以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ブログ。小学4年生()でもわかる!

前川喜平さん、京都府知事選出馬を共産系から打診されていた

time 2018/03/18

前川喜平さん、京都府知事選出馬を共産系から打診されていた

sponsored link

共産系「民主府政の会」が、前川喜平さんに出馬を打診

3月22日告示、4月8日投票で京都府知事選挙

3月22日告示、4月8日投票で京都府知事選挙が行われます。

現職の府知事が退任、選挙は前復興庁事務次官の西脇隆俊氏(62)と、弁護士の福山和人氏(56)の一騎打ちになる可能性が高いと報道されています。

この京都府知事選挙で、過去の知事選では共産系候補を支えた「民主府政の会」が、前川喜平さんにも出馬を打診していたことがわかりました。

 

新人2人が立候補予定

任期満了に伴う京都府知事選挙は、3月22日の告示まで1カ月を切った。4期務めた現職の山田啓二氏は退任の意向を示しており、22日までに、前復興庁事務次官の西脇隆俊氏(62)と、弁護士の福山和人氏(56)が出馬を表明。新人同士の一騎打ちとなる可能性が高い。

西脇氏は京都市下京区出身。東京大学法学部を卒業後、1979年に旧建設省入り。2016年からは復興庁事務次官を務め、昨年、同庁顧問となった。自民、公明、民進各党の支援を受ける。

福山氏は宇治市出身で、立命館大学法学部を卒業。1999年に司法試験に合格し、01年に弁護士登録。15年度には京都弁護士会副会長を務めた。共産党や市民団体などが推している。

府知事選の投開票は4月8日。(両丹日日新聞)

 

日本共産党は福山和人氏を推薦

 

自民、公明、民進3党の府組織は西脇隆俊氏を擁立

4月8日投開票の京都府知事選について自民、公明、民進3党の府組織は1月28日、復興庁前事務次官の西脇隆俊氏(62)を擁立すると発表した。

 

「民主府政の会」では、前川喜平氏にも立候補を打診

過去の知事選では、共産系候補を支えた「民主府政の会」は、立憲民主党とも共闘できる候補として前川喜平氏に出馬を打診したという。

京都新聞 2月16日

どうやら今回は断ったようですが、共産党と考え方が近い前川喜平さんを、共産系の候補として、選挙に担ぎ上げようとする勢力があるようです。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索