難病は「癖」 立憲 石垣のりこ参院議員の自民党責任追及ツイートに批判殺到

立憲民主党の石垣のりこ 参院議員が、8月28日、安倍総理の突然の辞任に際して、「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」と評し、自民党の「選任責任」を追及するツイートをしました。

潰瘍性大腸炎という難病を「大事な時に体を壊す癖」としている難病への理解のないツイートに、多くの批判が集まっています。

広告

「難病は癖」?

総理といえども「働く人」。健康を理由とした辞職は当然の権利。回復をお祈り致します。
が、「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」を総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の「選任責任」は厳しく問われるべきです。その責任を問い政治空白を生じさせないためにも早期の国会開会を求めます

— 石垣のりこ (@norinotes) August 28, 2020

 

 

 

 

 

 

石垣のりこさんの主張は、「難病の人は排除しろ」と言っているようにも見えます。

難病だけではなく、持病をかかえ病気と折り合いをつけながら、社会で働いている方はたくさんいます。

そうした病気の人たちへの偏見を助長するヘイトスピーチだと思います。

広告