Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

麻生氏、札幌を「奥地」と表現=徳永エリ議員批判⇨道南の方言なのに何が問題でしょう?

time 2019/03/25

麻生氏、札幌を「奥地」と表現=徳永エリ議員批判⇨道南の方言なのに何が問題でしょう?
この記事の所要時間: 217

sponsored link

「おくち(奥地)」は、北海道の道南の方言

ヤフーニュースが3月25日、国会で麻生太郎財務相が札幌を「おくち」と表現したと批判しています。

 麻生太郎財務相が25日午前の参院予算委員会で、JR北海道に対する国の財政支援をめぐる質疑の中で、札幌市を「奥地」と表現する場面があった。

質問した国民民主党徳永エリ氏(北海道選出)は「適切ではない」と批判。北海道内で反発を呼ぶ可能性もある。

麻生氏は答弁で「今でも函館の人は(札幌を)奥地と言う」と発言した上で、2030年度に北海道新幹線が函館から札幌へ延伸されることを念頭に、「もう奥地の札幌の方が奥地ではない」と述べた。 (2019年3月25日 時事通信)

これに対して、「おくち(奥地)」というのは、北海道の道南の方言であるというツイートをされている方がいます。

北海道 渡島総合振興局の道南方言集

で確認をすると、たしかに道南方言の「おくち」「おぐち」は、標準語の「奥地(道南より北を指す)」の意味だと書かれています。

方言は恥ずかしいものでも何でもなく、もっと胸を張って大切にするべきものだと以下略ちゃんは個人的に考えています。

徳永エリさんは、北海道の議員なのですから、方言を否定して麻生大臣を批判するのではなく、北海道の道南の方言であることを周知させるような発言をしたほうがいいのではないでしょうか。

関連記事

書き起こし【発言全文】麻生大臣の札幌を「奥地」と表現/ならびに真相についての考察/間違っているのは徳永エリ議員

麻生氏「奥地」発言批判の時事通信と朝日新聞が「札幌」を「奥地」と記事にしていたことが判明

created by Rinker
株式会社サンエイト
¥540 (2019/06/16 14:40:32時点 Amazon調べ-詳細)

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索

この検索窓は以下略ちゃんが参加しているアマゾン・アソシエイトです。

楽天