はすみとしこ出版記念講演会の妨害を民進党有田芳生氏がRTで呼びかけ いつもの言論弾圧で炎上必至

金子けんたろう杉並区議(共産党)と有田芳生参院議員

広告

はすみとしこ出版記念講演会の妨害を最初に呼びかけたのはなんと共産党の杉並区議だった

そして有田芳生議員が言論弾圧に参入

民進党の有田芳生参院議員が、9月11日に文京区のシビックホールで予定されている「カリカリ企画ホワイトプロパガンダ漫画家」の「はすみとしこ出版記念講演会」を潰すために動き始めたようです。

(※参考ツイート:2015年から、はすみとしこ氏の活動に介入している有田芳生議員)

8月20日、有田芳生議員は、自身のツイッターを利用して、次のツイートをリツイート拡散しました。

支持者に呼びかけているのでしょう。

例によって、出版される本を見てもいない段階で、気に入らない相手の講演会を潰すといういつものパターンのようです。

2016年2月11日に予定されていた、はすみとしこ氏の書店でのサイン会は中止に追い込まれています。

Amazonではすでに予約注文が可能です。有田芳生氏が言論弾圧に動くと、皮肉にもかえって本の宣伝になり、その本はベストセラーになるという現象が繰り返されています。

有田芳生氏がリツイートに利用したのは、共産党の金子けんたろう杉並区議の「公共施設でやるなよ」という命令口調の脅しとも取れるツイートです。

はすみとしこ氏の本は出版前で、誰も読んでいないはずですので、内容についての批判ではないはずです。

なぜ、はすみとしこ氏が公共施設で講演会をしてはいけないのかの明確な理由がわかりません。

金子けんたろう杉並区議は、ただ、気に入らない相手を「差別主義者」とレッテルを貼って、講演会を潰したいだけのようです。

金子けんたろう 議員プロフィール(杉並区議会)

2009/08/17 に公開
だから私は日本共産党/営業で働くサラリーマン/金子健太郎さん

 

「それでも反日してみたい」出版記念講演会

https://twitter.com/MR_DIECOCK/status/899142174243078145

https://twitter.com/notalone0414/status/899143252057571329

https://twitter.com/MR_DIECOCK/status/899143280763392000

 

共産党は言論弾圧を好む



広告