以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ブログ

望月衣塑子記者 炎上した「エボラ出血熱(MERS)」FBをこっそり書き直す…デスクの「ご意向か」

time 2017/07/16

望月衣塑子記者 炎上した「エボラ出血熱(MERS)」FBをこっそり書き直す…デスクの「ご意向か」

東京新聞望月衣塑子記者のFacebookがこっそり書き直されていることが判明しました。

sponsored link

付いたアダ名が「エボラ望月」

エボラ出血熱とMERSが区別できていなかった望月衣塑子記者

実際に印字された文書を1文字誤植をしたのは誰なのかを調べもせずに、加戸守行・前愛媛県知事の攻撃材料に「MERS」の誤植を取り上げ、揚げ足取りでミスリードを試みる東京新聞望月衣塑子記者。

エボラ出血熱とMERSが区別できていなかったことがバレて、ついに2ちゃんねるにスレッドが立ち、炎上中です。

Twitterでは「エボラ望月」のアダ名が付いて、#エボラ望月のハッシュタグもできました。

 

望月衣塑子記者「非開示は官邸のご意向か」

そんな望月衣塑子記者は、今治市の市職員の首相官邸訪問記録を非開示にしたことを、官邸の「ご意向か」と批判しています。

どこまでも安倍憎しの涙ぐましい記者魂ですね。

その一方、エボラ出血熱をMERSだと勘違いしていたと思われる自身のFacebookの記事は、こっそり書き直していることがわかりました。

「エボラ」の書き直しは東京新聞デスクの「ご意向」でしょうか?

 

Facebookの書き直しの記録

記事の書き直しは、当ブログ記事で指摘した通りに書き直しされたようです。当ブログをお読みになられたのでしょうか。

 

2017年7月15日19時12分のFacebookの記事

加戸氏が国家戦略特区WGで示した2枚の資料
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/hiroshimaken_imabarishi/imabari/dai1_shiryou4.pdf
でも、エボラ出血熱(MERS)を火星(MARS)と書き間違えているくらいだ。加戸氏がしたかったのは優れたライフサイエンス分野の獣医学部を築くというより、今治市に何でもいいから大学を誘致し、人口減少に歯止めをかけ、若者を呼び込みたかったということに尽きる。現に国会で加戸氏は獣医学部とした理由を「加計学園が獣医学部と言ったから」と正直に発言している。

他人の誤字をあげつらう記事の最初の1行目から「な」誤字がありますね(笑)

 

書き直した2017年7月16日18時すぎのFacebookの記載

加戸氏が国家戦略特区WGで示した2枚の資料
http://www.kantei.go.jp/…/hiroshi…/imabari/dai1_shiryou4.pdf
でも、「エボラ出血熱・MERS(中東呼吸器症候群)」と書くべき所を火星「MARS」と書き間違えているくらいだ。加戸氏がしたかったのは優れたライフサイエンス分野の獣医学部を築くというより、今治市に何でもいいから大学を誘致し、人口減少に歯止めをかけ、若者を呼び込みたかったということに尽きる。現に国会で加戸氏は獣医学部とした理由を「加計学園が獣医学部と言ったから」と正直に発言している。

1行目の誤字もこっそり直していますね。

 

慌てて書き直したようです。引用元の原本にはない(中東呼吸器症候群)まで付け加えています。

「エボラ出血熱・MERS(中東呼吸器症候群)」と書くべき所を火星「MARS」と書き間違えているくらいだ。

この文章でも、まだなんか変ですよね。

正確には、このように書くべきではないでしょうか?

「エボラ出血熱・MERS(中東呼吸器症候群)」と書くべき所を「エボラ出血熱・MARS(火星)」と書き間違えているくらいだ。

 

遅れて訂正ツイートがありました

 

自分を棚に上げて相手の誤字をあげつらうことが報道?

誤字脱字は誰にでもよくあることです。それをくだらない揚げ足取りに利用するから、逆に批判されるのだと思いますよ。

MERS」の誤字は、知識量の証明というより、単純にタイピングミス、校閲ミスですよね。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 

おすすめ人気記事(計30日間)



sponsored link

カテゴリー

当ブログの加計事件の解釈と同じ内容です。
ぜひ、お読みください。