Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

【動画付き】山本太郎議員が読み上げ原稿を強奪するも委員長は冷静にテーブル下から予備を取り出す

time 2018/07/20

【動画付き】山本太郎議員が読み上げ原稿を強奪するも委員長は冷静にテーブル下から予備を取り出す

背中が山本太郎 参院議員(自由党)

sponsored link

頑張ってるアピールの幼稚なパフォーマンス

国会でみられる野党の採決の妨害の方法として、「委員長の読み上げ原稿を強奪する」「委員長のマイクを隠す」があります。

読み上げ原稿がなければ、委員長が議事進行できないだろう、マイクを隠せば委員長の声が他の出席委員に聞こえないだろう、という子どもじみたよくわからない発想です。

自分の意見が通らないと暴力的に自分の思う通りにしようとする幼児性が強い行動で、「子どもには見せられない光景」といわれることの多い場面です。

彼らがどういう法的根拠の元に行っているのかは不明ですが、町中で他人の読んでいる書類などを暴力的に奪えば犯罪だと思いますが、国会は不思議なところです。


7月19日の、参議院内閣委員会で、繰り返し注意をしても、持ち時間を大幅に超過しているのに発言をやめない自由党の山本太郎議員の質問を打ち切り、柘植芳文委員長が採決に入ろうとしました。

すると山本太郎議員が委員長席に詰め寄り「読み上げ原稿」と「マイク」を暴力的に奪うという行動にでました。

しかし委員長は、あらかじめテーブル下に予備の読み上げ原稿を用意していたようで、山本太郎議員に読み上げ原稿を強奪されても、冷静に予備の読み上げ原稿を取り出し、議事進行を続けました。

まるでコントのような場面でした。

山本太郎議員の支持者は「山本太郎は頑張っている」と思うのでしょうが、以下略ちゃんは「このような行動で阻止できるはずもなく、くだらないパフォーマンスでバカじゃね」と苦笑して見ていました。

山本太郎議員は、その後もひとりで柘植芳文委員長の腕をつかんだり、マイクを奪ったりしていました。

動画

 

懲罰動議か

結局、この山本太郎議員の「読み上げ原稿強奪事件」への懲罰動議は、人数が足らずにできなかったようです。(本会議での懲罰動議とは別件)

sponsored link

コメント

  • 山本太郎がんばれ。この場面だけ撮ってツイターに流す幼稚さ。国民は騙されない。騙されと思っている電通も自民党も、このまままならないつか滅ぶ。

    by 怒っているひと €2018年7月23日 11:32 PM

    • 「こうした行為が問題」なのであって、これは場面の切り取りとはいいません。「万引き」や「交通違反」の行為を、場面の切り取りとは言いませんよね。

      by ikaryakuchan €2018年7月24日 5:13 AM

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索

こちらからご購入いただけますと紹介料(ギフト券)にて参考資料などが購入できます。ご支援のほどよろしくお願いします。(楽天も同じ)


楽天