以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

朝日新聞がNHKから国民を守る党に冷たい理由は憲法改正?

time 2019/07/24

朝日新聞がNHKから国民を守る党に冷たい理由は憲法改正?
この記事の所要時間: 350

7月21日の参議院選挙で、契約者だけがNHKを視聴できる仕組み「スクランブル放送」を公約に立候補した、「NHKから国民を守る党」(N国党)の立花孝志さんが、比例区で当選しました。

さっそく、朝日新聞が、政府側の言質を取ろうとしているように見えます。

sponsored link

朝日新聞がスクランブル放送の是非について質問

7月23日午後の菅官房長官記者会見で、朝日新聞記者が、「NHKから国民を守る党」の当選と「スクランブル放送」について、政府の立場を質問しました。

文字起こし

朝日新聞記者「NHKのスクランブル放送についてうかがいます。今回の参院選でNHKから国民を守る党が議席を獲得しました。この政党はNHKの放送を受信料を支払った人だけが視聴できるスクランブル放送の実現を訴えています。政府として、このスクランブル放送の是非については、どのように考えているでしょうか?」

菅義偉官房長官「NHKの主な財政基盤は受信料としているのは、公共放送の社会的使命を果たすために、必要な財源を広く国民、視聴者全員に公平に負担いただくことが適当とされているためであります。NHKの放送スクランブル化するということは、こうした公共放送としてのNHKの基本的性格に影響を及ぼすこととなり、慎重な対応が必要と思っております」

朝日新聞記者「この政党は、スクランブル放送の実現に政府与党が協力すれば、憲法改正に賛成するとの考えを示しました。安倍政権は憲法改正の議論を本格化させようとしているわけですが、こういった主張についてはどのようにとらえているでしょうか?」

菅義偉官房長官「まず憲法審査会においては、与党野党とわず各党の考え方をですね、示したうえで建設的な議論をおこなって国民世論につなげていく、ということだというふうに思います。政府としては、各党、各派へのご議論を見守っていきたい、こういうふうに思います」(2019年7月23日午後 菅官房長官記者会見)



スクランブル化に協力すれば憲法改正に賛成する

個人的には、朝日新聞は「NHKから国民を守る党」にあまり好意的ではなく冷たいように見えるのですが、これが原因なのかもしれません。

「スクランブル放送の実現に政府与党が協力すれば、憲法改正に賛成する」ということなので、N国党は改憲勢力だと考えているのでしょう。

 

ツイッターの意見

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索

この検索窓は以下略ちゃんが参加しているアマゾン・アソシエイトです。

楽天