石川優実さんのKuToo本で被害を訴える「はるかちゃん」にDM取材してみました

「はるかちゃん」というTwitterユーザーが『KuToo本』の著作者である石川優実さんに、抗議のリプを付けています。

これに対しての石川さんからの返答はないようです。

いったい何が起こっているのでしょうか。

「はるかちゃん」はうちのフォロワーさんでしたので、今回はツイートを無許可で使用されたと訴える「はるかちゃん」にDMで取材してみました。

広告

DMで取材

石川優実さんの著書『#KuToo(クートゥー): 靴から考える本気のフェミニズム』の騒動を取材していく中で、一番に感じた個人的な疑問は次の2点です。

  1. マナーとして事前に許可をもらっていれば今回のようなトラブルは起こらなかったと思うが、どうして他人のツイートを営利目的で使用するのに編集者はツイート主の許可を取らなかったのだろうか?
  2. ツイートを使わせてもらった人たちに、どうして謝辞と本を送らなかったのだろうか?

この疑問を、はるかちゃんにも聞いてみました。

 

以下の内容は、1月24日から約1週間かけてDMでやりとりしたものから、若干、言葉の言い回しなどを修正したものです。

事前に許可を求められていたら許可はしていた

以下略ちゃん「はるかちゃんは、石川さんの本で、具体的に何が不満、あるいは問題と感じますか?」

はるかちゃん「まず第一として無許可掲載。それが良い内容でも悪い内容でも、金銭が絡むもの、商品として扱うものであれば許可を求めるべき。次に前後の文章を無視した切り取りによる歪曲した掲載。そして右ページの言いたい放題のコメント。あの程度のと言っては悪いかもだけど。ただの愚痴や悪口ですよね、あれ。それをクソリプの研究だとか考察だとか、文章読む人を馬鹿にしてるのかなって思うんですよね。そして最後にタイトル。売名のためにフェミニズムを使うなと思う」

以下略ちゃん「なるほど。ここのコメントを記事に使ってもいいですか?」

はるかちゃん「どうぞー。誤字直して貰えると助かります」

以下略ちゃん「事前に許可を求められていたら、許可しましたか?」

はるかちゃん「許可はしましたね」

以下略ちゃん「それは予想外。許可したと」

はるかちゃん「だって、私の意見として私が書いたことは間違ってないと思ってますからね(´・ω・`) あれは切り抜かれたから不満なのであって」

以下略ちゃん「かなりの分量がありますが、(他のユーザーとの)やり取りの(スレッド)全文を掲載しろ、という話ですね」

はるかちゃん「関連する文章の全てを意味の通じるようにしっかりと書いてもらえれば、あとは読む人が判断してくれますから。それでクソだと言われれば仕方ない。つかあのやりとり長すぎて途中前後してますしね(´・ω・`) 条件としては全文掲載と見本誌の提供、この二点ですね」

以下略ちゃん「私も、掲載された本人に、出版後に本も送らず、掲載された人が自分のツイートをどう使われたのかを確認するためにはお金を払って本を購入しなくてはならないことは、おかしな話だなとは思います」

はるかちゃん「今回のKuToo本も、本来なら掲載者50数名?」

以下略ちゃん「57」

はるかちゃん「全員が自分のツイートを確認しようと思ったら、57冊買わないといけないわけで。1000円超のが57冊。しかも漫画や小説ではなく、思想系の本でと考えたら割と多いと思うんですよね」

以下略ちゃん「1300円税抜です」

はるかちゃん「1430円( ˘ω˘ ) スヤァ…」

以下略ちゃん「売るためにたくさんの人のツイートを無断掲載したという穿った見方もできてしまいますね」

はるかちゃん「昔本屋でバイトしてたんですけど。まぁ土地柄にもよるけど、売れる本って、だいたい漫画や小説、週刊誌系の本とか。あとは宗教家の本が時折買われていくんですよね」

以下略ちゃん「そういえばKuToo本にはグラビアもありませんからね」

はるかちゃん「自己啓発本はたまに売れるけど、思想系はまず出ない。多分あの本はまず関係者でもないとそうそう売れない。それを57冊はでかい」

以下略ちゃん「そうですね。メインはTwitterの引用ですからね」

はるかちゃん「Twitter見ればええやんで終わりますからね」

以下略ちゃん「そうですね。Twitterを紙に載せる意味が不明です。ブログで十分」

はるかちゃん「値段が安ければまだ分かる。でも1430円払って愚痴読まされるって、ないな」

以下略ちゃん「石川さんの本では「はるちゃん」と書かれています。「はるかちゃん」は昔、はるちゃんだったんですか?」

はるかちゃん「ですよー 診断メーカーで名前打ち直すのがめんどくさいので、はるか に(・▽・)」

以下略ちゃん「はるかちゃんは、なぜkutooを小文字で書いたんですか?」

はるかちゃん「特に意味は無いですぞ。文字打つのが苦手でその時その時予測変換で打ちやすい位置のを使ってますね。今なんて平仮名の方が文字数少なくて楽だから、くつーって書いてますし」

以下略ちゃん「しかも、はるかちゃんのツイートはkutooハッシュタグの前後にスペースをあけていないのでタグになっていないですね。これではただの文字です」

はるかちゃん「なってないですな。なぜならあの頃の私はハッシュタグが下手くそだからっ(`・ω・´)キリッ ハッシュタグがないのにハッシュタグがあるかのように扱われてる(`・ω・´)キリッ ハッシュタグがないから石川何某ルール的にも、これはリプじゃない」

(※石川さんの本には「クソリプ」の定義が2つ出てきます。 「クソみたいなリプライ(ツイッターの返信機能を使って、見当はずれな内容や中傷的な言葉を投稿すること)」(p.7) 。「彼女へのリプライや引用リツイート機能による誹謗中傷、#KuToo のハッシュタグをわざわざつけたバッシングツイート」(p.58)。はるかちゃんのツイートはどちらのクソリプ定義にも該当しません。)

以下略ちゃん「しかも、#kutooと書いているのに、本では #KuToo と大文字に変更されていますね」

はるかちゃん「私ハッシュタグ使ってないよっ。(使えてない) なお返信は未だに来てない模様。完全スルー( ˘ω˘ ) スヤァ…」

以下略ちゃん「さらに石川さんの本で疑問なのは、内容の批判ではなくて相手の人格攻撃を目的として引用しているように見えるものがあることです。アベの政策はおかしい◯ アベは人としておかしい✗」

はるかちゃん「へんてこりんな人とか書かれた。バグってるとも」

以下略ちゃん「たしかに長い会話のスレッドからこれだけを抜き出して引用すれば、靴の話なのに海パンとか、何言ってんだろ。頭のおかしな人に見えますよね。

(#kutoo 部分はハッシュタグ化できていない)

でも、これゴリラの人とえんえんと議論している一部ですよね。そこへ、無関係の石川さんが割り込んでクソリプみたいな引用リツイート付けているだけの話。ひどい話だ」

はるかちゃん「だから本来は延々と流れてる文章全体を引用すべきであり、これは140文字のツイートを勝手に切り取って40文字くらいにしてるのと同じだと思ってる」

以下略ちゃん「そうですね」

はるかちゃん「これが許される場合こういう引用も許されるようになると思う。『私は女性差別に反対するフェミニストでラーメンが好きです』⇨『私は差別が好きです』みたいな」

以下略ちゃん「そうですね、ストローマンですね」

 

はるかちゃんのスレッド全文

はるかちゃんが全文とおっしゃっているのは、はるかちゃんが他のユーザー(ゴリラさん)とやりとりしている次のスレッドのことです。

このスレッドに石川優実さんは登場しません。つまり、はるかちゃんが石川優実さんにクソリプを付けたという事実はないのです。

 

議論の内容についての評価は避けますが、このスレッドの中で、はるかちゃんが「靴」の話なのに「海パン」を持ち出しているのは、TPO(時と所と場合により服装を選ぶ。例:山登りと海水浴)という話の文脈の中で「職場への水着出勤」の是非を語っているからであることがわかります。

 

この長いスレッドの最後のはるかちゃんのツイートに、突如乱入してきたのが石川優実さんです。

議論に参加していなかったのに、最後のはるかちゃんのツイートだけを引用して、それまでのゴリラさんとはるかちゃんの議論を一切無視して「そんな話はしてないですね」と的外れに見えるコメントを付けています。

 

そして、この石川優実さんの引用ツイートだけが、『KuToo本』にリプライの形にデザイン変更されて掲載されています。

はるかちゃん(はるちゃん)のオリジナルツイートでは#kutoo だった部分が、本では大文字の#KuToo に書き換えられています。

(#KuToo(クートゥー): 靴から考える本気のフェミニズム p.72)

右側のp.73には、

逆が全然逆じゃない系

なんで女性の靴問題の逆が水着になるんだよ 笑。

(中略)

こういう人たちって、リアルな会話はどうなってるんだろうか……。リアルでもこんなに会話が噛み合わないのかなぁ。でもさすがに対面でこんなへんてこりんな人に会ったことないしな……。Twitterになると急にバグるとか?

(#KuToo(クートゥー): 靴から考える本気のフェミニズム p.73)

と、はるかちゃんをバッサリと切り捨てるような批判が付け加えられています。

はるかちゃんの側から考えてみれば、チェリーピッキングあるいはストローマン的手法の人格攻撃のようにも読めます。

 

「あなたとはそんな話はしていませんよ?」

実は、当時、石川さんの引用リツイートに、はるかちゃんは「あなたとはそんな話はしていませんよ?」と、リプライを付けています。

しかし、このリプライは一切無視され、本に取り上げられることもなかったようです。勝手に他人のツイートを引用リツイートしておきながら、それに対する本人からの石川さんへの本当のリプライは無視するという理解し難い対応です。

 

広告

「長いやり取りの1ツイートだけを抜粋されても、誰も理解できない 悲しいのだ」

はるかちゃんは「別人との長いやり取りの1ツイートだけを抜粋されても、誰もはるかちゃんの主張を理解できない」と悲しんでいます。

 

フォロワーの少ない、はるかちゃんのこの悲鳴に似たツイートは5日たっても「1いいね」で、ほとんど拡散もされず、埋もれてしまっています。

 

※2020年3月9日 一部加筆

 

関連記事

ツイート投稿者に掲載許可をもらい献本もしていた「#アホ男子母死亡かるた」

 



広告