以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ブログ

この期に及んでまだ「仮面浪人デマ」民進・桜井充氏「加計学園が認可されれば文科省も追及」(日刊ゲンダイ)

time 2017/08/07

この期に及んでまだ「仮面浪人デマ」民進・桜井充氏「加計学園が認可されれば文科省も追及」(日刊ゲンダイ)

sponsored link

8月7日の「日刊ゲンダイDIGITAL」でも「仮面浪人デマ」

「仮面浪人デマ」が最後の砦?

国会議員でありながら、加計学園に対して複数のデマを飛ばしてミスリードを続けている民進党の桜井充議員が、8月7日の「日刊ゲンダイDIGITAL」のインタビューでも「仮面浪人デマ」を発言していることがわかりました。

面の皮の厚さにびっくりです。

閉会中審査で新しいものは出なかった。桜井充「仮面浪人」がー

 ――政府と自民党は閉会中審査で新しいものは出なかったとして幕引きしようとしています。

新しいものが出ていないわけではない。7月22、23日に加計学園が開いたオープンキャンパスの問題は我々が新たに提示したものです。

――認可の結論はまだ先なのに、獣医学部を設置予定の岡山理科大で配布したパンフレットに<合格後、引き続き受験勉強を続け、一般入試でワンランク上の大学、国公立大学にチャレンジすることも可能>と記載していた件ですね。

加計学園は「先に私学の合格を勝ち取った上で国公立にトライできる、という意味」と説明していますが、取り方によっては、仮面浪人を推奨しているようにも受け取れる。既存の大学では対応できない“最先端の研究”を行うと言っていたのですから、胸を張って「本学に来てください」と言えばいい。そう言えないのはなぜなのか、と思ってしまいます。

(出典:日刊ゲンダイDIGITAL 民進・桜井充氏「加計学園が認可されれば文科省も追及」)

 

取り方によっては、仮面浪人を推奨しているようにも受け取れる。

いやいや、そういう風に受け取れるのは「小さな」と「細かい」の区別がつかない日本語読解能力に問題のある桜井充議員のような人だけです。

仮面浪人=大学に入学して、翌年に別の大学を受験すること。「仮面」とは、大学に在籍し学生の仮面を被っている立場を指して言い、「実質的には浪人」のためこう表現する。

このパンフレットのどこをどう読んでも、11月の推薦入試で合格しても、同じ年度の一般入試で別の大学も受験可能、としか読めず、このパンフレットから「いったん入学して翌年に」という意味合いは読み取れません。

いいかげんにしてください。デマや憶測は排除して、事実だけをもとに大学設置の妥当性について検証するべきです。

嘘も方便」は許されません。

新設の大学として設置基準を満たしているのか、それだけを公平に判断すべきで、新設獣医学部がFランクだとかデマを飛ばして大学そのものを誹謗中傷して潰そうとするのは国会議員のすることではありません。

東大などだけを優遇するのではなくて、私立大学なども大学側の努力を暖かく見守るのが国会議員の立場ではないのでしょうか。

デマを飛ばして、何も知らない人や、ただただ安倍晋三が嫌いな人たちを煽るのはやめてください。

民進党加計調査チーム「桜井充 仮面浪人デマ」を完全論破する

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 

おすすめ人気記事(計30日間)



sponsored link

カテゴリー

当ブログの加計事件の解釈と同じ内容です。
ぜひ、お読みください。