F-35戦闘機のFはファントムなの?

(アメリカ空軍のF-35A パブリックドメイン)

航空自衛隊ではF-15戦闘機を現在201機を保有・運用しています。F-15戦闘機が初めて日本に導入されたのは約40年以上前の1982年で、ファミリーコンピュータ(1983年)が発売された時代です。

広告

F-35戦闘機105機購入

当時は現在のようなインターネットやパソコン、スマホは存在せず、この分野の進化は目覚ましいものがあります。

F-15戦闘機の運用の寿命が約40年で、補修をすれば80年くらいは使えるそうですが、初期の機体のファミコン時代の電子機器は、そっくり入れ替える必要があり、それにはかなりの費用がかかるようです。

最新の戦闘機では、電子機器の性能の勝負になっており、それならいっそのこと新型機に買い替えてしまった方がいいということで、F-15戦闘機100機程度をF-35戦闘機に買い換えるという話が民主党政権の平成23年から決まっていったようです。

訪日したドナルド・トランプ米大統領が5月27日、安倍晋三首相との日米首脳会談後の共同記者会見で、日本政府がF-35戦闘機を105機購入する意向を表明したと明らかにしました。このF-35戦闘機への買い換えが話題になっています。



F(ファントム)35戦闘機?

ツイッターにこんなツイートが流れてきました。

「F(ファントム)35戦闘機」と書いてあるのが気になります。

この「F」は「ファントム」なのでしょうか?

 

調べたところ、「ファントム」は、米軍では1991年の湾岸戦争を最後に実戦配備から退いたF-4戦闘機の愛称ですが、「F」はファントムのFではないようです。

F-4戦闘機の愛称がファントムで、F-35戦闘機の愛称がライトニング、F-15戦闘機の愛称はイーグル(イヌワシ)(Eagle)です。

そもそもファントム(Phantom)は「P」で「F」じゃないんですね。

では、「F」は何かというと、Fighter (戦闘機)の「F」ですね。



created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥605(2020/11/29 09:44:35時点 Amazon調べ-詳細)



広告