石垣のりこ議員が「レイシズムとファシズムに加担」とレッテル貼りした高橋洋一さん「根拠を示せ、名誉棄損」

立憲民主党の石垣のりこ参院議員といえば、嘉悦大学教授の高橋洋一さんの10月15日のツイートを太平洋夏時間で表示して10月14日のツイートのように改ざんした資料を公開したその人です。

その石垣のりこ議員が、11月28日に高橋洋一さんをツイッターで「レイシズムとファシズムに加担するような人物」と、根拠なくレッテル貼りをして批判し、炎上しています。

広告

石垣のりこ参院議員の高橋洋一さんレッテル批判発言

れいわ新選組の山本太郎代表は10月30日、野党統一会派に参加する馬淵澄夫元国土交通相と共催する「消費税減税研究会」の初会合を開きましたが、立憲民主党からの参加者は石垣のりこ参院議員ら3人にとどまりました。しめつけがあったようです。

 

初回講師は高橋洋一さん 石垣のりこ議員は欠席

11月28日、山本太郎代表主催の「消費税減税研究会」の初回講師は高橋洋一さんでした。

この消費税減税研究会に石垣のりこ議員は欠席をされたようです。

その欠席理由のツイートが炎上して「高橋洋一」がツイッターのトレンドになりました。



レイシズムとファシズムに加担するような人物を講師に呼ぶ研究会には参加できません

石垣のりこ議員の欠席理由は、講師の高橋洋一さんが「レイシズムとファシズムに加担するような人物」だからだそうです。

明らかに、権力者である国会議員が、名指しでレッテル貼りをして、高橋洋一さんを否定、排除しようとしていますので大騒動になりました。



何を根拠とされているのでしょうか

高橋洋一さんは、産経新聞の取材に「人権を守る人がこんなことを言ってはいけない」「院外の発言だ。名誉毀損だ」と答えられたようです。

 

石垣のりこ議員のレッテル貼りは、「国会議員は議院で行った演説・討論・表決について、院外で責任を問われないという特権(日本国憲法第51条)」の範囲外の発言であるとおっしゃられているようです。

一方、会合を終えた高橋氏は産経新聞の取材に「どの発言をもってレイシズム、ファシズムなのか分からない。根拠もなく、びっくりする。人権を守る人がこんなことを言ってはいけない」と反論。石垣氏とは面識がないと述べ、「ツイッターは(国会議員の免責特権が認められない)院外の発信だ。名誉毀損(きそん)だ」との見方も示した。(産経ニュース)

 

 

たしかに、石垣のりこ議員の一連のツイートには、高橋洋一さんがどのようにレイシズムとファシズムに加担しているかを明確に説明している文章がありません。

ただ、漠然と、「極右ファシスト」などの単語から、石垣のりこ議員は、安倍政権のことを言っているのではないかとは推測が可能です。

 

広告

ファシズムとは

権力で労働者階級を押さえ、外国に対しては侵略政策をとる独裁制。イタリアのファシスト党の活動から起こる。(Google検索)

 

レイシズムとは

人種主義(レイシズム)とは、ルース・ベネディクトによると「ある民族集団が先天的に劣っており、別の集団が先天的に優等であるように運命づけられている、と語るドグマ」のことである(Google検索)

 

という意味のようです。



レイシズムやファシズムは憲法を否定するもの

石垣のりこ議員は次のようにも説明されています。

 

しかし、問題は、「誰をそこに当てはめるか」では?

しかし、問題は、そこではなく、「誰をそこに当てはめるか」の基準と根拠です。

石垣のりこ議員の主張には、明確な判断基準が見当たりません。

明確な根拠や基準もなく権力者である国会議員が、個人をそのように決めつけて排除することは、石垣のりこ議員が中世の魔女狩りのような思想の持ち主であると逆に批判をあびるかもしれません。

 

12月12日発売の高橋洋一さんの新刊。こういう本のタイトルから、短絡的にレイシズムと決めつけているのでしょうか?

広告