Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

東京五輪中止設定の映画公開危機の炎上商法に釣られる国会議員?「ボーッと生きてんじゃねえよ」

time 2019/02/16

東京五輪中止設定の映画公開危機の炎上商法に釣られる国会議員?「ボーッと生きてんじゃねえよ」
この記事の所要時間: 66

斎藤工 主演映画が公開危機 東京五輪中止の設定に「お叱りが…」、という2月12日のディリースポーツの記事を読みました。

sponsored link

「麻雀放浪記2020」国会議員の圧力で試写会ができない?

俳優の斎藤工さんが、主演の映画「麻雀放浪記2020」(4月5日公開)が“公開危機”に陥っていると語ったという記事です。

1月31日に国会議員の麻雀議連限定試写を開いた際、東京五輪が中止となる映画の設定に“クレーム”が入り、斎藤は「(公開中止になる可能性が)あります」と渋い顔。マスコミ向けの試写は行わない方針で「設定自体がお叱りを受けています。試写をしてしまうといろんな指摘を受けて、(公開予定が)ゼロになる可能性もあるので、強行していきたいなということですよね」と内情を明かした。 (デイリースポーツ  )

「東京五輪が中止となる映画の設定」に国会議員からクレームがついて、映画の公開が中止になりそうなので、試写会を行わない。と、書いてあるように読めます。

でも、1月末にそんな圧力があったのなら、もうすでにリークされて、安倍政権の弾圧だなんだと騒ぎになっているはずです。

国会議員の圧力の話のネタ元は俳優の斎藤工さんだけのようですし、どうもこの記事は胡散臭いものを感じてしまいます。炎上商法の宣伝ではないでしょうか。そんな感想をツイートしてみました。



「政治家の圧力に屈してはなりません。試写会ができないことは異常です」

このディリースポーツの記事にすばやく反応したのが有田芳生 参院議員です。

有田芳生議員は、この記事をそのまま鵜呑みにされているようで、「政治家の圧力に屈してはなりません。試写会ができないことは異常です。」と、お怒りのツイート3連発です。

「試写会ができないことは異常です。どんな圧力を誰がかけたのか」と、自民党議員の犯人探しをメディアがするようにけしかけています。



マカオ国際映画祭でもデマを流して謝罪

優秀なフォロワーさんが、いろいろと情報をくれました。

「麻雀放浪記2020」は、昨年12月に、マカオ国際映画祭で「過激だから出品禁止させられた」とデマを流して東映が謝罪文をHPに掲載したという出来事があったようです。

お詫び 映画「麻雀放浪記2020」のマカオ国際映画祭に関する記事について(魚拓)

「宣伝目的で過剰に演出された表現や、思い込みと確認不足による誤りが多々ありました。」「映画祭の名誉を著しく傷付ける記述がございました。」「マカオ国際映画祭に関わるすべての方々に、深く謝罪いたします。また、二度とこのような間違いを起こさないことを誓約いたします。」と、お詫び文は記載しています。

どうも、この映画、「麻雀放浪記2020」は「過激だから」というネタ設定を利用して、炎上商法的な宣伝をしている疑惑があります。



毎日新聞が、「麻雀放浪記2020」の炎上商法を暴く

この件に関して、毎日新聞が、「麻雀放浪記2020」の炎上商法を暴く記事を書いているようです。

毎日新聞の記事によると、やり玉に挙がったのは自民党国会議員有志の「スポーツ麻雀議員連盟」の秋元司 衆院議員らしく、有田芳生 参院議員の怒りのツイートの影響もあり、「五輪中止の設定に注文をつけた」「圧力をかけた政治家ではないか」と指摘されていました。

ところが、1月31日の議員向け試写会じたいが、配給会社の東映側から依頼を受けて「協力しよう」ということになって開かれたものだったようです。

宣伝担当者は取材に「政治家からの圧力は一切受けていない」と明言した。騒動の広がりに困惑し、14日には秋元氏に謝罪と説明の電話をしたという。

(中略)

斎藤さんの説明について担当者は「リップサービスとしかいいようがない。ジョークですね。映画も風刺、ブラックジョークです」と語った。

(中略)

斎藤さんの所属事務所は「公開危機」の臆測を呼んだ12日の説明について、毎日新聞の取材に、東映を通じて「実際にそのような発言をしたが、圧力を受けた認識はない」と回答した。 (毎日新聞 2019年02月15日)

やはり、これも炎上商法だったようです。

 

「ボーッと生きてんじゃねえよ」、この言葉は、炎上商法にすぐに釣られる国会議員さんに贈りたいと思います。

created by Rinker
¥216 (2019/03/21 11:40:41時点 Amazon調べ-詳細)

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索

この検索窓は以下略ちゃんが参加しているアマゾン・アソシエイトです。

楽天