有田芳生 参院議員「普通の感覚ならばどんなことがあっても相手を呼び捨てにはしませんよね」⇨「加藤、篠原」と呼び捨て

Twitterで、ときどき他人を呼び捨てにしている人がいます。

批判的な文章であっても、社会人として、呼び捨てにはしないで敬称を付けたいものですね。

立憲民主党の有田芳生 参院議員が2020年7月20日に、「普通の感覚ならばどんなことがあっても相手を呼び捨てにはしませんよね。」と、同じご指摘をされています。

 

 

おっしゃるとおり、どんなことがあっても相手を呼び捨てにするのはよくありません。

 

そんな有田芳生 議員が2020年8月9日に次のようにツイートされています。

加藤、篠原の何ちゃって右翼の無知はいきつくところまで行きますなあ。朝鮮現代史を勉強しましょう。

 

 

えっ?

 

加藤健さん、篠原常一郎さんを「加藤、篠原」と呼び捨てにされています。

 

どういうことでしょうか?

 

Twitterを乗っ取られてしまったのでしょうか?

 

心配です。

 

それとも、「普通の感覚ならばどんなことがあっても相手を呼び捨てにはしませんよね。」ですから、「普通の感覚ではない」ということでしょうか?

 

やはり、心配です。

広告