以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ブログ

有田芳生「山口敬之は、あなたはキャバクラ嬢でしたねと書く。実際にはピアノバーだ」⇨キャバクラでした

time 2017/10/29

有田芳生「山口敬之は、あなたはキャバクラ嬢でしたねと書く。実際にはピアノバーだ」⇨キャバクラでした

sponsored link

有田芳生さんのミスリードには気をつけよう

ニューヨークのピアノバーの実態はキャバクラだった

なぜかTwitterでしきりに、山口敬之元TBS記者を攻撃する民進党の有田芳生さんです。

そんな有田芳生さんが、山口敬之氏の手記に対して「暗い情念を基調とした内容は不快だ。たとえば伊藤さんのことを「私があなたに初めて会った時、あなたはキャバクラ嬢でしたね」と書く。実際にはピアノバーだ。」と批判しました。

日本で、ピアノバーというと、お店の中央にドーンとピアノがあって、ピアニストさんがいて、ジャズなどの演奏を聞きながら、お酒を飲む健全なお店、をイメージします。

ピアノバーのイメージは、こんなかんじですね。

日本におけるピアノバーの例

有田芳生さんは、そんなピアノバーで働いていた女性を、山口敬之氏は「キャバクラ嬢」と書いた、不快だ、とツイートしています。

 

山口敬之氏「ニューヨークのキャバクラで伊藤詩織さんと知り合った」

へーそうなのかな? とも思いましたが、10月27日の山口敬之氏の生放送インタビューの動画を見て、有田芳生さんのツイートに疑問を持つようになりました。

この動画の5分25秒ころからの会話で「ニューヨークのキャバクラで伊藤詩織さんと知り合った」とはっきり山口敬之氏は言っています。

有田芳生さんの「キャバクラではないピアノバーだ」というツイートと、真っ向から対立する発言です。

有田芳生さんの言うように、山口敬之氏が嘘をついているのでしょうか。

ニューヨークのピアノバーなるものをネットで調べてみました。

 

ニューヨークのピアノバーは銀座のホステス

最初に目についたのがこのブログ記事です。

この記事では、ニューヨークのピアノバーはいわゆる銀座にあるような高級クラブ、日本人向けのホステスである、と書かれています。

「同伴」(ディナーを食べてから一緒にお客さんと入店する営業方法)、「指名」(仲良しのお客さんに予約、指名をしてもらう)などの営業活動が必要だったとも書かれていますね。

これはいったい……。

 

ニューヨークでキャバクラ行くならピアノバー

こちらの記事はもっと露骨です。

そのものズバリ「ニューヨークでキャバクラ行くならピアノバー」というタイトルです。

キャバクラとピアノバーは同じ意味だというように読み取れます。

どうも、ニューヨークにおけるピアノバーとは、日本人が日本でイメージするピアノバーとは異質なもので、ほとんどキャバクラに近いもののようです。

うっかり、有田芳生さんに騙されるところでした。印象操作もいいとこです。

なんにも知らない日本人を騙してミスリードしようとしても、騙されませんよ。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 

おすすめ人気記事(計30日間)



sponsored link

カテゴリー

当ブログの加計事件の解釈と同じ内容です。
ぜひ、お読みください。