有田芳生さん「いまの年齢と生まれた年(西暦)を足すと2018になる」…当たり前すぎて何を言っているのか意味不明です

立憲民主党の有田芳生参院議員が、12月3日に「いまの年齢と生まれた年(西暦)を足すと「2018」になるというのです。ホントだ。1000年にいちどのことだともあります。」とツイートしました。

広告

「1000年にいちどのことだ」

……ん。

何を言ってるのか、訳がわかりません。さすがに意味不明です。

例えば2000年12月20日生まれの人は、12月3日現在、誕生日前なので17歳。

2000+17=2017 にしかならないではありませんか。

2018 になるのは、すでに誕生日を過ぎた人だけです。

 

1000年に一度というのも、意味がわかりません。

2018年の1000年後は「3018」になると思います。

 

生まれた年(西暦)から経過した年数が今年ですから、自分の生まれた年(西暦)に年齢を足せば、現在の西暦と同じになるのは当然のことです。

これは1000年に一度ではなく、いつでも起こります。

昨年は「2017」になるだろうし、来年は「2019」になるでしょう。

 

もう一度言います。

何を言ってるのか、訳がわかりません。

大丈夫でしょうか?



国会議員が「釣り」のツイートをするとも思えませんし。

あるいは、もしかすると、以下略ちゃんには理解できない奥深い意味があるのかもしれませんね。

 

フェイスブックで見つけました

おそらく有田芳生さんは、フェイスブックでこれを見てそのままツイートしたんですね。(笑)

created by Rinker
¥1,359(2020/09/27 01:59:45時点 Amazon調べ-詳細)



広告