【時系列詐欺発生中】「国会議員の給料 5月分から月額26万円引き上げ」というトレンド⇨2014年の記事

2020年4月11日、「国会議員の給料 5月分から月額26万円、年間421万円引き上げ」という2014年のニュースが突如、ツイッターに流されトレンド入りするという事案が発生しました。

広告

コロナで国民の収入落ち込む中、国民無視のやりたい放題?

これは「東日本大震災時の国家公務員と国会議員の給料削減の2012年から2年間の時限立法が切れた」ことについての2014年のニュースです。

議員についての記事になっていますが、「公務員も」です。

6年前の記事ですが、「5月から」と書いてありますので、きちんと記事を読まない人たちには「来月から」と受け取られるようです。

 

このニュースがツイッターに流され、

「なにこれ…」

「よくこの時期に上げられるね💨国民にケンカ売ってるでしょ」

「さ、野党が本気で騒ぐ事態になってきたぞ。安倍政権は国民の敵と証明できる事態だ!さあ、野党の諸君、騒いでくれ!」

「コロナで国民の収入落ち込む中、ボーナス出るは給料上げるはで、国民無視のやりたい放題」

などの怒りのコメントが付けられ、政権批判に利用されています。

 

2014年の記事を流した人の目的は、「新型コロナウイルスで庶民は収入が減っているのに国会議員と公務員は給料値上げ」というミスリードによる政権のダメージだと考えられます。

 

 

6年前の2014年の記事

その一方で、2014年の記事であることを見破って、注意をうながしている人たちもいます。

 

 

ツイッターでは、一定数存在する元のソースを確認しない人たちを狙ったものか、こうした古い記事による印象操作、いわゆる時系列詐欺デマがしばしば流されます。

政権批判が目的と考えられ、バレても一定のイメージダウン効果はあると考えられるため意図的にやっている人たちがいる可能性があります。

 

以前の記事にも書きましたが、彼らは政権批判のためにはデマだとわかっているものでも正義と信じて拡散してきます。

 

広告