Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

YouTube前進チャンネルの編集者が逮捕されたというので、話題の中核派の動画を見てみました

time 2018/11/07

YouTube前進チャンネルの編集者が逮捕されたというので、話題の中核派の動画を見てみました

中核派の活動家2名が逮捕されました。東洋大学でビラを撒いて、地方から上京したばかりのような友人の少ない学生を中核派に勧誘しようとしたのでしょうか?

逮捕されたのは、YouTube前進チャンネルの出演者と編集者であると、中核派のアイドル洞口朋子さんが動画で発言しています。

sponsored link

中核派活動家が逮捕される

東洋大学のキャンパス内に許可なく侵入したとして、警視庁公安部は4日、建造物侵入の疑いで、過激派・中核派系の全日本学生自治会総連合(全学連)活動家、内海佑一容疑者(38)と作部(さくべ)羊平容疑者(27)=ともに住所、職業不詳=の2人を逮捕した。調べに対し、2人は黙秘している。

逮捕容疑は、7月下旬、共謀して東京都文京区の東洋大学白山キャンパスの建物内に無断で侵入したとしている。

同部によると、2人はキャンパスの建物内にあるサークル団体の部室を訪問し、中核派の機関紙「前進」や同派作成のビラを配布。同部は、東洋大での中核派活動家の在籍を確認しておらず、2人が学生の勧誘を目的に大学に侵入したとみている。(産経新聞 2018.11.4 13:19)

 

【緊急声明】



昭和の時代のような暴力的な政治活動を警戒する大学側

戦後に行われた学生運動は、1960年代後半には新左翼的思想を持った者による暴力的な政治活動に発展し、それ以後、大学側は構内でのこうした暴力的な政治活動につながる勧誘を警戒しているようです。

「この逮捕は政治的な意図がある」と主張していますが、「暴力的な政治活動につながる勧誘」を止めようとしているのですから、それは政治的な意図があるのは当たり前です。

むしろ、無許可での大学構内での「安倍を倒せ」のような活動を、「建造物侵入の容疑」でしか逮捕できないことに、法律の不備を感じます。

 

逮捕された内海佑一さんは元法政大学、作部羊平さんは京都大学

内海佑一さんで検索すると、あの「お前(安倍総理)は人間じゃない。たたっ斬ってやる!」で有名な政治活動家の山口二郎教授の法政大学の元学生で、2006年頃に退学になっているようです。

法政大学は2005年の春に、中核派系全学連が拠点としていた学生会館の取り壊しを決定。それに反対した全学連側は大学構内で立て看板を設置したり、ビラをまいたりして活発な反対運動を展開しました。

すると法政大学側は、「タテカン禁止、ビラまき禁止」を通告。

中核派系全学連が法政大学に設置した立て看板の撤去作業を妨害したとして、警視庁公安部と麹町署は、威力業務妨害などの現行犯で、同全学連の委員長、織田陽介容疑者(24)や法政大の学生を含む活動家の男女計29人を逮捕しました。

この事件に関連して、「中核派系全学連副委員長」だった内海佑一さんは、法政大学を退学になっているようです。

 

逮捕された、もうひとり、作部(さくべ)羊平さんは、京都大学の学生のようです。



11月4日の日比谷野音での集会のときに、逮捕

2名は11月4日に、日比谷野音での集会のときに、逮捕されたようです。

なぜか無関係な韓国ソウルと東京が連帯して、安倍政権での改憲を阻止するという集会が、11月4日に開かれたようです。

改憲阻止大行進集会では、「40名が逮捕された関西生コン支部への弾圧をはね返そう」などと、気勢を上げ、韓国語の歌などを歌い、「改憲発議させない」「安倍を倒せ」などと盛り上がったようです。(動画4分59秒頃)

前進チャンネル特別編「11.4集会特集」

 

韓国大法院(最高裁)による、元徴用工訴訟判決への中核派の見解

韓国大法院(最高裁)による、元徴用工が新日鉄住金に損害賠償を求めた訴訟については、中核派では、当然の判決としています。

「安倍政権の対応は日本軍慰安婦問題をはじめ、徴用工の強制連行・強制労働など、日本帝国主義が侵略戦争と植民地支配で引き起こした国家犯罪を居直るものです。絶対に許せません。」としています。

元徴用工訴訟の解釈のポイントは、日韓併合条約の解釈にあるようです。

日韓併合条約を、日本側は「有効だったけど、大韓民国成立以降は無効」と主張し、韓国側は「根源的に無効」と主張しています。

当然、日本側は「不法」であったなどとは認めていないわけですが、韓国の裁判所では「不法」であったので、日韓財産・請求権協定の「請求権」に穴があるとしているようです。

この件に関して、中核派では、韓国側の視点に立ったモノの見方をしているようです。

前進チャンネル第140回「徴用工に損害賠償は当然」第2987号(11月5日付)

 

人気YouTuberを目指す?

中核派では、今すぐにでも武装蜂起して革命を起こしたいそうですが、平成は残り少ないので、平成のうちに武装蜂起する可能性は少ないとしています。

武装蜂起の意味するところが明らかではありませんが、「戦争反対、安倍を倒せ」と言いながら、武装蜂起を目指していることに矛盾を感じます。

それはともかく、人気のYouTuberになり、グーグルから多額の広告収入を得ようという試みは、共産革命としてなかなか画期的な発想でいいと思います。

ちなみに、洞口朋子さんのご両親も中核派だそうです。

sponsored link

コメント

  • シールズといい、団塊世代の亡霊に取り憑かれた人は哀れだ。

    by ななし €2018年11月8日 7:34 AM

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索


楽天