以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

東京新聞記者の質問に「事実誤認」官邸報道室が再発防止を要請…辺野古赤土をめぐるネットのフェイクを追ってみた

time 2018/12/29

東京新聞記者の質問に「事実誤認」官邸報道室が再発防止を要請…辺野古赤土をめぐるネットのフェイクを追ってみた
この記事の所要時間: 90

ネットには、さまざまなフェイクが流れてきます。ツイッターなどの情報をすぐに信じてしまうのは危険です。特に意見が対立しているような問題については、できるだけ自分で確認をして調べてみることがとても重要です。

sponsored link

「視聴者に誤った事実認識を拡散させることになりかねない。正確な事実を踏まえた質問を改めてお願いする」

首相官邸報道室は28日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜(ぎ)野(の)湾(わん)市)の名護市辺野古移設をめぐり、菅(すが)義偉(よしひで)官房長官の26日の記者会見で東京新聞記者がした質問に事実誤認があったとして、内閣記者会に書面で再発防止を求めた。

記者は質問で、埋め立て工事用の土砂が仕様書に適合しているかについて「発注者の国が事実確認をしない」などと主張した。

官邸報道室は「仕様書どおりの材料であることを確認しており、明らかに事実に反する」と反論。記者会見がインターネットで配信されていることを踏まえ「視聴者に誤った事実認識を拡散させることになりかねない。正確な事実を踏まえた質問を改めてお願いする」とした。(産経ニュース 2018年12月28日)

 

東京新聞の主張「埋め立ての現場では今 赤土が広がっております」

問題となっている12月26日の質問は次のようなものです。

望月衣塑子 記者
民間業者の仕様書には沖縄産の黒石岩ズリとあるのに、埋め立ての現場では今、赤土が広がっております。

琉球セメントは県の調査を拒否してまして、沖縄防衛局は実態把握できていないとしております。

埋め立てが適法に進んでいるか確認ができておりません。

これに政府としてどう対処するおつもりなんでしょうか?

菅官房長官
法的に基づいてしっかり行っています。
望月衣塑子 記者
関連、望月です。適法かどうかの確認をしてないということをまあ、聞いているんですね。

粘土分を含む赤土の可能性が、これ指摘されているにもかかわらず、発注者である、この国が事実確認をしないのは行政の不作為にあたるのではないでしょうか?

菅官房長官
そんなことはありません。
望月衣塑子 記者
それであればじゃあ政府としてですね、防衛局にしっかり確認をさせ、仮に赤土の割合が高いのなら、改めさせる必要があるんじゃないですか?
菅官房長官
今、答えたとおりです。



沖縄県赤土等流出防止条例とは?

沖縄県には赤土等流出防止条例があります。

しかし、この条例は、赤土の川や海への広範囲な流出を防止しなさいというもので、固定化される埋め立てに赤土が含まれている土を禁止しているものではないようです。

「埋め立て区域の外へ赤土が流出するのを防ぐための措置を実施しなさい」、という条例ではないでしょうか。

  • 赤土等の流出防止義務(第3条)
     切土や盛土等によって土地の形を変えるような行為(事業行為)を行う場合には、事業行為を行う者に、事業現場から赤土等が流出しないように防止措置を講ずる努力義務が課せられています。

これを、意図的に「赤土の禁止」とミスリードしている疑惑があります。ご飯論法でしょうか?

 

しんぶん赤旗のミスリード

こちらのしんぶん赤旗の記事も巧妙にミスリードしようとしています。

「桟橋に雨ざらしの状態で赤土を置く行為は同条例に抵触する」と書いていますが、埋め立てに赤土を含んだ土砂を使用するのは違法だということではないようです。

 

「那覇空港滑走路埋め立て」の土砂との違いは?

辺野古と那覇空港の土砂の違いがわからない、なぜ辺野古だけ問題視されるのか、という意見もあります。

 

画像の着色(強調)疑惑

「赤色」といえば、真っ先に連想されるのは、2010年にアカデミー賞を受賞した和歌山県太地町のイルカ漁批判映画『ザ・コーヴ』です。『ザ・コーヴ』では、海面が一面、血の色で染まる衝撃的なシーンがありますが、画像の着色加工が疑われています。

今回の赤土も、「印象操作の為の着色」という指摘があります。

そう言われてみれば、発色が不自然な写真が散見されます。

琉球新報ではありませんが、沖縄タイムスの2018年12月21日の記事「埋め立てられる“民意” 辺野古の土砂投入から1週間 反対よそに国は工事加速」に使われている写真をあらためて確認してみると、写真の発色に不自然な部分があることがわかりました。

写真の一部を5倍に拡大してみます。

(出典:沖縄タイムス 埋め立てられる“民意” 辺野古の土砂投入から1週間 反対よそに国は工事加速)

確かに、土砂は赤みがかっていますが、なぜか作業員も赤みがかっています。トラックの色も違和感があります。青も赤も発色が不自然です。これはいったいなんでしょうか?



辺野古大浦湾 が赤土で染まる?

2016年の無関係なゴルフコースからの赤土流出の記事を、「辺野古の海が赤土で染まっている」とツイートしている辺野古反対派のものと思われるツイートも見つけました。時間軸詐欺ですね。

北部保健所によると、ゴルフコースでは建物の建設工事が今年3月まで予定され、県赤土等流出防止条例に基づく届け出があった。保健所は「流出元を確認し、必要なら指導したい」とした。(海が泣いている… 名護・大浦湾が赤土で染まる 沖縄タイムス2016年6月14日)

この2016年のニュースをネタにしたツイートは28日のものですが、似たようなツイートを繰り返している疑いがあります。

 

「琉球セメントを無期限の営業停止に」東京新聞記者はツイッターで抗議のリツイートか?

これに対して東京新聞 望月衣塑子記者は「菅は官房長官を辞任すべきだ」「画像着色が疑われる写真」「琉球セメントを無期限の営業停止に」「セメントはアジア諸国から輸入すべき」などのツイートを選んで、自身のツイッターでリツイート拡散を繰り返して安倍政権を批判しています。

【新刊】望月衣塑子記者が安倍政権のファクトチェックを行っています。
ファクトチェック とは情報の正確性・妥当性を検証する行為です。
本書では、正しければ○、部分的に正しくても誇張があったり本質からずれていたりすれば△、間違いは×の3段階で評価を加えているようです。

おまけ

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索

この検索窓は以下略ちゃんが参加しているアマゾン・アソシエイトです。

楽天