国会議員のおしゃれなマスクのかけ方に唖然

新型コロナウイルスは、自覚症状のない感染者も他人にうつしてしまうことで、どんどん感染が広がっていくことがわかってきました。

そんな中、マスクをアゴにかける国会議員の動画がタイムラインに流れてきて、「マスクをする理由」をきちんと理解していないことにびっくりしました。

広告

カッコわるいマスク?

その動画とは、4月1日の「森友問題再検証チームヒアリング」での柚木道義 衆院議員の一コマです。

マスク姿はカッコわるくておしゃれじゃないと考えていらっしゃるのか、せっかくのマスクなのにアゴにかけています。

 

 

これでは、国会議員が誤ったメッセージを多くの人に伝えてしまいます。

 

通常の会話でも伝染する

新型コロナウイルスは通常の呼吸や会話を通じて伝染する可能性があるという最新の見解があるようです。

 

 

マスクをするのは、他の人にうつさないようにするためです。

全員が自分は感染者だと自覚して行動するのが良いと思います。

多くの人が集まるような場所では、正しいマスクの装着をするように心がけましょう。

 

カッコわるい

漫画家の江口寿史さんが、安倍総理のマスク姿を「カッコわるい」と批判されているようです。

たしかに、マスク姿はカッコわるいです。

こうした感覚が影響するのかもしれません。

 

 

でも、カッコわるくても今は仕方がありません。

皆でマスクをつけて、新型コロナウイルスの危機を乗り越えようではありませんか。

広告