以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生(なりすまし)でもわかる!

KAZUYAさんの「論点整理」に対する「論点整理」

time 2019/05/14

KAZUYAさんの「論点整理」に対する「論点整理」
この記事の所要時間: 853

アクセス解析を見ていたらch.nicovideo.jpから流入があります。

どういうこと? と思ったら、KAZUYAさんが記事にリンクを貼ってくださったらしい。ありがとうございます。

KAZUYAのブロマガ論点整理

せっかくですので、KAZUYAさんのこの記事にお答えしておきましょう。

sponsored link

論点整理 

問題は最初から切り貼り動画

KAZUYAさんがご自身の主張について論点整理されたようですので、個人的なことですが、以下略ちゃんの主張についても論点整理してみます。

私の指摘しているのは、当初よりソースに「切り貼り動画」を持ち出すことへの疑問です。「切り取り」「切り貼り」いろいろな言い方がありますが、単純な切り取りではないので「切り貼り」とします。

この疑問に対する回答は、現在まで得られていません。

アンチの作った「切り貼り動画」への誘導

2019年4月7日投稿の「やはり多くの方が同じように考えていたんですね…」という動画の詳細説明欄でアンチの作った切り貼り編集動画への誘導が行われました。

リンク1は、アンチが作った切り貼り動画「青にゃん劇場」のチャンネル

リンク2は、「青にゃん劇場」の中の個別の切り貼り動画です。

リンク1は現在、著作権侵害の申し立てにより次のようになっています。

リンク2は現在、次のようになっています。

※その後、青にゃん劇場は、新しいチャンネルを作って復活、著作権侵害で通報された同じ動画群を投稿しています。

私は、KAZUYAさんが、「青にゃん劇場」というアンチの作った切り貼り編集動画のリンクを動画の詳細欄に貼って、視聴者を誘導していることに疑問を感じています。

KAZUYAさんは、リンク集で一番クリックが多い1番目のリンクに「青にゃん劇場」のチャンネルを貼って、視聴者を誘導しています。これは「印象操作」ではないか、第三者をそこへ誘導して誤解させようとしている行為ではないか、と思うのです。

オリジナルの動画であれば、見る人によって、いろいろな解釈が可能であったものを、これら切り貼り編集動画では、動画の前後を切り落としたり、不必要な繰り返しをしたり、誘導字幕を付けたりした恣意的な編集で、視聴者がひとつの解釈だけしかできないようにされています。



「金粉」の解説の記事の意味

そこで、いろいろな解釈が可能という立場から、金粉についての「探偵ナイトスクープ」から発見したマイカ説についての記事を書きました。

この記事は青山繁晴さん擁護の立場になっていますが、記事の意味は、KAZUYAさんがアンチの作った「切り貼り動画」を使って、本来いろいろな解釈があったものをひとつの解釈にだけ誘導していることに対してのアンチテーゼです。

「切り貼り動画」引用ツイートに対する記事

そして、5月9日、「青山さんの国政調査権発言への疑義」ツイートで再びアンチの作った「切り貼り動画」を引用して、そこへの誘導が行われました。

それに対する指摘が、KAZUYAのブロマガ論点整理で引用していただいたこの私の記事です。

切り取り編集動画はなぜダメなのか KAZUYAさんが青山繁晴議員批判に引用した切り取り編集動画の場合

ブロマガでもアンチ動画へ誘導

さらに、またもや、KAZUYAさんは今回のブロマガ記事で「青にゃん劇場」へ誘導しています。

その理由は、次のようなものらしいです。

例えば切り貼りで本筋を捻じ曲げるような改変をしているとしたら問題です。
しかし今回のケース(に限らず青山氏の切り貼り動画全般に言えますが…)では本人が間違いなく発言していることであり、論旨もそのままなのです。(出典:KAZUYAのブロマガ論点整理)

と書かれていますが、私の目で見るとアンチの動画は巧妙に論旨を変えています。それは前回の記事で詳しく解説したとおりです。「論旨もそのまま」だと思っているのなら、それは見抜く目がないだけだと思います。

アンチの作った「切り貼り動画」は、もともとあったいろいろな解釈を削ぎ落として、ひとつの解釈だけに誘導する目的で編集されています。誘導された解釈は存在するのですから、「切り貼り動画」を大量に見て、すでに影響されてしまった頭で、オリジナルを見に行けば、「論旨もそのまま」に見えることでしょう。見えなくなってしまっているのは、消されてしまったその他のいろいろな「解釈」です。「思考停止」といってもいいでしょう。この「思考停止の人びと」を増やす「切り貼り動画」への誘導が大問題なのです。

繰り返される「青にゃん劇場」への誘導は、困ったことだと思っています。なぜか、KAZUYAさんはこの私のテーマをずっと無視されています。



KAZUYAさんの疑問に対しての回答

その上であえて、KAZUYAさんの今回の疑問についても回答しておきましょう。

四谷代言 ‏ @yotuben さんのツイートで十分説明が尽くされていると思いますので、四谷代言さんの許可を得て、ここに引用します。

KAZUYAさんの疑問は?

  1. 国政調査権に基づく調査であれば、何故4月1日の段階でその旨を言えなかったのか?
  2. 国政調査権に基づく調査で得られた、ある種特権的な情報を、どの宮家にいるかは有料講演会でないと明かせないとして集客するのは、職権濫用ではないか?
  3. 参議院のホームページを見ると国政調査は日本国憲法62条に由来し「委員会が、国政調査の主な担い手となっています」との記述あり。青山先生はどういった経緯、委員会で国政調査権を行使したのか?現状の説明だと国政調査権を使ったという事自体に疑義が生じている。(出典:KAZUYAのブロマガ論点整理)

 



四谷代言さんの解説で、言い尽くされていますが、あえて付け加えるのなら、KAZUYAさんが現在行っていることは野党の「モリカケ」追及と同じです。

疑問という形になってはいますが、「青山先生の国政調査権を使ったという事自体に疑義が生じている。」というKAZUYAさんの発言によって、すでに「青山繁晴さんは怪しい。何か悪いことをやっている」と信じる人びとを一定数発生させていると思うからです。

created by Rinker
¥1,100 (2019/11/17 13:28:49時点 Amazon調べ-詳細)

sponsored link

コメント

  • KAZUYA氏が言っている事は「制作中の映画を無料で公開しろ」と言っているに等しい。
    国会議員も映画業界やゲーム業界と同じで、会社の機材を使って複数人が擦りあわせて仕事を進めている。そこからできた商品を、個人の裁量で公開を決めることなど一般企業でもありえない。
    マスターアップ(出荷準備ができた)された商品を宣伝目的で試写会を開く事があっても開発中の商品を公開する事は守秘義務上、絶対に許されない。
    これは国会議員であっても変わらない。国会議員も我々サラリーマンと同じ組織人。そして同じ人間だという事を忘れてはならない。

    by 八兵衛 €2019年5月15日 12:42 AM

  • 以下略ちゃん氏の解説で良く分かりました。
    ありがとうございます。
    kAZUYA氏のことは嫌いじゃないが、今回の騒動はとても残念。
    普段、冷静で公平な考え方をする人でも、一度偏見に捉われてしまうと、誰も幸せにならない行動をとってしまう可能性がある。
    そういったことを今回の騒動で教えてもらいました。

    by ハ九寺 €2019年5月17日 5:17 AM

  • 前回のものを読ませていただきましたが、私の意見を言わせていただきます。
    まず、賛同する点ですが、あの切り貼り動画は、不適切であると私も思います。見ていて、何か凄い違和感を感じました。これをもとに議論するのは不適切な行動であり、Kazuyaさんに非があると感じます。
    いろんな解釈もされうるという意見にも納得がいきます。
    しかし、私は、生放送で見た時から青山議員の発言は、気になっていて、たまたま同じ意見として、Kazuyaさんが指摘したことと合致しました。だから、あなたの言う色々な解釈があるのに切り貼り動画が誘導しているという意見がいまいちピンとこないです。色々な解釈という発言をするのなら、あなたは違う解釈をしたと読み取ったのですが、それはどのような解釈ですか?それを述べていただいて、「私は〜という方に捉えたが、Kazuyaの解釈と違う!Kazuyaの解釈を切り貼り動画を使って誘導している!」というのであれば、議論は成立すると思います。しかし、あなたは「いろいろな解釈」という言葉を使ってKazuyaさんの意見を全否定してます。これだと議論が成立してないのは分かりますか?
    たしかに、持っていきたい意見に印象操作をすることは良くないと思います。Kazuyaさんの意見で、あなたもあげてましたが、『例えば切り貼りで本筋を捻じ曲げるような改変をしているとしたら問題です。
    しかし今回のケース(に限らず青山氏の切り貼り動画全般に言えますが…)では本人が間違いなく発言していることであり、論旨もそのままなのです。』(出典:KAZUYAのブロマガ論点整理)
    この点においては、論旨もそのままとは言い切れないとも思います。
    ただ、私が引っかかったことは、まず、4月の虎ノ門ニュースでの発言で、自分で秘密裏に調べたこと話すんだーと私は捉えました。それを宣伝してるんだなーという感覚で見てました。しかし、5月の放送で、秘密裏ではなく、国政調査権を使って、調べた、そして、それを自分の有料公演で話した。
    このことに違和感を感じました。
    この解釈が間違っているというなら、その解釈をまたブログで書いていただけると幸いです。
    ただ5月の虎ノ門ニュースで言及してますが、国政調査権の内容を政府機関から、どこの機関がこう調べたって言うことは一切出さないということを条件で、得られた回答を番組で話したので、私は、有料公演でもその話をしたと捉えてました。
    そこで、一番腑に落ちなかったのは、Kazuyaさんの3つの疑問を引用ツイートで、もういい尽くしてるという形で議論を終わらせていることです。
    あなたに反論するわけではないですが、Kazuyaさんの疑問に答えているとは言い難いなと感じました。
    順を追って指摘していきたいと思います。
    まず.3つ目の疑問に、PDFを持ち出して、個々の国会議員による資料要求もまた重要であり、政府には可能な限りの協力が求められると言えます。と最後だけを引用して、議員の国政調査権の使用は可能であるとの見解を述べられてます。しかし、議員が国政調査権を使用してもいいと述べているのは、国会審議または、委員会による要求につながるからだとなってます。Kazuyaさんが疑問を呈しているのは、委員会が国政調査の主な担い手になっているのに、どのような経緯で、青山議員が国政調査権を行使したのか。その目的があいまいであることを指摘してます。国政調査権の目的は国会審議、または委員会の議論材料にすることであるが、それ以外の用途、今回は有料公演への宣伝として使用した。ここに私も疑問を感じてます。Kazuyaさんの3つ目の疑問には私も誘導的なものも感じますが、肝心などういった経緯、委員会で国政調査権を使ったのかが不明瞭という点に答えてないので、論破はできてないように感じました。(これは本人のみしか知らないので答えられないのは当たり前ですが…)
    そして次に2点目の疑問点にお答えになってますが、勝手に職権濫用をモラルの問題と解釈して話を進めていることに違和感を感じました。それこそ、あなたがいっている解釈を一つにしている作業にすぎないです。職権濫用とは、「自分の地位や職務に認められた権限を、正しく執行せず、自らの利害に用いること。」と辞書に書かれている通りで、「自分の地位や職務に認められた権限」=国政調査権
    「正しく執行せず、自らの利害に用いること」=有料公演のネタ材料、宣伝という意味に私は解釈しました。
    しかし、モラルということを引き金に、有料公演での国政報告会なんでいくらでもあるとか、内容は集客効果がないとかで、モラル違反ではないと結論づけていましたが、一つ目の内容は、実態がつかめないので、よくわからないですが、二つ目の集客効果がないというのは、勝手な決めつけだと思います。悠仁親王殿下と同年輩の旧皇族が少なくとも5人いて、今どこの宮家にいるのかということを知りたいと思う人もいます。(少なくとも私は知りたいと思いました。)
    つまりこのツイートには、モラル違反かどうかに議論がすり替わっており、私が述べた職権濫用という定義からくる、違和感に言及されていません。モラルは人が判断して、決めますが、職権濫用は事実(今回は国政調査権を使って自分の有料公演の集客を呼びかけた)をもとに、その事実が職権を濫用しているかを判断するので、は一緒にはできないはずです。
    最後の1つ目の疑問点の答えとしてあったのは「言えなかった」は決めつけとのべてました。しかし、本当にそうでしょうか?
    「議員が国政調査権使ったことに疑義」なんて感じますか?その論法だと、前述のツイートであった、議員が国政調査権を使うことは大事じゃないんですか?そこに矛盾点を感じます。
    本人は言えないとはっきり述べてます。
    ツイートを見ると、勝手にKazuyaが、なぜ言えたのに「言えなかった」と捉えているように感じました(そうでなかったらすみません)。しかし、4月の虎ノ門ニュースで『手段は言えませんが、絶対間違いないのない方法で調べ尽くしました。』と青山議員は発言してます。ここに「言わなかった」と主張していたので、何が違和感を感じました。
    長文ですみませんが、違和感を感じたのを書かせていただきました。 これらの疑問点が晴れるような答えを期待してます。

    by 秀英 €2019年5月26日 2:02 AM

    • 私の論点は、アンチの「切り貼り動画」は証拠能力を有しない。また、これに誘導影響されてしまっている論理も相手にできない。というものです。最初の入り口が違っているので、その後に派生したものは全部、相手にできません、ということが大前提になります。現時点で、「切り貼り動画」誘導については撤回されていませんので、それをそのままで、これはどうなの、あれはどうなのという議論には参加できません。

      by ikaryakuchan €2019年5月26日 3:38 AM

  • 秀英さんの疑問の中にpdfについてのものがありますが、それについては、議員個人に国政調査の権限を認めるものではないとしながらも、議員個人の要求が委員会の要求扱いとなり、その取りまとめである委員長から官公署に要求されると、そのpdfに書いてありますよ。

    そして青山議員は、国政調査権を行使した理由を、「皇位継承の安定の問題」に関して「旧皇族がお戻りいただける」ことを「解決の選択肢の一つとして研究する」ために、現在「皇位継承者となっていただける男子がどれほどいらっしゃるのか」を議論するため基礎として、「かなり前から話をいただいていた決算委員会の質問の機会」のためだと、5月22日の参議院決算委員会の質疑で話されています。

    したがって、KAZUYA氏が指摘したという国政調査権の行使の理由があいまいだというのは、既に説明されていることになります。
    むしろ逆に、なぜKAZUYA氏や秀英さんが青山議員個人が単独で調査権を行使したかのような表現になっているのか疑問ですね。
    議員個人で調査権の行使が出来ないのは明らかなはずなのですから。

    次に、調査権で調べたことを講演会で話したことが職権乱用なのかについてですが、4月1日に虎ノ門ニュースで伝えた時点では、「自分で調べた」としか言ってないのですよ。
    だから水間氏が早合点したのだし、水間氏以前にも保阪正康氏や所功氏が書いていることがわかってます。
    つまり、元々皇位継承者が何人いるかは世間に公表されていて、青山議員も調査権のことは全く話していない。
    これで国政調査権で調べたことを集客に利用したなどとは言えないでしょう。
    みんな青山議員が5月6日の虎ノ門ニュースで言うまで国政調査権を使用したことを知らなかったのですからね。
    (因みに、その時の講演会は4月16日に申し込み締め切りとなっていますし、話もプライバシーに配慮して限定的なものだということです)

    これらから言えることは、KAZUYA氏のロジックは既に破綻しているということです。

    by nanashi €2019年6月1日 8:40 PM

  • 上記のコメントに抜けている部分がありました。

    >「かなり前から話をいただいていた決算委員会の質問の機会」のためだと、5月22日の参議院決算委員会の質疑で話されています。

    >したがって、KAZUYA氏が指摘したという国政調査権の行使の理由があいまいだというのは

    の間に
    「よって、青山議員の国政調査は、上記pdfに書いてある慣例に則って行われたものと考えるのが自然でしょう。」
    という文章が入ります。

    訂正します。m(_ _)m

    by nanashi €2019年6月2日 5:47 PM

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


以下略ちゃんが使用中のサーバー。

安定していておすすめ。

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazon商品検索【ご支援】

この検索窓で商品を検索してご購入されると以下略ちゃんに紹介料が支払われます。ご紹介料は参考書籍代として使わせていただきます。

最近の投稿

楽天

ふるさと納税なら、ここ。

以下略ちゃんも利用してます