以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

カラテカ入江さんが振り込め詐欺グループの忘年会に参加して吉本契約解消…救済されない振り込め詐欺救済法

time 2019/06/07

カラテカ入江さんが振り込め詐欺グループの忘年会に参加して吉本契約解消…救済されない振り込め詐欺救済法
この記事の所要時間: 533

(画像は2015年6月のNHKニュース)

お笑いコンビ・カラテカの入江慎也(42)さんが、振り込め詐欺グループの忘年会に出席していたことが発覚、所属していたよしもとクリエイティブ・エージェンシーを6月4日付で契約解消となったそうです。

7日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で、詐欺グループの忘年会に同社所属芸人の出席を仲介したことが報じられています。

sponsored link

振り込め詐欺グループからギャラをもらっていた

2015年6月に男女計40人が逮捕された大掛かりな振り込め詐欺グループの摘発があり、その詐欺グループが2014年の年末に行った忘年会に、会社を通さず依頼を受け出席(いわゆる闇営業)、同社所属芸人の出席も仲介したということ。

この詐欺グループの忘年会に出席していたのは、入江さんを始め、雨上がり決死隊の宮迫博之さん、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さん、レイザーラモンHGさん、ガリットチュウの福島善成さんらだということで、有名人ばかりです。

入江さんだけが契約解消で、他4人は厳重注意とされたのは、他のメンバーは入江さんに仲介されただけで詳しくは知らなかったという事情のようです。

入江さんについては、知り合いの結婚式を兼ねたパーティーだと聞かされており、 自身はその知り合い・グループが特殊詐欺を行っていたことは知らなかったと釈明したようです。しかし、入江さんが特殊詐欺グループと深い交流があったのは事実で、事態を重くみた事務所側は 今月4日付で契約解消としました。

この5人の芸人さんに特殊詐欺グループからギャラがいくら支払われたのかは明らかではありませんが、有名芸人を5人も呼ぶ忘年会とは、なんとも豪華な話です。

このことを指摘している報道はありませんでしたが、入江さんら5人が闇営業で受け取ったギャラは、特殊詐欺グループがお年寄りなどから騙し取ったお金です。

「今年もカモを騙して儲かったぜ」と忘年会で豪遊している特殊詐欺グループから、被害者から騙し取ったお金をもらっているわけですから、暴力団とつながりのあるケースと同じように、社会的にもっと批判されるべき事件です。



カラテカ入江解雇理由の詐欺事件とは?

2015年6月16日、警視庁は、大型詐欺グループの新大久保や台東区の東京都内のアジト4カ所を一斉に摘発し男女40人を逮捕しました。

このとき逮捕されたのは、グループの統括や詐取金の分配担当の金宣秀容疑者(38)=東京都新宿区大久保1=と住所不詳、無職、大野春水容疑者(当時27)を含め40人です。

逮捕容疑は2014年11月頃、奈良県の女性に対し実在する証券会社の社員などを装って社債を高値で買い取るなどと、嘘の電話をかけ現金500万円を騙し取った疑いです。ただし、これは立件するための被害にすぎず、実際にはもっとたくさんの数え切れないほどの特殊詐欺を行っていると思われます。

その後、2016年2月には、グループのトップで住所不詳の会社役員、小林宏行容疑者(当時28)と、同じくトップで住所・職業不詳、高松聡容疑者(当時28)も逮捕されています。一連の事件の逮捕者は48人にものぼりました。

小林容疑者らは10人程度からなる詐欺の電話をかける「架け子」グループを5つ以上統括。平成25年末ごろからの1年半で200人以上から40億円超をだまし取り、経営するエステサロン関連会社などに詐取金を流用していたとみられる。(産経ニュース 2016.2.24)

警視庁は、これまでも振り込め詐欺グループのアジトを特定、一斉に急襲する方法で検挙を続けています。しかし、イタチごっこでなかなか振り込め詐欺は撲滅されません。



救済されない振り込め詐欺救済法

いわゆる振り込め詐欺、特殊詐欺は罰則が軽すぎます。何より問題なのは、逮捕されて処罰されても、詐取したお金は最終的に犯人の手元に残ることです。

通称「振り込め詐欺救済法」という法律が2008年に施行されています。

  1. 被害者の方がおひとりで、かつ対象の犯罪利用口座にお振り込みされた総額が当該口座に滞留している場合、被害金は全額支払われる予定です。
  2. 犯罪利用口座に滞留している残高が被害金の総額より少ない場合には、金融機関は口座残高を超えて被害金の支払を行うものではありません。またこのうち、被害者が複数の場合には、被害者間で振込金額に応じ按分することとなります。このような場合など、被害金全額の支払ができない場合がありますので、ご了承ください。(全国銀行協会 振り込め詐欺救済法とは)

この法律は、犯人が検挙されたときに銀行口座に被害者が振り込んだお金が残っていた場合に、被害者にそのお金を戻すための法律です。

お金が銀行口座に残っていなければ、被害者はまったく救済されません。

犯人は、被害者が振り込んだことを確認するとすぐに引き出しているケースがほとんどです。警察がアジトを急襲して検挙するケースでのみ、犯人が不意をつかれてその日の振込金額残高を残してしまいますが、それ以前のお金は、すでに犯人が引き出してしまっています。そうした被害者のお金の一部が、入江慎也さんや宮迫博之さん、田村亮さん、レイザーラモンHGさん、福島善成さんらの懐に入っているともいえるわけです。そうしたことを考えると、今回のカラテカ入江さんの社会的責任は大きいと思います。

被害者が被害金を取り戻すためには、この悪質な犯人らを相手に民事訴訟を起こさなければなりません。仮に民事訴訟に勝ったとしても、自分で取り立てなければなりません。

ほとんどの振り込め詐欺集団のバックには、暴力団組員や元組員がついていると考えられます。このような確信犯的な悪人から、高齢の被害者が被害金を取り戻すことは、実質的に不可能です。ほとんどは泣き寝入りで、犯人たちは刑期を終えれば、詐欺で儲けたお金を自分のものにできることになります。

裁判所なり検察なりが、犯人たちに刑事罰を与えるときに、犯人たちの資産も差し押さえて、強制的に被害者に弁済するような仕組みを作らない限り、やったもん勝ち、ボロ儲けの現状なのですから、このような特殊詐欺は永遠になくならない、というのが個人的な感想です。

created by Rinker
¥1,760 (2019/10/14 20:01:34時点 Amazon調べ-詳細)

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索

この検索窓は以下略ちゃんが参加しているアマゾン・アソシエイトです。

楽天