Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

須田慎一郎さん「有田芳生さんを立憲 沖縄県連会長にしたのは反基地活動を先鋭化するため」

time 2018/09/07

須田慎一郎さん「有田芳生さんを立憲 沖縄県連会長にしたのは反基地活動を先鋭化するため」

画像はhttps://twitter.com/aritayoshifu/status/966613690798637057 より

sponsored link

先鋭化(精鋭化?)した運動、活動に対して、どれだけの県民の支持が、いま集まっているのか

9月7日(金)のDHCテレビがネットでライブ配信を行っている報道番組『真相深入り! 虎ノ門ニュース』で、金曜担当のコメンテーターで経済ジャーナリストの須田慎一郎さんが、沖縄県知事選挙の分析をしました。

須田慎一郎さんは、その解説の中で、立憲民主党の沖縄県連会長に触れ、

「ぼくね、今回注目していきたいのは、立憲民主党は、沖縄県連会長に有田芳生さんを据えましたよね。
で、その意味するところというのは、やっぱりその基地問題というか、立憲民主党はその基地問題に重点を置いて、さらにそれをね、かなり先鋭化(精鋭化とも聞こえる)して進めていく、相当な対立構図を作っていく、という意思表示をしたことだと思うんですよ。
融和という点ではなくてね、かなり過激な方、先鋭化する方向に舵をぐーっと切ってったんだろうなと。
で、そうなったときに、沖縄の人たちの広くね支持が集められるのかどうなのか。
そうした先鋭化(精鋭化とも聞こえる)した運動、活動に対して、どれだけの県民の支持が、いま集まっているのか。
って、いうところを知る上では、非常に重要な選挙だと思いますよね。試金石になると思いますよね」

と解説をしました。

以下略ちゃん的には、本日の放送で一番、印象に残った解説部分でした。個人的には、須田慎一郎さんのおっしゃるとおりだと思いました。

 

「階級格差」時代の資産防衛術 (イースト新書)

「階級格差」時代の資産防衛術 (イースト新書)

  • 作者:須田慎一郎
  • 出版社:イースト・プレス
  • 発売日: 2018-06-10

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索


楽天