以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

前川喜平氏の中学校の講演招致問題、すべてを爆破する裏ツイッター垢の破壊力

time 2018/03/21

前川喜平氏の中学校の講演招致問題、すべてを爆破する裏ツイッター垢の破壊力
この記事の所要時間: 658

3月20日(1995年)は地下鉄サリン事件の日

sponsored link

靖国神社を「カルト神殿」と称して、「安倍晋三首相を麻原彰晃死刑囚とならべて」語る極左思想疑惑

教育基本法 第14条の2項に違反している疑い

名古屋市立八王子中学で前川喜平氏を講師に招いて授業が行われたのは2月16日から18日にかけてのことでした。

この前川喜平氏の公立中学校での授業について、文科省が内容を質問していたことを、なぜか、マスコミなどが激しく批判しています。

愛知県の大村秀章知事も、「このような国による教育現場への理由無き介入・口出しは、まさに言語道断です」とツイートしています。

 

「理由がない介入」ならば、たしかに問題でしょう。

「理由がない」ならね。

 

前川喜平氏の「面従腹背」裏ツイッター

そんな、騒動の中、前文部科学事務次官の前川喜平氏のものと思われる、「面従腹背」裏ツイッターアカウント「右傾化を深く憂慮する一市民@brahmslover 」が、2ちゃん(5ちゃん)ねる掲示板に暴露されたのは、3月16日(金)のことです。

おそらく、このツイッターアカウントのことを以前から知っていた人物が、今回の騒動を見て、ネットにリークしたものと思われます。

このアカウントは、2月16日に八王子中学校で授業をしたとツイートしています。この日、八王子中学校で授業をしたのは、前川喜平氏、その人です。

99%、前川喜平氏の裏アカウントと思われる(残りの1%は前川喜平氏のスタッフの可能性)このツイッターは、政治的に驚くべき極左思想のアカウントでした。

そのツイート内容に、すぐにネットでは大騒ぎになりました。

例えば、このツイートひとつだけを見ても、政治的に問題のある思想の人物だということがわかります。

靖国神社を「カルト神殿」と称して、「安倍晋三首相を麻原彰晃死刑囚とならべて」語っています。

このような政治的に偏った思想の人物が、その思想を隠して義務教育の場の公立中学で授業をするとしたら、本当に問題がないのでしょうか?

 

このアカウントは、「竹島」についても独自の思想を展開しています。

「竹島はわが国固有の領土だ」というのは日本政府が主張しているだけ、と文科省が指導しないのはファシズムだそうです。

言い回しがややこしいですが、要するに「竹島が日本領と言っているのは日本政府の主張で、韓国では韓国領と考えていることを配慮しろ」という意味です。

これが義務教育にふさわしい指導でしょうか?

その他、「君が代反対」「天皇制廃止」など、本人は正しいと思っているのでしょうが、どうみても偏っているとしか思えないツイートが並んでいます。

この人は、こうした内容を官僚時代に、こっそりとツイートしていた疑いがあるのです。

「百田尚樹は、あたまおかしい」前川喜平氏ツイッターを厳選27個のツイートで読み解く

 

教育基本法 第14条の2項に違反している疑い…教育基本法

教育基本法では次のように定めています。

  • 第十四条 良識ある公民として必要な政治的教養は、教育上尊重されなければならない。
  • 2 法律に定める学校は、特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない。

「面従腹背」が、前川喜平氏の座右の銘だそうです。

面従腹背=表と裏の顔が違う人、ということです。

そのような人物がどのようなきれいごとを言おうと、信用ができないと考えるのは当然です。

このツイッター裏アカウントが発見されてしまった以上、教育基本法 第14条の2に違反している授業が行われる可能性を否定できません。

どのような指導が義務教育の場で中学生に行われたのか?

文科省の調査と、保護者への授業内容の公開が必要なことは明らかです。

 

特定の政治色がある疑い

 

この裏アカウントと相互フォローになっている東京新聞の望月衣塑子記者

ほんの数人しかいない相互フォロー(ツイッターでお互いにフォローし合うこと)の望月衣塑子記者が、「右翼の自民党代議士が政治力を振りかざして教育に介入した」というような印象操作をしようとしています。

 

「面従腹背」授業、生徒に聞かない自由はある?

前川喜平氏が安倍晋三首相に反旗を翻したというだけで、一部のマスコミはヒーローのように持ち上げています。

反安倍晋三というだけで、いい人のように持ち上げて、義務教育の場で講演をさせるのはおかしな話です。

きちんと、こうした偏った極左的な思想の人物であることを明らかにした上で、保護者の許可を受け、希望者にだけ授業を受けさせるというのが筋ではないでしょうか。

 

NHKが前川喜平氏の「面従腹背」授業を擁護、その裏にあるものは?

blog.livedoor.jp
404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています
https://blog.livedoor.jp/catnewsagency/archives/30407848.html

 

特定の思想の人たちとの交流が目立つ前川喜平氏

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索

この検索窓は以下略ちゃんが参加しているアマゾン・アソシエイトです。

楽天