Twitterブロックリストのエクスポート、インポート、共有の仕方について

数年前にブロックやっちゃうよ君という「Block Together」というツールを使用したブロック共有が一部で流行しました。

このブロックリストは、ターゲットとしたアカウントのフォロワー全員をブロックリストに入れて、数万人をブロックするという仕事が雑で乱暴なもので、野村證券やドラクエなどもブロックしていて失笑ものでした。

広告

ブロックリストの共有の仕方

現在では、個別のユーザーのブロックリストを直接、共有できるようになっています。自分の別アカウントなどにも、そのままブロックリストの移植が可能です。

新しいTwitterページになっている場合は、古いページに戻したほうがやりやすいようです。

ブロックリストのエクスポート

PCサイトのTwitterで、「プロフィールと設定」⇨「設定とプライバシー」に進み。

「ブロックしたアカウント」⇨すべてまたはインポート済みを選択⇨詳細設定オプション(プライバシー設定)⇨リストをエクスポート

エクスポートしたいアカウントにチェック⇨エクスポート

でブロックリストがダウンロードできます。



ブロックリストのインポート

「ブロックしたアカウント」⇨詳細設定オプション(プライバシー設定)⇨リストをインポート

で共有または移植したいブロックリストをアップロードします。

ブロックしたくないアカウントがあればチェックを外す⇨ブロック でブロックリストの共有が完了。

以上が、Twitterでのブロックリストの共有または移植の方法です。

広告