以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ブログ。小学4年生()でもわかる!

NAVERまとめとツイッターの著作権「ネトウヨ工作」って何?

time 2018/05/10

NAVERまとめとツイッターの著作権「ネトウヨ工作」って何?

sponsored link

独自のまとめづくり手法について

著作権がうるさくなったNAVERまとめ

最近は、もうNAVERまとめは作っていません。1年以上前にやめてしまいました。

NAVERまとめの問題点として、最近、著作権の問題がクローズアップされています。

ほとんどのまとめが、権利者に無許可で、画像や記事、ツイッター、フェイスブックなどから引用されて作られていて、作者のオリジナルの部分がなく、もはや引用と呼べないまとめも多く見られます。

ツイッターについては、自由に使用できるという説がまかり通ってきましたが、現在では、ツイッターアカウント所有者からクレーム報告がNAVER運営に寄せられると、すぐに無条件で該当のまとめの引用ツイートが非表示にされてしまうようです。

 

ツイートの引用も、なんでこれがダメなの? と思うようなツイートでも権利者から削除要請が届いたりします。私のまとめでも現在では、非表示にされてしまっているツイートがいくつかあります。

 

非表示になっているものがあるのは、制作当時、特に許可も得ずにツイートを引用したまとめです。

 

考えてみれば、ツイートした本人にしてみれば、後から黒歴史になるようなツイートを勝手に第三者にまとめられてしまうのは、不本意でしょう。削除要請を出す気持ちもわかります。

 

さて、権利者とトラブルにならない、いいまとめ方法はないか?

数年前にまとめ制作していた時に、結構悩みました。

ひとつひとつ許可を取ってまとめればいい話ですが、それでは手間がかかりすぎて実用的ではありません。

そんなある日、良い方法を思いつきました。

 

グループDMを作る

当時は、何人かの政治家の人のまとめを多く作っていましたので、そうした政治家のツイッターアカウントのツイートにいつもリプライを付けている常連さんで、支離滅裂でないしっかりしたコメントのリプライを付けている人たちを選んで、どんどん声をかけていきました。

声をかけ、グループDMに参加してもらい、そうしたリプライをいつも付けている人たちだけの約20人くらいの情報交換のためのグループDMを作ったのです。

グループDMですと、コメントを1回流せば、全員の方に届きます。いちいちひとりひとりにDMを送る必要がありません。この便利さに気付き、メンバーの方々も喜んで使用してくれました。

 

グループDMをまとめ制作に

このグループDMをまとめ制作に活用したのです。

具体的な方法はこうです。

普段は、「◯◯議員がこんなツイートをしたよ」のような情報交換が中心です。そうした情報がグループDMに、いち早く集まります。その中から「この発言、問題じゃない?」というツイートが出現します。

そうした「あ、まとめにしたいな」というツイートが出てきた時に、グループDMでコメントして皆さんにお願いします。

「このツイートでNAVERまとめを作りたいので、まとめで使えるようなリプライを付けていただけませんか」

放っといても、リプライを付けているような常連の方々がメンバーですから、皆さん、すぐに喜んで協力してくださいます。

皆さん好き放題にリプライを付けていくわけですが、ふだんと違うのは、あらかじめまとめに使用することを認めているリプだということです。

半日もすれば、10個くらいのリプが集まります。そこで、それを次々に引用して、ひとつのまとめ記事を作っていきます。

まとめ記事ができましたら、最初にグループDMに流します。

するとメンバーの皆さんが、自分のツイートがどのように使用されているかを真っ先に確認できることになります。

ツイートを追加することもあります。

で、問題がなければ、NAVERまとめにタグを付けて完成です。

メンバーの皆さんも、良いまとめだと評価していただければ、それぞれのアカウントでツイートして拡散していただける、とこういう仕組みです。

この方法の長所は、ツイートの使用許可が一度に取れる点と、ご自分のツイートがまとめに使用されていることがすぐにわかることです。

NAVERまとめの欠点として、自分のツイートが勝手に使われていても、どこに使われているのかがすぐにはわからない点があげられます。

そうした欠点も解消することができます。

なんて素晴らしい方法なんでしょ、と自画自賛していました。特許を取りたいくらいです(もちろん、そんなものは取れませんが)。

せっかく思いついた手法なので、他の人に真似されるのも癪なので、「口外しないでくださいね」と言いながらも、何人かの方にうっかりこの独自の手法を教えてしまいました。

 

「ネトウヨ工作」?

世の中には変わった人というものが必ずいるもので、今頃になって、この私が編み出したこの手法を勝手に暴露する人が現れました。

しかも、「ネトウヨ工作だ」とか言うではありませんか。

びっくりです(笑)。

「ネトウヨ工作」って、何でしょうね。

すごい想像力ですね。脱帽です。

 

ヤラセだとも言っているようです。

いつもリプライを付けている人が、まとめに使うことを前提に、自由にコメントを書いて、それをまとめていくことがヤラセなんでしょうか?

まとめに使うという前提なので、誹謗中傷や差別的書き込みなどは行われません。どちらかというと考えられた内容の充実したコメントが多くはなりますが、それがヤラセなんでしょうか?

まとめに使う許可を最初に取るか、後から取るかの違いだけです。

 

ヤラセ?

こうしたまとめ手法について、以下略ちゃん的には、現在でもヤラセだとは、まったく考えていません。

雑誌などの記事やコメントもあらかじめ書く人に依頼して書いてもらいます。テレビだって、あらかじめ出演者を決めて発言を撮影、放送しています。

まとめだって、最初に企画を出して、コメントを依頼して作ってもおかしなことはないではありませんか。

使われているツイートはすべて本人の許可済みです。クレームが発生することはありません。

もしも万が一、後からツイート内容に不都合が出れば、グループDMメンバーなので、差し替えも簡単です。

とても健全な手法だったと思っています。

sponsored link

コメント

  • これがアウトだというなら、新聞や雑誌が掲載を前提にコメントを求める(場合によっては報酬も出して)のだってアウトでしょう。
    しかも、メディアがコメントを求める人々は、かなり人選が片寄っていますよね。

    by たろう €2018年5月11日 3:31 PM

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

最近の投稿

Amazonで商品検索