「伊是名夏子氏、嫌がらせのために来宮駅に行ったことが電車の時刻表からバレてしまう」のトリックについて考える

「【悲報】伊是名夏子氏、嫌がらせのために来宮駅に行ったことが電車の時刻表からバレてしまう」

というまとめサイト記事が出て、いわゆる「JR来宮駅(きのみやえき)、乗車拒否と主張する騒動」がトラベルミステリーじみた展開になっています。

今回は、このトリックを解明してみたいと思います。

広告

来宮駅16時56分着まで直通はない

結論からいうと「来宮駅まで直通で行った」というのはフェイクです。

 

フェイクが生まれてしまった原因はこの記事です。

ライターの みわよしこさんが、伊是名夏子さんと会って取材されて書かれたという記事を投稿されています。

 

「小田原駅から来宮駅まで、在来線で乗り換えなく行くことができる」

この記事の2ページ目では、「伊是名さんに出来事の詳細を聞かせていただいた」=「伊是名さんが説明した」という書き出しで、次のように伊是名さんが来宮駅を選んだ理由について説明が書かれています。

実際のところは、どうだったのだろうか。筆者自身も電動車椅子を利用しているため、非常に気になる。そこで、伊是名さんに出来事の詳細を聞かせていただいた。

JR上野東京ラインを利用すれば、小田原駅から来宮駅まで、在来線で乗り換えなく行くことができる。所要時間は31分だ。伊是名さんたちは、予定していた電車の発車30分前に、小田原駅の窓口で来宮駅まで乗車したい旨を伝えた。その時点では断られておらず、「発車15分前に案内するので、そのときにまた来てほしい」と言われたという。(JRの車椅子乗車拒否と生活保護叩きの意外な共通点 p.2)

「小田原駅から来宮駅まで、在来線で乗り換えなく行くことができる」

直通で「乗り換えなし」の利便性が、熱海駅からのタクシーやノンステップバスを選択しなかった理由であるとしています。

 

次の3ページ目でも「熱海駅から、駅長を含む4人の駅員が乗車し」と、伊是名さんが乗車している列車に熱海駅から駅員4人が乗り込んだと、読める文章が書かれています。

結局、伊是名さんたちは予定より1時間遅れて小田原駅から乗車した。熱海駅から、駅長を含む4人の駅員が乗車し、来宮駅で伊是名さんたちを無事に降車させ、車椅子を地上へと運んだ。伊是名さん自身は、ヘルパーに抱きかかえられて移動した。(JRの車椅子乗車拒否と生活保護叩きの意外な共通点 p.3)

 

ここで、疑問になってくるのが、当日の時刻表です。

NAVITIME

によれば、2021年4月1日の、小田原⇨来宮駅の伊東線直通の列車は、次の5本しかありません。

  • 16:29小田原発 16:56来宮着 (27分)
  • 17:40小田原発 18:06来宮着 (26分)
  • 18:58小田原発 19:33来宮着 (35分)
  • 20:21小田原発 21:02来宮着 (41分)
  • 22:36小田原発 23:08来宮着 (32分)

 

みわよしこさんの記事にあるとおり、たしかに「小田原駅から来宮駅まで、在来線で乗り換えなく行くことができる」のですが、行けるのは来宮駅16時56分着からです。

乗り換えなしで行ったとすれば、来宮駅16時56分着ということになります。

 

ところが、来宮神社が閉まるのは17時です。

来宮神社には間に合いません。

乗換なしでは、行けないということになります。

 

つまり、当日の目的地が「来宮神社」であるならば、伊東線直通での来宮駅という選択肢はほとんど存在せず、熱海駅での乗り換えが必要となります。

熱海駅で乗り換えが発生するのなら、利便性という面からも、熱海駅からのタクシーや、本数の多い来宮神社までのノンステップバスも、十分、乗り換えの選択肢として同列に検討の対象です。

 

小田原駅の駅員さんが、観光客に「熱海駅タクシー乗り換え」を提案したとしても、自然な流れだったわけです。

 

 

熱海駅で伊東線に乗り換え

実は、伊是名夏子さんのブログには「熱海駅で伊東線に乗り換え」と書かれているのです。(SSL化されていないブログなのでリンクしません)

みわよしこさんの記事と齟齬があります。

熱海駅で伊東線に乗り換え、やっとの来宮駅到着。

(JRで車いすは乗車拒否されました 伊是名夏子ブログ)

 

直通なら仕方ない?

伊是名さんは、直通で行ったとはブログに書いていないのです。

それなのに、みわよしこさんが、「小田原駅から来宮駅まで、在来線で乗り換えなく行くことができる」ということを「来宮駅」行きにこだわった理由として設定して、記事を書かれているわけです。

どういうことでしょうか?

 

このミスリード記事を読んで「そうか、直通なら仕方ない」と、納得してしまう人もいるかもしれませんが、鉄道に詳しい人の目から見るとさらに怪しく見えてしまうことでしょう。

 

余計な記事で無理やり擁護されているので、疑惑を増やしているように見えてしまいます。

 

広告

「来宮駅」行きにこだわった理由は?

私が推測するに、「来宮駅」行きにこだわった理由は、乗車券運賃ではないかと思います。

熱海駅、来宮駅間は1.2kmしか離れておらず、

小田原駅⇨熱海駅 大人420円

小田原駅⇨来宮駅 大人420円

と、どちらの料金も同じです。

熱海駅で、ノンステップバスなどに乗り換えると、その分の料金が増えてしまうわけです。



広告