【要注意】本日届いた「Amazon緊急事態」という詐欺ニセメールにご用心を

1月14日に以下略ちゃんのメールボックスに「Amazon緊急事態 Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!」というタイトルのメールが2通届きました。

広告

「会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません」

「Amazon緊急事態」とは、なにごと? と思ってメールを開いてみると、「会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。」とあります。

クレジットカードは登録していたような気がするのですが、確かに昨年末でそのクレジットカードの有効期限は切れています。

メール本文

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/01/14に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。

  1. アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。
  2. Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインインします。
  3. 左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
  4. 有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。

Amazonプライムを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。

Amazon.co.jpカスタマーサービス

「支払い方法の情報を更新する」をクリックすると、別のページが開きました。ログインページです。

とりあえずログインしてみようと思いましたが、よく見ると「Amazone.co.jp」となっています。

あれれ、Amazonに「e」が多くないですか?

ドメインも「amazeon-aottttt.com」になっています。

どうも怪しいので、パスワードを入力する前に、Amazonに電話で問い合わせてみました。



Amazonのカスタマーセンターとの電話やりとり

Amazonのカスタマーセンターのお兄さん「そのメールのドメインを教えてください」

以下略ちゃん「c5.coreserver.jpとc6.coreserver.jpです」

Amazonのカスタマーセンターのお兄さん「それはAmazonではありませんので、絶対にクレジットカード番号やパスワードを入力しないでください」

※メールはfeizhou04@c5.coreserver.jphangzhou04@c6.coreserver.jpから届いています。

やはり、Amazonのなりすまし詐欺メールでした。

危うくログインパスワードを入力してしまうところでした。

ログインパスワードとクレジットカード情報を記入してはいけない

ログインパスワードとクレジットカード情報を盗むのが目的のなりすまし偽メールですね。

このなりすまし偽メールは、現在、他にも多くの方のところに届いていると思います。

うっかりログインパスワードやクレジットカード情報を入力してしまわないように、くれぐれもお気をつけください。

フィッシング詐欺に注意(総務省HPより)

  フィッシング詐欺とは、送信者を詐称した電子メールを送りつけたり、偽の電子メールから偽のホームページに接続させたりするなどの方法で、クレジットカード番号、アカウント情報(ユーザID、パスワードなど)といった重要な個人情報を盗み出す行為のことを言います。なお、フィッシングはphishingという綴りで、魚釣り(fishing)と洗練(sophisticated)から作られた造語であると言われています。


最近では、電子メールの送信者名を詐称し、もっともらしい文面や緊急を装う文面にするだけでなく、接続先の偽のWebサイトを本物のWebサイトとほとんど区別がつかないように偽造するなど、どんどん手口が巧妙になってきており、ひと目ではフィッシング詐欺であるとは判別できないケースが増えてきています。

created by Rinker
¥1,660(2020/12/06 03:14:28時点 Amazon調べ-詳細)



広告