台東区長選挙で落選していたスズキイチロー フジテレビのバンドまつりで受賞したスズキイチローバンド

(画像は台東区HPより)

広告

東京・台東区浅草生まれのスズキイチローさん

東京の台東区長選挙について調べていたら、2015年3月1日に行われた区長選挙にスズキイチローさんが立候補していたことがわかりました。結果は1781票で落選でした。

スズキイチローさんは2011年4月24日の台東区議会議員選挙に、当時、期待が大きかった みんなの党から立候補、2181.758票の9位で当選しています。

2009年8月8日に設立した みんなの党は、内部分裂が原因で2014年11月28日に活動を終了してしまいます。

2015年3月1日の台東区長選挙に、スズキイチローさんは無所属で立候補しますが落選、その後、同年4月26日の台東区議会議員選挙に無所属で立候補しますが、650.904票の39位で落選しています。

プロフィール

昭和28年3月29日、東京都台東区に靴職人の長男として生まれる。
芝学園高等学校卒業、立教大学社会学部卒業後、医療機器販売会社入社。
その後、台東区内で独立し医療機器販売会社を設立・経営。
仕事の傍ら地域の文化活動・音楽活動にも携わる。
生まれてから一貫して台東区で生活している。
平成23年4月に行われた全国統一地方選挙にて台東区区議会議員となる。
平成27年2月、区議会議員を辞職し台東区区長選へ出馬。(https://suzuki-ichiro.com/profile.html

スズキイチローさんは、スズキイチローバンドでボーカルもしているようです。

 

スズキイチローバンドは、フジテレビにて開催された「家族対抗 ぼくらのバンドまつりthe冒険王2007」で、フジテレビ「音組」賞を受賞しています。

 

引退を表明した野球のスーパースター、スズキイチローと同姓同名です。とても日本人らしい名前だということですね。

当時、スズキイチローという名前で話題になったはずですが、ぜんぜん記憶がありません。



広告