【速報】立憲・有田芳生 副幹事長が「秋葉原のトラメガ使用は公選法違反の可能性」認める?

広告

2017年の秋葉原ではトラメガ(拡声器)を持ち込んでいた

2017年7月7日の産経新聞は、7月1日の安倍総理の東京・秋葉原での都議選の街頭演説で「安倍やめろ」と連呼した集団に「旧しばき隊」メンバーがいたと書いています。

 安倍晋三首相が東京・秋葉原で東京都議選の街頭演説を行った際、「辞めろ」などと罵声を浴びせた集団に、在日外国人に対する差別に極端な反対運動をすることで知られる「対レイシスト行動集団」(旧レイシストをしばき隊)のメンバーがいたことが7日までに、分かった。
秋葉原の安倍晋三首相の演説で、「安倍やめろ」のコールをしたのは誰?“場外戦”に発展も  産経

 

マスコミは報道していませんが、この2017年の「安倍やめろ」連呼の集団は、トラメガ(拡声器)を持ち込んでいたことが、当時の動画によって判明しています。

 

2017.7.1 秋葉原

 

この「安倍やめろ」連呼コールは言論の自由であると一部のマスコミは擁護しています。



有田さん「トラメガ使用は公選法違反の可能性」

2019年7月19日、旧しばき隊と路上の同志であるとする立憲民主党の有田芳生 副幹事長が、

「0720AKIHABARA ではトラメガは使わないでください。公選法違反になる可能性があります」

と、ツイッターのリツイート機能を使って、自身の公式アカウントで呼びかけをされています。

 

どうやら、トラメガを持ち込んでいた2017年の「安倍やめろ」連呼は、「公選法違反になる可能性がある」と、認めてしまわれたようですね。

やはり選挙妨害の可能性がある行動だったということでしょうか?

広告