以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ブログ

民進・野田幹事長「蓮舫『長島と細野は最低』発言の真意は『残念だ』」のブーメランがレベル高すぎ

time 2017/05/16

民進・野田幹事長「蓮舫『長島と細野は最低』発言の真意は『残念だ』」のブーメランがレベル高すぎ

sponsored link

蓮舫代表の言葉の問題点について

 

長島氏・細野氏の対応「最低だ」…蓮舫氏が批判

民進党の蓮舫代表が、5月14日に、長島さん、細野さんを「最低だ」と批判したと報じられました。

民進党の蓮舫代表は14日、熊本市で開かれた党会合で、4月に離党届を提出した長島昭久・元防衛副大臣や代表代行を辞任した細野豪志・元環境相の対応について、「最低だと思っている」と厳しく批判した。(YOMIURI ONLINE 2017年05月15日 07時38分)

 

野田幹事長が、蓮舫発言を、「最低だ」とは「残念だ」の意味と擁護

野田佳彦幹事長が15日午後に定例の記者会見を国会内で開きました。

この記者会見で、フリーランスの安積明子記者が、蓮舫代表の「最低だ」発言について質問、

野田幹事長は、落ち着いた口調で、「最低だ」というのは「残念だ」という真意だろうと釈明しました。

(文字起こし、以下略ちゃん)

17分34秒頃から
安積記者「フリーランスの安積です。昨日なんですけども、熊本県の党の会合で、蓮舫代表がですね。離党されました長島さんと、それから代表代行を辞任されました細野さんを、「最低だ」と言ったと報道がありました。これまでも、蓮舫代表はですね、岡田前代表のことを「つまらない男」と言ったりということで、あまりこう、言葉についてちょっと無責任なところの発言というのが、垣間見られる所なんですけども、これについてどう思われるのか?」

野田幹事長「ちょっと発言の真意とか、どういう状況でお話されたかは、私は掌握していませんけれど、意味するところは「残念だった」ということなんだろうというふうに思います。表現の仕方はよく練って、きちっと伝えなくてはいけないと思いますよね。真意は「残念だ」と、いうことに尽きるんだろうというふうに思います」

 

「最低な男」でも「残念な男」でも意味は変わらない

ネットで「最低」について調べてみました。

さい‐てい【最低】 の意味
出典:デジタル大辞泉
[名・形動]
1 高さ・位置・程度などがいちばんひくいこと。「一日の最低の気温」⇔最高。
2 物事の状態などがもっとも望ましくないこと。きわめて質の劣ること。また、そのさま。「今度の試験は最低だった」「あいつは最低な男だ」⇔最高。

いっぽう、「残念」の意味は、

ざん‐ねん【残念】 の意味
出典:デジタル大辞泉
[名・形動]
1 もの足りなく感じること。あきらめきれないこと。また、そのさま。「残念なことをしてくれた」
2 悔しく思うこと。また、そのさま。無念。「負けて残念だ」
3 俗に、すぐれた素質や長所などをもちながら、それが発揮できなかったり、相殺されるほどの大きな短所を併せもったりしているさま。また、単に、良くないさま。「残念なアイデア」

辞書で、「最低」には「残念」の意味があるのかは微妙なところです。

 

蓮舫代表の言葉の問題点はそこではない

でも、蓮舫代表の言葉が、品のない発言のように感じてしまうのは、以下略ちゃん的には、そういうことではないように思います。

それは、蓮舫代表の発言の「最低だ」は、「最低な男」の「最低」の用法だからなのです。

この場合は、「最低な男」を「残念な男」に言い換えたとしても、品がない発言であることは変わりません。

自分にはまったく責任がないと、ただただ相手をなじるだけの言葉だからです。

党が分裂したり、離党者が出ている現状は、党の代表にも責任がないはずがありません。それを、「最低な男」みたいに相手を切り捨てるだけ、相手を非難するだけなのが、どうしようもなく下劣な発言に見えてしまうわけです。

責任ある立場の人間の発言ではないわけです。

これを、野田幹事長は「残念だ」という意味だと擁護するわけですが、野田幹事長の言う「残念だ」は、あくまでも発言者の感想としての「悔しく思うこと。また、そのさま。無念」の意味であり、この場合は「自分側の反省」も表現できているので穏やかに感じるにすぎません。

野田幹事長の「残念だ」には、責任者としての自戒の意も含まれているわけです。しかし「残念な男」には、そういう意味は感じられません。ただただ浅はかな発言に見えてしまいます。

そうした品性のない自分勝手な蓮舫代表の言葉の本質から、野田幹事長はうまく話をすり替えているようです。

 

やっぱりオチはブーメラン

つづけての、日経新聞の林記者の質問に壮大なるブーメランを感じたのでした。

(文字起こし、以下略ちゃん)

22分頃から
林記者「日経新聞の林です。共謀罪の質問に戻るんですけども、安倍首相が『そもそも』の意味は『基本的に』ということだ辞書で調べました、と答弁したことについて、山尾さんや初鹿さんから異論が出て応酬となっていますが、野田幹事長は、この議論をどう見ていらっしゃいますか?」

野田幹事長「どう見て、と言われてもですね、だいたい、うかつな使い方をした人が、一生懸命、苦し紛れの言い訳をね、三段論法でやってきてる話でしょう。素直にね、表現の仕方を間違ってましたと言えば済む話じゃないですか。そもそも、それだけのことだと思います」

 

そうそう、素直にね、表現の仕方を間違ってましたと言えば済む話ですよね。

 

民進党・野田幹事長定例会見 2017年5月15日

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 

おすすめ人気記事(計30日間)



sponsored link

カテゴリー

当ブログの加計事件の解釈と同じ内容です。
ぜひ、お読みください。