BTSジミン【原爆Tシャツ】に対する韓国人YouTuberのWWUK TVさんの分析

(出典 https://twitter.com/The_luMINary95/status/897115066419494913)

防弾少年団(ぼうだんしょうねんだん、ハングル:방탄소년단)は2013年6月13日にデビューした韓国の男性ヒップホップグループ。所属事務所はBigHitエンターテインメント。 2017年から「BTS(ビーティーエス)」の名前でも活動している。メンバーのパク・ジミンは1995年10月13日生まれの23歳。(ウィキペディア)

広告

「原爆投下の写真」TシャツのBTSが紅白出場内定で炎上中

このBTSのジミンが昨年、2回にわたって「原爆投下の写真」をプリントしたTシャツを着ていて、そのBTSが今年のNHKの紅白歌合戦への出場が内定したとの一部報道があり、NHKを巻き込んでの炎上騒ぎになっています。

韓国人YouTuberのWWUK TVさんの動画によると、炎上しているパク・ジミンの原爆Tシャツは、「長崎の原爆投下の写真」と「韓国が独立したときの写真」をプリントして、「日本の植民地から開放されたこと」を記念したTシャツだそうです。

 

韓国人YouTuberの分析

このTシャツを作った動機と歴史の文がサイトに掲載されていたそうで、WWUK TVさんが動画で解説しています。

「国を奪われ、日本の植民地支配をうけていた長い闇の時間が過ぎ去り、国を取り戻せた日が光復節(こうふくせつ)です。1945年7月26日、米、英、中は、ポツダム宣言で、対日処理方針を明らかにしたと共に、日本に降伏を要求。
日本がこの要求を拒絶したことによって、アメリカは8月6日に広島へ、8月9日に長崎へ原子爆弾を投下しました。長崎原爆投下6日後の8月15日、日本は連合軍に降伏を宣言しました。9月2日に降伏文書にサインをし、公式的に太平洋戦争と第二次世界大戦が終わりました。

我が国(韓国)の独立を表現してみました。

そして動機は『過去を忘れた民族には未来がない』というスローガンで、愛国心を込めて、歴史をファッションに再解釈しようと努力しました。収益の一部分を歴史発展に役立つ団体に寄付します。」

と書いてあります。

韓国語は読めませんので、ネイティブによる翻訳は助かります。



 

ファンサイトの設立者の誕生日プレゼント

このTシャツは、ファンサイトの設立者@The_luMinary95 さん(現在フォロワー49万人)が、ジミンの誕生日にプレゼントしたものです。

작년 지민이에게 준 생일선물중에 하나이다.하와이에서도 잘 입어줘서 고맙당잉~♥️

ツイートには「昨年ジミンにあげた誕生日プレゼントのひとつ。ハワイでも着てくれてありがとうダンイン〜♥️」と、書いてあります。

原爆Tシャツは、このファンサイトの設立者の政治的趣味で選択したプレゼントのようです。

このツイートは、現在は削除されています。

 

WWUK TVさんの分析では、原爆Tシャツを着たのはジミン本人の政治的趣味ではなくて、事務所からの指示だろうということです。以下略ちゃんも、まあ、そうだろうとは思います。

そしてWWUK TVさんの動画の最後では、陰謀論になっていますが、その解釈を信じる信じないは各自でご判断ください。

動画中、誤りがあり、Tシャツを2回着たのは、全て去年の春のアメリカツアーの時のことだそうです。今年の着用は確認されていません。

 

繰り返される「原爆は懲罰」論

2013年には、韓国紙 中央日報が「原爆は神の懲罰」とするコラムを掲載していて、菅官房長官が抗議をしています。

日本の菅義偉官房長官は23日の記者会見で、中央日報20日付の「安倍、丸太の復讐を忘れたか」と題したコラム「キム・ジンの時視各角」について、「誠に不見識だ」と述べた。

菅官房長官はこのコラムの「広島と長崎に原爆が投下されたのは神の懲罰であり、日本軍731部隊の生体実験被害者の復讐だった」という内容について、「日本は唯一の被爆国で、原爆に対するこうした認識は断じて許すことはできない」と主張した。

駐韓日本国大使館公報文化院の道上尚史院長はこの日、こうした内容の書簡を中央日報に伝え、「日韓両国の国民が冷静に対応していくことが重要だと考える」と強調した。

原爆の被害を受けた広島市の松井一実市長も「被爆者の思いを共有する両国民、日韓両国民のまっとうな気持ちを傷つけるようなことをなぜするのだろうか」と批判した。

田上富久長崎市長は「内容は論理的でなく感情の産物で、日韓関係を悪化させている」とし「お互いの文化に対する理解を深め、友好関係を構築できるよう努力することが重要だ」と述べた。

これに対して中央日報のソ・ギョンホ報道官は「コラムの内容はキム・ジン論説委員個人の見解と主張」とし「中央日報の公式立場ではない」と述べた。 (中央日報日本語版 2013年05月24日11時56分)

韓国の一部メディアでは、原爆を日本批判に利用して、こうしたナショナリズムを煽る表現が昔から散見されます。



広告