以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生(なりすまし)でもわかる!

未発売商品がAmazonレビュー高評価でステマ疑惑の記事に違和感⇨ステマでないと考える理由

time 2019/05/26

未発売商品がAmazonレビュー高評価でステマ疑惑の記事に違和感⇨ステマでないと考える理由
この記事の所要時間: 55

ヤフーニュースが5月24日に、未発売商品がAmazonレビュー高評価 競合企業「闇の深さに涙が止まりません」、という記事を配信しています。

まだ発売前のスマートフォンの保護ガラスフィルムの「商品レビューに★がたくさん付いている」という指摘の記事です。

この記事では、報酬を得て商品を賞賛する内容を書き込む「ステルスマーケティング」を疑う内容になっています。

根拠もなく、そんなことを記事にしていいのでしょうか?

以下略ちゃんが確認したところ、レビューの大部分は「ステルスマーケティング」とはいえないのではないかと思える理由を見つけました。

「ステマ」でない可能性について、説明します。

sponsored link

Xperia 1 は、6月中旬に発売予定

SONY Xperia 1 は、6月中旬に発売予定のスマートフォンです。

Amazonでスマートフォン関連の商品などを販売する「ミヤビックス」(京都市下京区)の公式ツイッターは2019年5月23日、「AmazonでXperia 1のフィルム検索してたらあるガラスフィルムがすごい星の数なんですけど、まだ売ってないXperia 1に貼った感想がいっぱい書かれてて、闇の深さに涙が止まりません」と投稿しています。

このツイートによれば、まだ発売されていないスマホの、他社製保護ガラスフィルムはすでに、レビューがたくさん付いているということらしいです。

Amazonで「Xperia 1 フィルム」と検索をすると

https://amzn.to/2HA9gYC

★が付いているレビューがたくさんあります。

なるほど、このツイートやヤフーニュースだけを読むと、お金をもらってレビューを書いている「ステマ」が連想されます。

 

ですが、以下略ちゃんの判断は違います。

これらのレビューが「ステマ」ではない2つの可能性について、説明します。



① 中国では5月12日〜18日の間にリリース

この記事を書いている5月26日現在、6月中旬発売のXperia 1 は日本では発売されていないことになっていますが、こちらの韓国語のブログによると、

Sony Xperia1 가격 및 출시일 유출

ソニーエクスペリアX1の価格は中国の標準6799元で 出てきています。約114万ウォン前後です。

(参考までに、米国の価格は999ドル)

発売予定は量産が本格的に開始される月に入り、5月12日〜18日の間にリリースとなります。

PSちなみに、昨日流出の情報をささげX1sモデルはx1フラッグシップの一つの派生作であり、噂のエクスペリアコンパクトモデルとは、追加の小さなモデルです。(グーグル翻訳)

と書かれていて、この記事によれば、5月18日には中国で発売されているようです。世の中には、すでにXperia 1 を所有している人が存在する可能性があります。



② 賢い業者の販売ページの工夫

こちらの『Gootime Xperia 1 フィルム』という商品には、現在55件のカスタマーレビューが付いています。

発売前なのに、どうして55件もレビューが? と疑問に思う方もいるでしょうが、これにはからくりがあります。

Amazonのひとつの商品の販売ページでは、「カラー」が選択できるようになっています。

5つの「カラー」選択をクリックすると、3番目が『Xperia 1』です。

ところが、1番目は『AQUOS R3』になっています。これは2019年夏モデルですが、もうすでに発売されているようです。

4番目は、2018年の夏のモデル『Xperia XZ2 Compact』になっています。

この業者は、スマホ向け類似グッズを一つの販売ページにまとめていて、「カラー」選択肢が、カラーではなくて、「対象スマホ」の選択肢にもなっているんですね。

新商品も、同じ商品のバリエーションとして並べています。同じガラスフィルムですからね。同じガラスフィルムのサイズ違いという扱いなのでしょう。

このように販売を続けているとレビューが1か所のページに積み上がって、どんどん増えていきます。

たくさんのレビューが付いていても、それは別の「対象スマホ」のもので、必ずしも新商品のレビューではないのです。

新商品もこの販売ページに追加すれば、最初からたくさんレビューや★が付いていますから、発売直後から信頼できる商品に見えるわけです。

「闇の深さに涙が止まりません」と書かれていますが、闇というよりも、Amazon販売ページの仕組みを利用した、賢い業者の工夫といえるかもしれません。

(※この記事は、今回のケースの大部分がステマではないという主旨で、ステマがひとつもないという意味ではありません。ステマの手法についても知っていますが、それはまた別記事でご紹介します。)

sponsored link

コメント

  • どー考えてもステマでしょ。まず、あんたアマゾンで中国商品売った時あんの?

    by アマゾンはステマの宝庫 €2019年5月27日 1:00 AM

    • ありますよ。

      by ikaryakuchan €2019年5月27日 2:17 AM

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


以下略ちゃんが使用中のサーバー。

安定していておすすめ。

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazon商品検索【ご支援】

この検索窓で商品を検索してご購入されると以下略ちゃんに紹介料が支払われます。ご紹介料は参考書籍代として使わせていただきます。

最近の投稿

楽天

ふるさと納税なら、ここ。

以下略ちゃんも利用してます