以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生(なりすまし)でもわかる!

昭和36年の日本人の写真を「軍艦島」の朝鮮人戦時徴用工とねつ造(産経新聞)

time 2019/04/04

昭和36年の日本人の写真を「軍艦島」の朝鮮人戦時徴用工とねつ造(産経新聞)
この記事の所要時間: 253

(韓国メディアや韓国の書籍が、軍艦島での強制労働に動員された朝鮮半島出身者とねつ造している写真)

sponsored link

過酷な労働者の写真は戦後の日本人

戦時中に強制連行された「徴用工」の写真だとして韓国で多く使われている画像は、戦後の昭和36年に福岡県の筑豊炭田で撮影された「懸命に働く日本人」であることを、4月3日の産経新聞が報じています。

日本写真家協会名誉会員の斎藤康一氏(84)が撮影した。斎藤氏によると、昭和36年夏、筑豊炭田(福岡県)を取材で訪れ、炭坑内で採掘している男性を撮ったという。写真は週刊誌「新週刊」(36年10月19日号)=廃刊=などに掲載された。

戦後16年が経過していたため戦時徴用はあり得ず、斎藤氏は男性について「日本人だった」と証言した。(産経ニュース 2019年4月3日)

この写真については以前から日本人の写真であることが伝えられていました。



歴史をねつ造する人たち

1944年9月、日本政府は国民徴用令による戦時徴用を朝鮮半島でも開始し、1945年3月までの7か月間実施されました。1961年(昭和36年)では、戦時徴用とはまったく無関係の写真です。

「日本は歴史をねつ造していると主張する人たちがいます。しかし事実を確かめず間違った写真を根拠に都合のよい主張を繰り返すことこそ歴史のねつ造です。」

この昭和36年に斎藤康一さんが撮影した日本人労働者の写真を、「軍艦島」での朝鮮人戦時徴用の証拠とねつ造して使用している韓国のサイトは複数見つかります。

私たちは、日帝時代に先祖のような痛みを増やし胸に埋めて生きなければならない。なぜ?その方の尊い犠牲があったから、日本人の蛮行に、私たちは憤慨する。

地獄島「軍艦島」1945年には、そこに朝鮮人がいた

「あなたが写真が真実の証拠であると思うならば、軍艦島のこの写真はどうですか?」(翻訳)

その写真は、もちろん韓国側のねつ造ですね。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


以下略ちゃんが使用中のサーバー。

安定していておすすめ。

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazon商品検索【ご支援】

この検索窓で商品を検索してご購入されると以下略ちゃんに紹介料が支払われます。ご紹介料は参考書籍代として使わせていただきます。

最近の投稿

楽天【ご支援】

こちらで商品を検索してご購入されると以下略ちゃんに紹介料が支払われます。ご紹介料は参考書籍代として使わせていただきます。

【ご支援】こちらからご利用いただけますと以下略ちゃんに紹介料が支払われます。ご紹介料は参考書籍代として使わせていただきます。