日本外国特派員協会での草津町の黒岩町長の会見の重要部分を伝えない朝日新聞

新井祥子元町議が性的被害を訴え、町民からリコールをされ失職したとする、群馬県の草津町の黒岩信忠町長が12月14日、日本外国特派員協会で会見をしました。

この会見の様子を朝日新聞が記事にしているのですが、驚くべきことに黒岩町長が証言した、

「新井祥子元議員が嘘の性被害告発をした動機」と

「町長が無実であると主張する根拠の盗聴テープの存在の話」

を書いていません。

広告

黒岩町長の発言

では、12月14日、日本外国特派員協会での草津町の黒岩町長の会見の重要ポイントを文字起こししてみます。

新井祥子元町議の虚偽告発の動機

黒岩町長 草津温泉には、古来からの独特の入浴方法であります時間湯というものがあります。

48℃の超高温泉に入浴をして病気を治すとされるものでありますが、近代医学では非常に危険な入浴として、医学者二人から危ないからやめたほうがいいという報告がありました。

また日本の医師法や、以前は薬事法といったんですけど薬機法にも抵触する疑いがあります。

この入浴法を続けようとする新井祥子元議員が、時間湯関係者と共謀し、改革者である黒岩町長を失脚させようと謀り、黒岩町長が失脚すれば再び時間湯は復活できると画策したものです。

草津町議会議員、草津町民のほとんどが改革を望んでおります。しかしながら新井祥子元議員らはあきらめず、草津町出身の群馬県知事、現職でありますけど。知事までこの事件を巻き込んだのですが。山本知事が、わたくし黒岩町長を説得して、時間湯を復活させてくれれば、新井祥子議員と黒岩町長のスキャンダル記事の出版を見送ると取引のメールを知事に2回送っております。

この内容を私の名誉を傷つけた『漆黒の闇5』で書いております。

この内容は事実無根の事件であり、この取引に応じるほど山本一太群馬県知事、黒岩町長は愚かではありません。

 

無実の証明…新井祥子元町議の盗聴音声ファイルの存在

黒岩町長 それではここで、ちょっと音声を流させていただきます。

(音声)

いま流した音声なんですが、これは新井祥子議員が、2015年1月8日、町長室で犯されたというその日の。まさにその日その時の音声です。

これは私の所に選挙のお願いに、当選したいということで、来ながらですね。私との会話を盗聴してたということです。

これは私が盗聴したのではなく新井議員が盗聴したものでありますけども。

これが決定的な嘘の証拠の二つ目です。
この中には、音声聞いていただいてわかったと思うんですけども。そのような、いかがわしい行為の音声というものはまるっきり出てまいりません。

私が新井氏に対して議会で、あなたはこれを意図的にインターネットに乗せて世界に発信してますけども、これはいつのことですか?というふうに訊ねました。
そしたら、時間と日にちは、わかりませんって逃げました。

そして、紛れもなくこれが2015年の1月8日の、その時の時間であると私が断言して言いましたら、町長なんでそんなことがわかるんですかと言いました。

皆さんのお手元にこのテープの文字起こししたものがあると思うんですけど、その内容と電子書籍で書かれた内容で、何々をぺっちゃんこにしてやるとか、民事は恐ろしいよというものの文言がぴたり一致します。つまりこれはゆるぎのない2015年1月8日の、その時間帯の話です。

あのお手元にある資料ですと、赤いマーカーを引いたものがあると思いますけども。

ちょっと強烈な内容ですけど読んでみます。

すると町長はへへへと嬉しそうに笑いました。そして私に顔を近づけてきて耳元でGや井田君とやったのというふうに聞いてきました。町長は肉体関係を持ったのといい。驚いて私が首を振って否定すると、そうと言って抱き寄せてきました。人がと言うと外の札が来客中になってるから大丈夫、でも声出さないで…

つまりこのものが盗聴テープに入ってていいわけですけど何もありません。

だから新井氏が自ら盗聴したことが、そういう行為がなかったということを自ら証明したということになります。

この続きがあるのなら議場で議会で、あなたはここで流しなさい、全世界に、そして私のいかがわしい行為をここで発表しなさい、と言いましたけども、一切無言で何もしませんでした。

 

解説 新井祥子元町議の虚偽告発の動機

問題の電子書籍『草津温泉 漆黒の闇1~5』は、草津温泉の伝統的な入浴方法の「時間湯」の湯長制度を廃止した黒岩町長を批判する本です。

その第5巻に新井祥子元町議と黒岩町長のスキャンダルの話が登場するのですが、第5巻の冒頭に次のような記述があります。

本巻刊行前に、山本一太群馬県知事にメールを送り、本巻の刊行を取り下げるのと引き換えに、黒岩町長に時間湯の復活についての提言をしていただけないものか、という内容を 送信した。本巻のプロデュースを担当している兵頭喜十郎氏も、二度にわたってメールを 送っていただいている。だが、原稿が書き上がった現在、山本知事からのメール返信はないままである。

(飯塚玲児. 草津温泉 漆黒の闇 5巻セット: 『温泉失格』の著者が覚悟の糾弾!★草津の闇第5弾!草津町長が町長室で不適切な 関係!?女性議員が真相を激白!これ以上、草津の女を虐げないで! ★草津温泉 漆黒の闇 (Kindle の位置No.4729-4734). Kindle 版)

この山本一太群馬県知事へのメールの話を、黒岩町長は新井祥子元町議の虚偽告発の動機としてあげています。

 

たとえ〝よそ者の内政干渉だ〟と言われようとも、 七年もの間、草津 時間湯の取材を続け、そのために草津にアパートを借りて三年半も毎月 草津に通った人間として、この問題 は人ごととは まったく思えない。温泉ファンの一人としても、草津が温泉という最大の魅力を失い、じわじわと凋落していく姿は見るに忍びない。草津温泉は、これからもずっと、「 歩み入る者にやすらぎを、去りゆく人に幸せを」与え続ける町であって欲しい。現代医学に匙を投げられた湯治客の悲痛な叫びに耳を傾けられない町長は、「 恋の病 以外 はなんでも治す」草津温泉の長たるべきではない。よって、辞任を求めたい。

(飯塚玲児. 草津温泉 漆黒の闇 5巻セット: 『温泉失格』の著者が覚悟の糾弾!★草津の闇第5弾!草津町長が町長室で不適切な 関係!?女性議員が真相を激白!これ以上、草津の女を虐げないで! ★草津温泉 漆黒の闇 (Kindle の位置No.6040-6047). Kindle 版)

電子書籍の著者は、

現代医学に匙を投げられた湯治客の悲痛な叫びに耳を傾けられない町長は、……草津温泉の長たるべきではない。よって、辞任を求めたい。」と、

黒岩町長の辞任を求めています。

これがこの電子書籍のテーマです。

 

広告

町長との会話を録音していた新井祥子元町議

さらに「草津温泉 漆黒の闇 5巻」には、次のような記述があります。

私は、草津温泉に来た時からお世話になり、信頼していたG議員に、黒岩町長の悪口を新聞に書く様にや、会話を録音するようにそそのかされ、その様に行っていました。

(飯塚玲児. 草津温泉 漆黒の闇 5巻セット: 『温泉失格』の著者が覚悟の糾弾!★草津の闇第5弾!草津町長が町長室で不適切な 関係!?女性議員が真相を激白!これ以上、草津の女を虐げないで! ★草津温泉 漆黒の闇 (Kindle の位置No.5376-5378). Kindle 版)

つまり、新井祥子元町議は、最初から黒岩町長との会話を録音して暴露する目的で接近した疑いがあるわけです。

 

2015年1月8日の録音音声ファイルがあるはず

新井祥子元町議が、町長室で犯されたとするのは2015年1月8日です。

その新井祥子元町議が、町長批判にFacebookに公開している音声ファイルがあります。

これがどうやら、問題の2015年1月8日の録音らしいのです。

 

新井祥子元町議は10月5日の「しょこたんブログ」にも、これを記載されています。

以下、ブログからの抜粋。

黒岩町長→「ぺっちゃんこにしたことがあんだよ。」

「勝てないよ、それは、勝てっこない」

「で、彼、ちょっとちょんぼしたじゃない。焼き肉屋で、なんか変なこと言って、焼き肉屋で愚図を言ったら、直訴があった、一回。」

「議会議員たるものが、散らかして、店主を謝らせた、とかなんとか。」

「黒岩卓ちゃんがさ」

「それで、おさまりがつかなくなっちゃった。で、相手に対して、俺が議長の時だったかな、『かんべんしてやってくれ』と、そしたらば『黒岩議員がいうならおさめましょう』と、おさめてやった」

「卓ちゃんはそれを非常に恩義に感じた」

 

以上の発言は、証拠のほんの一部です。

この発言から、品位を重んじるとされている、町長や草津町議会の品位のなさ、議員のモラルのなさがご理解いただけると思います。

↓証拠の音声はフェイスブックに投稿してあるのでお聞きください。

(黒岩町長問題発言・民事は怖いよ!新井祥子の奮闘日記 2020年10月05日(月)より)

https://ameblo.jp/chocora2535/entry-12629615871.html

それを証拠として公開するべきだ、と黒岩町長はおっしゃられています。

 

新井祥子元町議の主張が事実であるならば、その音声ファイルには、町長との次の前半のやりとりも残っているはずです。

電子書籍の後半の記述とピタリ一致します。

町長の提案に、 私は「 町長がそう言って下さり、とてもほっとしました」「本当に有難う ございます」と率直に感謝の気持ちを伝えました。すると、町長は「へっ へっへっ」と嬉しそうに笑いました。そして、私に顔を近づけてきて、耳元で「Gや、井田くんとは、やったの?」と聞いてきました。一瞬、言われたことの意味がわかりませんでした。町長は「( 肉体)関係をもったの?」と言い、驚いて、私が首を振って否定すると、「 そう」 と言って抱き寄せてきました。「人が……」と言うと「( 外の札が)来客中になっている から、大丈夫」「でも、声は出さないで」と言われました。

そして「祥子ちゃんも、最初はGラインにいたよね」

「俺の事、すごい悪党みたいに言われたろう」と言われたので、私は、小さな声で「 はい」と答えました。町長は「 いいんだよ、Kちゃんもそうだったから」「で、ペちゃんこ にしてやったことがある」「焼肉屋で愚図言ったら、直訴があった。ちらかして、店主を あやまらせたんだ。おさまりが付かなくなって、俺がおさめたんだ」「Kちゃんもそれに 恩義を感じているのか、それ以来『 時代が求める町長』と、俺のことを信望している」と 話しました。

(飯塚玲児. 草津温泉 漆黒の闇 5巻セット: 『温泉失格』の著者が覚悟の糾弾!★草津の闇第5弾!草津町長が町長室で不適切な 関係!?女性議員が真相を激白!これ以上、草津の女を虐げないで! ★草津温泉 漆黒の闇 (Kindle の位置No.5724-5743). Kindle 版)

Kちゃん⇨黒岩卓議長

 

新井祥子元町議が、盗聴(新井氏は隠し録音と主張)の音声ファイルを公開すれば、嘘をついているのが黒岩町長なのか新井元町議なのか、すぐにわかることです。

なぜ、音声ファイルを公開しないのでしょうか?



広告