【無免許運転】木下ふみこ都議に当て逃げ疑惑、免停はなんと4回目だった 被害者証言

7月23日に都議会で辞職勧告決議が可決され、法的拘束力がないので、そのまま居座り、結局うやむやで「なかったことになる展開」と個人的に予想している都民ファーストの会(当選当時)の木下ふみこ都議に新たな疑惑です。

7月2日の無免許運転による人身事故の被害者の証言が出てきました。

右折車線にいたのに直進して逃げた

TBS、JNNニュースが報じています。

  • 右折信号の表示が出ても木下都議の車が右折しなかったので、被害者の車(後続車)がクラクションを鳴らした。
  • 木下都議の車が、とつぜん猛スピードでバックしてきて、被害者の車(後続車)と衝突した。
  • 右折車線にいた木下都議の車は、信号が青に変わると、勢いよく直進して逃げていった。
  • 慌てて被害者の車(後続車)も直進してクラクションを鳴らしながら追いかけた。
  • 木下都議の車は約200メートルほど先で停止した。
  • 木下都議は、スマホを見ながら運転(ながら運転)していて今回の免停になったと取材に答えていた。
  • 木下都議は免停期間中で、無免許の状態だった。
  • 木下都議の免許停止は、今回で4回目だった。

免停4回だったとは驚きですが、原付スクーターも無免許で運転してましたよね?

無免許運転、常習の疑いがあります。

きちんと記者会見を開いて、都民への説明責任を果たしてください。



広告