おすすめ家具食器棚モニターなどの地震転倒落下防止グッズ4つのレビュー(以下略ちゃんも使ってます)

東日本大震災のときに、テレビ、電子レンジ、コーヒーカップなどが落下または転倒して被害を受けました。

そこで、東日本大震災後にお金をかけずに、そうした危険な部分に地震対策を行いました。

実際にやってみて、有効だなと感じているおすすめの地震時の転倒落下防止対策、4つについて解説します。

広告

1.耐震ジェル

東日本大震災のとき、液晶テレビが台から落ちて、画面が傷付きました。テレビやモニターなどは地震で倒れると画面が損傷を受けます。

そこで、耐震ジェルでデスクに固定しました。

これは、ガムテープのような貼り跡が付きません。

2. ひっつき虫

重量の軽い玩具、フィギュア、ガラス瓶などは、コクヨの「ひっつき虫」で固定しています。

こちらも貼り跡が残りません。

地震とは関係ありませんが、ポスターなども壁に貼れます。

created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥1,330(2021/12/09 01:02:53時点 Amazon調べ-詳細)

3. ベビーガード、チャイルドロック

東日本大震災のときに、一番被害を受けたのは、食器棚です。

長い揺れで、食器棚の磁石の扉が開いて、中に入れていたお気に入りのコーヒーカップ、ティーカップがすべて外に飛び出して下に落ちてしまい、欠けてしまいました。

食器棚の扉が勝手に開いてしまうのを防止するには、「ベビーガード」「チャイルドロック」が便利です。

「ベビーガード」「チャイルドロック」 は、透明のものから、キャラクターものまで、いろいろな種類が販売されています。

見て回るだけでも楽しいです。

4. ふんばる君

家具も耐震ジェルで固定できるのですが、床がカーペットの場合は、「ふんばる君」がおすすめです。

これは、家具の前の部分の下に敷いて、家具の転倒を防止するというものです。



広告