蓮舫「8月6日の長崎、9日の広島」発言の演説を民主党HPでは記録改ざんか?

演説などで、出来事を引用する場合、ひとつひとつ細かく日付を入れて発言すると、それらの事柄について詳しいような印象を観客に与え、説得力が増します。

ですが、その大切な日付を間違えてしまうと、逆に「この人は何も知らないのではないか?」との印象を与え、馬鹿にされてしまうことになりかねません。

広告

8月6日「広島・原爆の日」

 

「6日の長崎! 9日の広島!」

広島の平和公園での慰霊式典の行われた8月6日、ツイッターでは、民主党の蓮舫 代表代行(当時)の動画が話題になりました。

これは民主党が2015年7月25日に公開した動画で、安全保障法制の国会前の抗議集会で、蓮舫 代表代行がデモ参加者に、あいさつをしているものです。

この中で、蓮舫 代表代行は、原爆が投下された日付に言及し、「6日の長崎! 9日の広島!」と叫んでいるのです。(動画40秒過ぎ)

8月6日という日付を忘れるということはありえるでしょうが、原爆が投下されたのは「広島が最初、長崎が後」という順なことは、日本の小中学校に通っていれば、よほどの落ちこぼれでない限り、間違えないのではないかと思うのです。

蓮舫 代表代行は原稿の丸覚えで、日付が連続していたので間違えてしまったのかもしれませんが、少なくとも日本の歴史にはあまり興味がないことがわかります。

 

以下略ちゃんのツイートに付けられたリプライ

 

民主党HPでは書き換え(記録改ざん?)

この蓮舫 代表代行の「6日の長崎! 9日の広島!」は、民主党が公式HPで記事にしています。


民主党

 蓮舫代表代行は26日午後、市民団体が呼びかけた「とめよう!戦争法、集まろう!国会へ!7・26国会包……

民主党のHPでは、蓮舫 代表代行が「6日の長崎! 9日の広島!」と発言したことは一切無視して、「8月6日の広島、9日の長崎」と書いてしまっています。

蓮舫代表代行は、「」などと力強く訴えた、と書いているわけですから、正しい原稿ではなくて発言したとおりに書かないとおかしいと思います。

これでは蓮舫 代表代行の演説の事実の記録ではなく、改ざんではないでしょうか。

 

良心的な記載例としては、まず「6日の長崎! 9日の広島!」と、蓮舫 代表代行の演説のとおりに記載して、その後に、

「6日の長崎! 9日の広島!」は「8月6日の広島、9日の長崎」の誤りでした、お詫びして訂正いたします、

と書くべきだと思います。

 

広告

お仲間アンケート

試しに、蓮舫 代表代行と同じような人がどのくらいいるのか、アンケートを実施してみました。

蓮舫 代表代行のお仲間も、いるにはいるみたいですね。



広告