以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生(なりすまし)でもわかる!

有田芳生議員のダブスタ 共産党推薦の杉尾秀哉議員に「共産党」とヤジを飛ばした安倍総理に真性のネトウヨとレッテル貼り

time 2019/11/13

有田芳生議員のダブスタ 共産党推薦の杉尾秀哉議員に「共産党」とヤジを飛ばした安倍総理に真性のネトウヨとレッテル貼り
この記事の所要時間: 317

(【参院選2016】杉尾ひでや候補・日本共産党合同街頭演説(6.30佐久市)より)

有田芳生参院議員のダブスタ発言です。

sponsored link

日本共産党の推薦をうけて、政策協定書にサインした杉尾秀哉さん

民主党公認(当時)の新人で元TBSキャスターの杉尾秀哉さんは、2016年7月の参議院選挙で、当選するために日本共産党の推薦をうけて、政策協定書にサインをしています。

民主・共産・杉尾氏の政策協定書(日本共産党長野委員会)

(出典:日本共産党長野委員会HP)

(2016年3月)7日に共産党県委員会、民主党長野県総支部連合会、杉尾秀哉候補が調印して、共産・民主・杉尾氏の政策協定書。歴史的な文書です。共産党は候補者取り下げだけでなく、全力で杉尾氏を応援することを明記。政策協定では、①安保法制の廃止、集団的自衛権の閣議決定の撤回、立憲主義の回復をめざす、②安倍政権打倒をめざす、③安倍政権による憲法改悪を阻止する、④格差社会の是正をはかる、の4点の一致に加え、さらに県民の声を反映するために一致点を広げることも確認できました。

(日本共産党長野委員会HP 更新日: 2016年03月08日)

立憲民主党(現在)の杉尾秀哉 参院議員は、日本共産党と政策協定を結んで当選したのですから、当然、日本共産党の政策にも影響を受けるものと考えられます。

このことを指摘したのか、安倍総理が11月8日の参院予算委員会で、質問する立憲民主党の杉尾秀哉議員を指さしながら「共産党」とヤジを飛ばして審議が一時中断する場面がありました。



「アカ」とレッテル貼りをしたのと同義

この「共産党」との政策協定を指摘したと思われる安倍総理のヤジに対して、立憲民主党の有田芳生参院議員は、
「安倍首相が立憲民主党の杉尾秀哉議員に「共産党」とヤジを飛ばしたことは深刻な問題をはらんでいる」
「精神構造は真性の「ネトウヨ」そのものだ。今回のヤジは「アカ」とレッテル貼りをしたのと同義であり、底意には排外差別主義が潜んでいる」
などとツイートをされています。

 

 

個人的には、日本共産党の推薦を受けて、共産党と選挙運動をして当選したことを、安倍総理が覚えていてヤジっただけではないかと考えています。

この事実を無視している有田芳生議員のツイートこそ、共産党を「アカ」とレッテル貼りをしているのではないかと思うのですが、大丈夫でしょうか?

真性の「ネトウヨ」という言葉も、相手を見下した侮蔑語にほかならないと思いますが、自分が使う場合はそういう客観的な意識はないのでしょうね。

created by Rinker
文藝春秋
¥1,760 (2019/12/10 13:29:12時点 Amazon調べ-詳細)

sponsored link

コメント

  • 猫ちゃん、こんな腐れ外道の画像に使われてほんま不憫やで(涙)

    by ななっしー €2019年11月13日 12:03 PM

  • ふなっしー、こんな腐れ外道の名前にもじられてほんま不憫やで(号泣)

    by 猫ちゃん €2019年11月14日 7:45 PM

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


以下略ちゃんが使用中のサーバー。

安定していておすすめ。

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazon商品検索【ご支援】

この検索窓で商品を検索してご購入されると以下略ちゃんに紹介料が支払われます。ご紹介料は参考書籍代として使わせていただきます。

最近の投稿

楽天【ご支援】

こちらで商品を検索してご購入されると以下略ちゃんに紹介料が支払われます。ご紹介料は参考書籍代として使わせていただきます。

【ご支援】こちらからご利用いただけますと以下略ちゃんに紹介料が支払われます。ご紹介料は参考書籍代として使わせていただきます。