以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

Twitterを中心に情報収集する以下略ちゃんがTwitterの密かで怪しい楽しみ方をこっそり教えます。見やすさ、わかりやすさ、にこだわります。

自転車のチェーンが伸びていて、カバーに当って、異音がするのでチェーンの調整をしてみました

time 2017/04/27

自転車のチェーンが伸びていて、カバーに当って、異音がするのでチェーンの調整をしてみました

sponsored link

自転車チェーンの調整

自転車の後輪の「チェーン引き」調整

 

2台ある自転車のうち、20インチの自転車が調子が悪い。

ペダルを漕ぐたびにカタカタ異音がするようになりました。

ブリジストンのカルシアです。

チェーンが伸びて弛んで一番下のカバーに当っているのではないかと思って、ビデオで動きを撮影してみたところ、当たっているのは上の部分なことがわかりました。

どちらにしろチェーンが伸びていることには変わりありません。

ググったら、自転車の後輪に「チェーン引き」という構造があるらしい。このナットを回転させることにより、このチェーン引きの幅だけ後輪を移動させてチェーンの張りを調整できるらしい。

自転車、設計した人、頭いい。

というわけで、チェーンの張りを調整して、チェーンがカバーに当たらないようにします。

必要な工具は、家にあった10ミリと15ミリのスパナ(レンチ)とプラスとマイナスのドライバー、それと100均の「金属の潤滑サビ防止スプレー」です。

ナットが外れやすいように、「金属の潤滑サビ防止スプレー」をスプレーします。

 

後輪の軸を止めているナットのカバーをマイナスドライバーで外します。

後輪のブレーキのワイヤーを止めているネジを、10ミリのスパナとプラスドライバーで緩めます。移動できるようにするだけで、外しません。緩めるだけ。

15ミリのスパナで後輪を止めている軸のナットを緩めます。右側、左側、両方です。これも移動できるようにするだけで、外しません。緩めるだけ。

 

両脇にある「チェーン引き」のナットを10ミリのスパナで締めて、チェーンの張りを調整します。ほんの少し回すだけです。

目安としては、ペダルを回して、チェーンがカバーと当たらなくなるまで。ペダルを回しながら両脇のナットを交互に調整しました。

あとは、緩めたナットを元に戻して、後輪のナットのカバーを嵌めて、出来上がりです。

簡単な作業でした。女性でも、子どもでも出来ますよ。

 

異音もなくなり、とりあえずは快調です。お試しあれ。

sponsored link

down

コメントする




以下略ちゃん

以下略ちゃん

●マスコミに騙されて2010年の参議院選挙で民主党有田芳生さんに投票。ところが、ツイッターで疑問に思うことを@ツイートしたら有田芳生さんに「匿名卑怯なネトウヨ」と意味不明な理由によりブロックされる。「おいおい、選挙の投票は無記名でしょが…」。大学は理系ですが、以後、独学で政治と経済について学ぶ。 ●オリジナルキャラクター『以下略ちゃん』は短文投稿SNSツイッターにおいて、いつも文末に「以下略」と付ける架空の人物です。ただし、現在までのところ、「以下略」が文末に付いたツイートは確認されていません。●趣味/美術館巡り。好きなもの/ミックスベリーパイ●中の人は複数

【お願い】

転載は本文3分の一以内でお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを最初に直リンクでご紹介下さい。ページの丸ごとキャプチャー転載、コピペ転載はお断りします。画像の無許可転載も禁止です。

おすすめ人気記事(計30日間)



sponsored link

カテゴリー