U-18高校代表、韓国入国時は「JAPAN」ロゴ入りのシャツを着用せず⇨日本らしい配慮は相手にも失礼 政治を持ち込んでいるのは高野連

8月30日から開幕する、野球のU18ワールドカップ(W杯)は韓国・釜山広域市機張(キジャン)郡にある機張現代車ドリームボールパークで行われます。

広告

韓国入国は無地のシャツを着用

28日に日本代表チームが韓国に入国する際に、日の丸や「JAPAN」ロゴ入りのシャツを着用せず、無地のシャツを着用すると高野連が明らかにしたそうです。

 日本高校野球連盟の竹中雅彦事務局長は27日、韓国で30日から行われる野球のU18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)に出場する高校日本代表について、28日の韓国入国の際には日の丸や「JAPAN」のロゴが入ったそろいのシャツを着用せず、無地のシャツにすることを明らかにした。

日韓関係が政治的な冷え込み状態にある中、竹中事務局長は「感情に配慮した」と説明。その上で「(問題は)スポーツとは別もので、混同してはいけない。真摯(しんし)にプレーすることが一番大事」と述べた。(時事通信)

 

この高野連の配慮に対して、ツイッターでは「愚かな配慮」「してはいけない忖度」などの声があがっています。



日韓関係が悪化していると報道されていますが、それはネットやマスコミの報道や、反日デモなどで、そういう活動的な人たちだけの話だと思います。

危険があるとすれば、釜山にある日本総領事館の周辺や、反日デモが行われている場所などだけ。

街の中では、いままでとほとんど変わらないのではないでしょうか。

若くて体格のいい男子選手が、こんな小さな「JAPAN」や「日の丸」のロゴの入ったシャツを着ているだけで、空港や街なかで襲われるなどということは考えられません。

このような配慮は、逆に相手国に失礼ではないでしょうか。

 

高野連がスポーツに政治を持ち込んでいる

過剰な配慮で、スポーツに政治を持ち込んでいるのは、高野連の方だという指摘はもっともです。

今、韓国を訪れた日本人女性が、ソウルで韓国人男性にスマホを持っている腕をたたかれ、髪をつかまれ、引き倒される事件が大炎上して注目されています。韓国を訪れる日本人の安全が話題になっているわけですから、かえって安全だと思います。

選手には、堂々と日の丸や「JAPAN」のロゴが入ったシャツで出かけていってもらいたいと思います。



 

高校生にこういうネガティブな意識を植え付けようとする高野連には、ぞっとします。

頑張れ、日本代表!

created by Rinker
Southern D・S Create
¥176(2020/09/30 14:02:26時点 Amazon調べ-詳細)



広告