Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

“百田尚樹氏『日本国紀』の「朝鮮人虐殺」記述の過ち”という記事の著者の本のベストレビュー

time 2019/04/11

“百田尚樹氏『日本国紀』の「朝鮮人虐殺」記述の過ち”という記事の著者の本のベストレビュー
この記事の所要時間: 320

sponsored link

「小学校四年生の子供」による「絵」を使用した装丁に問題あり

立憲民主党の有田芳生参院議員がツイートしている記事。

この記事に関する意見は次のとおりです。

この著者の本に付いたベストレビューに共感しましたので、引用しておきます。

#N/A
殿堂入りベスト500レビュアー
ちゃんとした「資料」「証拠」を軸にして、書いてほしいのだが・・・・。
2014年6月17日
「関東大震災朝鮮人虐殺事件」というものに真摯に取材・考察して書かれた最新の本ということだったので、書店で内容確認をして買ってみました。
関東大震災直後についての本は今までにもかなり出版されていて、様々なものがありますが、私は学校の社会科の教科書でその凄惨さを知り、ずっと関心を持ってきました。
いきなり結論から言いますと、本書の記述内容も“私が”納得できるようなものではありませんでした(大変残念です)。震災直後のことについては、まともな資料は残っていません。
それは「間違いないと思います」・・・ではなく、「間違いない」です。著者は最近のヘイトスピーチなどからも触発されて、本書を執筆したようですが、それでも「新資料」が出てきていたりするわけではありません。
まず、著者の「個人的な感情」と、「誘導的な結論」がしっかりあった上で、本書が書かれていたのは、本当に残念です。
そういう意味でも私はこれまで出てきた本と比較しても(工藤美代子さんの著作と比較しても)、どうしても高い評価をすることが出来ないです。私が中学生の時に関東大震災を経験された方から直接聞いた話では、朝鮮人の集団が暴力を振るっていたので必死で逃げたということを詳しく聞いた経験があります。あの時代に関東での大震災ですから、それはそれは修羅のごとき非人間的行為は、人種に関係なくあったのかもしれません。
しかし如何せん、当時の経験者による証言以外のまともな資料は、本当にほとんど無いです。ですから、本書においても「真相」は「おあずけ」だ、というのが事実だと思います。
【追記】
本書の表紙絵に、震災直後に実際に見た光景として、「小学校四年生の子供」による「絵」が使用されています。
しかし、苦言を呈すならば、こうしたことを出版社も著者も、絶対にやってはいけません。
そんな子供に当時の光景の詳細はわかりません。
倫理的観点からも、こうした装丁行為は許されるものではありません。
著者の「強烈な作為」と、「無分別さ」を痛感したことを、どうしても看過できないことでしたので、思いきって「追記」として書かせていただくことにします。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索

この検索窓は以下略ちゃんが参加しているアマゾン・アソシエイトです。

楽天