を不幸にする「朝日新聞」』がテーマです。

『日本を不幸にする「朝日新聞」』…偏向した報道と朝日ブランドを全面に押し出した数々の商売に異議あり。

という特集の中で、

  1. 間違いだらけの「台湾」情勢 林彦宏
  2. 「安倍嫌い」女性編集委員のダメな日本語 古谷経衡
  3. 不公平な受験を生む「天声人語」商売 八幡和郎
  4. 読者誘って「婚活ビジネス」か 大江舜
  5. もう止めるべきだろう「夏の甲子園」 小林信也
  6. 「LGBT」支援の度が過ぎる 杉田水脈

と6人の論客が、朝日新聞の偏向報道を次々に批判しています。その6人の最後が、杉田水脈さんです。

これを、朝日新聞は、「朝日新聞への批判」がテーマであることを書かずに、

子供を作らない、つまり「生産性」がない、の杉田水脈さんの記事の一部分だけを切り取って批判記事にしています。


杉田水脈さんの記事は、まさにこの朝日新聞の二階堂友紀記者の一連の「LGBT」記事への批判といえるものです。

それなのに、そこを隠して、朝日新聞は、またもや「LGBT」支援の偏向記事に仕立て上げています。

 

不妊治療という例の中で税金の使い方を論じている

炎上しているのは、杉田水脈さんの記事のこの部分です。

例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。にもかかわらず、行政がLGBTに関する条例や要項を発表するたびにもてはやすマスコミがいるから、政治家が人気とり政策になると勘違いしてしまうのです。(新潮45 8月号 p.58)

税金の使い方として、例えば、「子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療」に税金を使うのは「少子化対策」という大義名分がありますが、LGBTのカップルは子供を作らないので「少子化対策」というような大義名分がないので国民の賛同が得られにくい、といっています。

(個人的には「B=バイセクシャルの人は、結婚して子供を作るのではないか」と思いますが…)

それにもかかわらず、LGBTに関する要綱などを行政が発表するたびに、「朝日新聞」などのマスコミがもてはやすので、政治家が人気取りになると勘違いするといっています。

つまり、この文章のキモは「朝日新聞」の批判です。

誰を切り捨てるとか、差別するとか、そんなことは書かれていません。

多くの人が賛同するような「大義名分」がないのに、「朝日新聞」が報道しすぎるから政治家が人気取りに利用する、と書かれているのです。

 

今回のように朝日新聞が切り取り偏向報道で、杉田水脈さんを批判すると、その論調に同調してしまう政治家も批判しているわけです。

 

生産(しょうさん/しょうざん)とは、「出産」のこと

杉田水脈さんへの批判の中に「子供を生むことに生産性という言葉を使ったのが不謹慎」というものがあります。

朝日新聞や一部野党は、まさにここの部分だけを切り取って、攻撃しています。

 

とても違和感のある光景です。

 

そもそも「生産」とは「出産」のことです。

「子供を生むこと」を「生産」と書いてはいけないのでしょうか。

鎌倉中期から後期の軍記物語『源平盛衰記』(げんぺいせいすいき/げんぺいじょうすいき)には、次のような文章があります。

凡供養の日、奇特の事共多くありける内に、王城に童子あり、生産より成人に至るまで終に物云事なし。

源平盛衰記(国民文庫)全巻

この場合の「生産」とは、まさに「子供を産むこと。生まれること。出産」のことです。

杉田水脈さんの使用した「生産性」は、「せいさんせい」ではなくて、「しょうさんせい」と読むのが正しいのではないかと思います。

三省堂 大辞林にも次のように書かれています。

しょうさん【生産】

( 名 ) スル

① 子供を産むこと。また、生まれること。出産。
「 -より成人に至るまで終に物云ふ事なし/盛衰記 24」

② 生活のために働くこと。

せいさん【生産】

( 名 ) スル

① 生活に必要な品物を作り出すこと。 「電気部品を-する」 「大量-」

② 財貨を生み出す各種経済活動の総称。 → 国民総生産

③ 生活。家業。なりわい。 「其-の難きは農民に異ならず/文明論之概略 諭吉」

 生まれること。生まれ。 「此国に-せし民人は/日本風景論 重昂」 〔漢籍では多く「出産する」意で使われる。福沢諭吉門下の松田晋斎が英語 production の訳語として、「史記」の「生産(生活のための仕事)」に求めた可能性が高い〕

少なくとも鎌倉時代から、子供を生むことは「生産」と書かれているのですから、そこに「性」を付けて

“彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。”

としても、日本語として成立するのではないでしょうか。この文章は単純に言い換えでしかないわけです。

辞書を引けば、これが差別表現でも何でもないことがわかります。不謹慎でもなんでもない古来からの日本語表現であると言えます。

個人的には、「生産」は「出産」の意味が先で、後から「モノ」を作る意味になっていったのではないかと推測しています。発想が逆です。

杉田水脈さんが、自覚していたかどうかは不明ですが、古来からの日本の伝統に造詣が深いと思われる杉田水脈さんの語彙では、「出産」という意味で「生産」を選択したのでしょう。

つまり使用したのは経済活動としての「生産(せいさん)」ではなく、こちらの日本古来の「生産(しょうさん)」=「出産」の用法の方なのでしょう。

この辺の語彙のチョイスは、個人の感性ですから、極端な話、旧仮名遣いを使おうが、それは勝手です。

いったい何が問題なんでしょうか?

この部分の表現だけを切り取って、何も知らない人たちを扇動して、ナチズムだ、優生思想だのなんだのと、揚げ足を取る方が馬鹿げています。

そうした人たちこそ、日本語能力に問題があるのではないでしょうか。

杉田水脈さんを指して「生産性のない人間は不必要」と考える異常思想だ、とまで、いう人がいます。

異常思想なのは、「不必要」などと、記事のどこにも書いていない内容を付け加えて曲解できる偏向能力の方ではないでしょうか。

 

「朝日新聞批判」の全体の構成は

「LGBT」支援の度が過ぎる、の「朝日新聞批判」の全体の構成は次のようなものです。

  1. 「LGBT」の報道は過去1年間で朝日新聞が一番多い。
  2. キリスト教社会やイスラム教社会と違って、日本は寛容な社会でLGBT差別など存在しなかった。
  3. 欧米と日本では社会構造が違うのに、欧米に見習えと、なぜマスメディアは言うのか。
  4. 日本でのLGBTの生きづらさは、社会的な差別ではなく、親が理解しないこと。
  5. LGBTの生きづらさは、社会制度の問題ではなく、自分の力で乗り越える教育が必要。
  6. 少子化対策のような大義名目があれば税金の投入に賛同が得られるが、LGBTにはそれがない。
  7. にもかかわらず、マスコミが持ち上げるから、政治家が勘違いする。
  8. LGBTのTは障害なので、一緒にするのはおかしい。
  9. Tは、医療保険などを考慮すべき。
  10. LGBは、性的指向の話。
  11. 多様性を受け入れて、様々な性的指向も認めよということになると、歯止めが効かなくなるのではないか。
  12. 「LGBT」を持ち上げる朝日新聞の報道は、こうした傾向を助長させる。

朝日新聞は、この6の部分だけを切り取って、火をつけているのです。

朝日新聞の手法が批判されている記事を切り取って、朝日新聞の手法で炎上させるという、わけのわからない展開になっているのではないか、というのが、今回の騒動への個人的な感想です。

sponsored link

コメント

  • 辞書を引っぱり出さなきゃ分からないような言葉の使い方をするのは間違っています。政治家なら誰にでも分かるよう「平易で、かつ誤解されない言葉を選ぶべきです。

    by こかね €2018年7月27日 1:51 AM

    • 「平易で、かつ誤解されない言葉を選ぶべきです。」は当ブログのテーマそのものです。異論はありません。
      しかし、だからといって、意図的に意味を取り違えて「ナチズムがー」と言い出す批判者のほうが、悪質であると考えます。

      by ikaryakuchan €2018年7月27日 2:13 AM

  • 辞書引かなくても生産は子供産むことだってこともわからないような人間にはどんな言葉も理解できないでしょ。

    じゃ「生産性がない」を「子供を産まない」に替えればこんなに批判は噴出しなかったのか?答えはNoだよ。今度は産みたくても産めない女性がいるんだぞという批判を展開するだけ。

    結局批判ができる言葉を見つけるとそれに集り騒ぎ立てるだけ。人権を盾にする言論弾圧のゴキブリ。ハイエナ。

    by yoshi €2018年7月27日 4:08 AM

  • それこそ切り取りですね。杉田水脈は、新潮の記事を書く前にブログでも書いてるし、他にも多くの男女差別的、民族差別的な発言や「コミンテルンの陰謀」云々の荒唐無稽な発言を繰り返しています。たまたま今回新潮の記事だけでそういうことを言った、というものではないのです。そこを無視して議論することこそ、彼女の本来の主義主張を隠蔽しようとする「切り取り」です。いつまでも朝日朝日と言ってりゃいいってもんじゃないですよ。

    by 常識人 €2018年7月27日 7:10 AM

    • つまり、常日頃から彼女をよく思っていなかった人たちが、攻撃する理由を探していて、今回の件を利用した、ということですね。

      by ikaryakuchan €2018年7月27日 8:06 AM

  • (1) 杉田水脈は以前から「せいさんせい」について語っています。
    YouTubeに掲載されている「【日いづる国より】杉田水脈、LGBT支援論者の狙いは何?」の08:40頃~をご覧ください。

    (2) 杉田水脈は「不妊治療という例の中で」ではなく「『生きづらさ』解消のために『行政が動く』例の中で」生産性云々という表現を使用しています。

     杉田は当該段落で
     ・「生きづらさ」は本来は「自分の力で乗り越える」べき
     ・でも「行政が解決してあげる」のも「悪いとは言いません」
     ・その場合、「不妊治療」への税金投入は「少子化対策」として大義が成り立つだろう
     ・「LGBTのカップル」への税金投入は「生産」に役立たないから理解を得られないだろう
    ──と論理展開しています。

    決して「同性間では子どもは作られない」とか「同性カップルに不妊治療は不要」と指摘しているのではなく、「生産」に役立つ政策こそが税金投入にふさわしいという前提の上で、「LGBTのカップル」への税金投入は不適格だと主張しているのです。

    by アレク進太郎 €2018年7月27日 9:02 AM

  • 私も今回の炎上は違和感がありました。ある漫画家などは「国会議員が笑いながら発言してる」などと言及していて「え? 寄稿なのに笑いながら発言???」と「???」となりました。LGBTの差別対策に予算を割くのは不適切かなど、いくつか問題点はありますが、攻撃されてるような「LGBTの人権否定」は読み取れません。気に入らないから、他で問題発言をしてるからと他者を悪魔化しての炎上は、逆の立場であってもありうるということを理解しないで「魔女狩り」を嬉々として行ってる風潮には寒気がします。

    by karukan €2018年7月27日 9:23 AM

  • いつも分かりやすい記事をありがとうございます。勉強になります。
    ・朝日新聞を批判する特集の一部であったこと。
    ・「生産」には本来、そのような意味があったこと。

    を知ると益々、杉田さんの文書には問題がないことが分かります。
    杉田さんが「生産」という古来の意味を知っていて使ったかは疑問ですが、辞書をあたって「問題ない」と判断したのかもしれませんね。

    この一件では、杉田さんを快く思っていなかった人は左だけにいるのではないということが良くわかりました。

    「杉田さんに上からモノを言うところを見せてやりたい」と思っている保守系の人たちが事態をより複雑にしているように思えます。
    そのような人たちがこの後どうやってこれを収めていくのか、注目して見て行きたいと思います。

    by Moja €2018年7月27日 9:45 AM

  • 「「LGBT」の報道は過去1年間で朝日新聞が一番多い。」

    全くに嘘です。杉田論文の中には「毎日新聞」とありまづす。「切り取り」以上に酷い擁護ですね。

    by YT €2018年7月27日 12:04 PM

  • ‪まず、杉田先生ご自身が2015年の時点で‬
    非常に似た文脈のなかで
    「せいさんせいがない」と発言されています。
    https://youtu.be/Ci5-FYrrx7U?t=1m6s

    しかし、より重要なのは読み方が
    「せいさん」か「しょうさん」かではなく
    やはりその意味するところでしょう。

    新潮45
    >彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がない

    「生産性」とは「子供を作ること」と読み取れますね。
    そしてそれが出来ないカップルが受ける公的支援には
    大義名分がないと論じていますね。
    これは憲法違反ではないでしょうか。

    日本国憲法では日本に住まうあらゆる人の人権が保証されています。
    税金は、必要とあらば誰にでも投入されるべきものです。
    例えば「生産性」の有無やジェンダーで、
    人権が制限されてはならないのです。
    もしそんな不当な制限があれば それは憲法違反です。

    さらに新潮45内では
    >「多様性の時代だから、女性(男性)が女性(男性)を好きになっても当然」と報道することがいいことなのかどうか。普通に恋愛して結婚できる人まで、「これ(同性愛)でいいんだ」と、不幸な人を増やすことにつながりかねません。

    このように同性愛は不幸だとも論じています。
    これら発言からやはり差別意識があるといえるでしょう。

    by 夢 €2018年7月27日 12:44 PM

  • 日頃のからよく思われないのはよく思われない原因を杉田さんが作ってるからでしょ。子どもを作らないヤツに税金を投入するなって言ってる時点で問題あると思うし、朝日新聞ガーとかどーでもいいわ

    by 笑四季 €2018年7月27日 5:06 PM

  • 生産の意味の解説は杉田さんのフォローはおろか足を引っ張りますね。やはり全文の論旨を語らないと朝日新聞と同じレベルの低い為にする主張になるのではありませんか。杉田さんの論旨に賛成する者です。

    by muqa €2018年7月27日 8:19 PM

  • なるほど。すると杉田水脈は、「朝日叩き」をしたいがために、〝生産性がない〟などとLGBTを攻撃し人間の多様性・個人の尊厳を軽視ないし否定する持論を披露したわけですね。

    by 畠山 €2018年7月28日 9:37 AM

  • 長文失礼します。
    生産性の意味するところが出産かどうかどうでもいい部分ではないでしょうか。
    問題とされているのは、彼女の主張からは「税金の投入は少子化対策にのみ注ぎ込むべきだ」と受け取られても仕方がない表現をしたことがまず第一の問題なんだと思います。
    もちろんそんな極論を彼女が展開したかったわけではないのは分かりますが、文面だけを見れば確かにそう受け取れてしまうわけです。
    完全に言葉足らずで非常に誤解を招きやすい形のままその主張を公にしてしまったことで、案の定たくさんの方が本人の意図とは違う解釈をし、またそれによって傷ついた方や怒りを覚えた方が少なからずいたわけです。
    言葉足らずな主張を公にしてしまった過ちに加えて、その後の世間の反応への対応のマズさがより大きな問題なのではないでしょうか。
    政治家である以上は速やかに自身の言葉への説明責任を果たさなければならず、そこで彼女自身が主張の真意をより正確に説明することもできたはず。
    しかし彼女は説明責任を放棄し、真意を明らかにする姿勢も見せませんでした。
    事務所から本人が今後の会見やコメントする予定はないと発表したことがまさに責任放棄であると思います。
    主張の言葉の使い方云々ではなく、その後の説明責任を果たそうとする姿勢を見せないことが最大の問題であり、事を大きくしてしまっているんだと思います。
    政治家としての責務・説明責任を果たせないのであれば、辞職という話が出てくるのもやむを得ないのではないでしょうか。
    いずれにせよ、この問題に関心を寄せている全ての人のためにも彼女が改めて説明する必要があると思います。

    by 侍 €2018年7月28日 11:55 AM

  • バカばっかり
    杉田が言ってるのは、LGBTを人気取りの道具にしている、政治家の存在。そしてそれを助長している朝日に対してLGBTって言ってりゃいいってもんじゃない!と批判しているだけ。ここで、杉田を批判している人は結局、LGBTの人々を利用してるだけ。

    by ごんべい €2018年7月28日 1:23 PM

  • エッ、その朝日新聞批判だけじゃなくてテレビの番組で話したことも問題になっているのでは?
    その番組内では杉田議員「生産(せいさん)」とはっきり言っていました。他にはLGBTの小学生の自殺率が高くても支援の優先順位は低い等々。
    もっと色々なことを調べて、渦中にあるのが何なのか見極めてから記事書いてくださいね……

    by ロ €2018年7月29日 8:17 AM

  • 残念ですが、生産性(せいさんせい)という言葉はありますが、生産性(しょうさんせい)という言葉はありません。
    例えで言いますと、お年寄りを敬う事を敬老と言いますが、お年寄りの事を敬老者と呼ぶ事はありませんし、敬老者という言葉もありません。
    造語として使用されるのであれば、最低でもルビは必要不可欠です。
    従って、執筆した者の責任もありますが、執筆者と読者の事を考え、より良いものを共同で作る為に居る編集者が執筆者の品を欠く表現を指摘出来なかった事と、誤った日本語を見落とした校閲者の責任の方が重大です。

    by 和歌山 €2018年7月29日 5:49 PM

  • なんかすごい炎上してるよね、この記事。
    気になってちょっと調べてるけど、そんなにおかしなこと言ってないと思うんだけど

    国家は税金で運営している
    →次世代の税金を納める子供に投資する
    →子供を産みやすい環境、教育しやすい環境を作るために税金を投入する
    →よって、LGBTにつかう税金は優先度が低い

    ついでに言うと、結婚する気がない独身や子供を作る気がない夫婦も同じですね。

    あと、気になってるのが批判する人が狂気じみてるように見える。
    いったい何と戦っているのか。

    by NT €2018年7月29日 11:29 PM

  • 動画でのがっつり『せいさんせい』がないといってるので、しょうさんではないかと思います。

    by あさ €2018年7月30日 11:30 PM

  •  どうも、LGBT擁護の意見は感情論にしか見えない・・・。
     数ある性癖のうち、同性愛に限定して擁護する政治的理由って何もないと思う。政治的ってのはつまり、国のため、国民のためになると言う理由のこと。公共の福祉と言い換えても良いかも知れない。
     障碍者や高齢者への支援のように、公共の福祉に適う理由がLGBTには見受けられない。そこら辺の理由がきっちりしていれば議論になりますし、理由如何によっては認められるでしょう。LGBTへの支援を認めないのは差別だ、憲法違反だとか言っている人もいますが、支援を受けられるかどうかは理由如何によるので、LGBTだからと言うだけで政治的理由がないのに支援するのはそれこそ差別でしかない。差別には迫害も優遇もありますからね。
     生産性ってのは、共同体の構成員の再生産であるとか、或いは労働力の再生産と言い換えても良いかもしれませんが、結局は子供を増やせるかどうかなわけですので、読み方がどうこう言うのは大した問題ではありません。文脈上、子供を産んで増やすことだと理解できないのであれば、それは理解できない人の日本語の能力が著しく低いと言うだけの話です。それは杉田議員の落ち度ではありません。
     子供を産んでいない(産めない)夫婦だって生産性がないんだから税的に優遇するなと言うのなら、それは現行の婚姻制度をどうするか、と言う話なので、それを使ってLGBTの擁護はできませんね。子供のいない家庭への批判にはなりますけど。
     LGBT擁護派は、もう少し論理的に支援すべき理由を述べるべきです。感情論に頼らずね。

    by ズミ €2018年8月1日 8:01 PM

  • 『生産性』という言葉の前にわざわざ『子供を生まない』とかいてあるのに「平易で、かつ誤解をされない言葉を選ぶべき」などと批判される意味がわかりませんね。
    これを「『せいさんせい』といったら意味が違う」と批判するならわかりますが。
    当人の主張は文章をきちんと読めば理解できるレベルのものだと思います。
    でも私が見る限り、その主張とは関係ない批判ばかりな気がします。

    by きら €2018年8月4日 11:06 AM

  • しょうさん・・・・さすがにこれは苦しい擁護だなと思います。
    以下略ちゃんやCatNAさんのこと好きなんで、ツィートはよく読ませていただいてますけど、水脈さんを擁護してる時のツィートは、不逞外国人記者やサヨク記者をぶった斬るときのような、いつもの切れ味が全く無いなと思えます。(汗)

    水脈さんって、そんなに頑張って守らなきゃいけない人材ですかね?
    詩織氏の事件の時もノコノコとBBCのインタービュー受けて見え透いた罠に嵌まる等
    とことん脇の甘い人だなと思えます。

    正直、安倍政権の足をひっぱるだけの存在、与党のウィークポイントでしかないではないでしょうか。

    by すーも君 €2018年8月4日 3:09 PM

  • 辞書で調べる迄もなく、私は杉田寄稿中の生産はその意味で使われていると素直に読めました。そう読めない人は、よほど国語力が無いか、原文は読まずに酷評だけを読んで洗脳されているとしか思えない。言葉が不適切と言っていること自体、本質を理解していないか無視している証拠。

    by まっする €2018年8月5日 12:34 AM

  • 杉田議員の説明責任を非難する人がいますが、杉田議員は直後にtwitterやFACEBOOKで誤解を解く説明をしていました。それに対して殺害予告があった為、警察の捜査があり、警察の指導で該当のSNS投稿を削除し、発信を自粛しています(捜査上の理由と思われます)。杉田議員を潰したい勢力の意図を感じる。一刻も早い犯人逮捕を切望する。

    by まっする €2018年8月5日 12:48 AM

  • 生産性は「せいさんせい」であって、「しょうさんせい」と言う言葉は無い、とのコメントをしている人へ。明治時代、英語のproduct(生産物)から派生した単語productiveに相当する日本語が無かったので、性の文字を語尾に付け「生産性」と言う単語を作った。同様に語尾に性が付く単語は明治以降出来た単語です。それによって、日本語は柔軟になった。拡張性を辞書で引いても載っていないが、拡張し易さだと言うことは容易に分かる。

    by まっする €2018年8月5日 1:34 AM

  • こんな事してるからネットを信用できなくなる人が増えて行くんだよぉ

    by ポポ €2018年8月8日 12:15 PM

  • だいぶたちましたが分かりやすい例を一つ!
    9/22のニュースで岡田八千代教授が非難している記事が出てます。この教授は文科省の科研費でやり玉に挙がった件に関与しています。
    文科省と野党の不正なつながりもニュースにしない。文科省とメディアからの天下り教授!この関係で構造が見えませんか?
    杉田議員はタブーに突っ込んだから排斥しようとする力が働いているわけです。内容は関係ありません。

    by 韓国にいる日本人 €2018年9月22日 11:29 PM

  • ありがとうございます!
    拝読させて頂いて、心がスッキリ致しました。
    また勉強させて頂きます。今、なかなか原文が読めない
    状況で、何が真実で何が偏向なのか、自分で確認
    しにくい状況です。先達て杉田先生にお会いしました。
    元気でした。やはり肝が座っていらっしゃいます。

    by 昭和のパンチ野郎 €2018年9月26日 2:42 PM

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索

こちらからご購入いただけますと紹介料(ギフト券)にて参考資料などが購入できます。ご支援のほどよろしくお願いします。(楽天も同じ)


楽天