以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ブログ

小池都知事が7月10日からLED電球をくれるらしい…これって、選挙対策?、ピコ太郎さんとのCMなんて必要?

time 2017/05/31

小池都知事が7月10日からLED電球をくれるらしい…これって、選挙対策?、ピコ太郎さんとのCMなんて必要?

sponsored link

東京都、白熱電球2個とLED電球1個をタダで交換。予算は1個1800円

 

LED電球で家庭の省エネムーブメント?

東京都が都民を対象に、白熱電球2個とLED電球1個をタダで交換してくれる、と発表しました。

「都内のエネルギー消費量の約3分の1を占める家庭部門の省エネルギー対策を一層推進するため、白熱電球2個以上を地域の家電店に持参するとLED電球1個を提供する事業を実施します。この事業により、多くの都民にLED電球の省エネ効果を実感していただき、更なる家庭の省エネムーブメントにつなげていくことを目指します。」

交換は7月10日からだそうです。

事業費は18億円で、用意するLED電球は100万個だそうです。

18億÷100万=1800

1個あたりの経費は、1800円です。ずいぶん高いですね。

 

ダイソーのLED電球は300円

以下略ちゃんが、運悪く、100円均一のダイソーでLED電球が販売され始めたのを見つけて、購入したのがこのニュースを知る前日でした。

もっと早く発表してくれれば、買わなかったのに、と以下略ちゃんは悔しがること、しきり。

でも、交換に行きますよ、白熱電球を持ってね。

昨日、ダイソーで購入したLED電球

100均なのに、LED電球(40ワット相当)は300円なんです。それでもLED電球は、ずいぶん安くなりました。

昔、エコポイントとかいう制度をやっていた時に、エコポイントでLED電球を購入したりしていましたが、あの頃は1個5000円から8000円くらいしていました。

この政策で、一番、儲かって喜ぶのは、LED電球を取り扱っている販売店ですね。

LED電球特需です。バカ売れ必至。代金お支払は東京都ですから、売買代金の回収も問題なし。

これって、東京都議会議員選挙向けのばら撒きですか?

LED電球がダイソーでも売られ始めたいまどき、LED電球交換の政策って、周回遅れなような気もしますが、必要なんでしょうか?

と思わないでもないですが、

タダでくれるというものは、貰いに行きます。

 

違和感あるピコ太郎さんと小池都知事の共演CM

それはさておき、とても違和感があったのは、この小池百合子都知事のCMです。

このCMを見た瞬間、高須クリニックのCMの二番煎じ、と思ってしまったからです。

高須クリニックの高須院長が、Twitterのフォロワーのアイデアで、ピコ太郎さんとのCMを制作したのが今年2月。

この時のギャラを含めた制作費が数億円とも数百億円とも言われています。

それから3ヶ月しか経っていませんから、東京都のCMの制作費もかなりのものでしょう。

高須院長がピコ太郎さんと共演するのは、民間の高須院長の宣伝なので、いくら費用をかけようと自由ですが、

東京都が税金で、小池百合子都知事がピコ太郎さんと共演するCMを作る必要があるのでしょうか?

なぜ、この時期に、といぶかしがってしまいます。

これって、小池百合子さんの宣伝ですよね。

 

東京都議会議員選挙は、

  • 告示日:2017年6月23日
  • 投票日:2017年7月2日

です。

7月10日からのLED電球の無償交換と小池百合子都知事とピコ太郎さんのCMは、都議会議員選挙対策なんじゃないかと思ってしまうのですが、ひねくれた物の見方でしょうか?

 

これからは蛍光灯とLED蛍光灯との交換の時代

ところで、これから必要なのは、LED電球との交換ではなくて、

蛍光灯と「LED蛍光灯 丸型LED蛍光灯」の交換なのではないかと思います。

家庭で蛍光灯はたくさん使用されていると思います。蛍光灯型のLEDはまだまだ値段がお高いです。

この蛍光灯をLED蛍光灯に交換させる政策こそが、時代にあった新しい政策だと思うのですがいかがでしょうか?

というわけで、白熱電球をLED電球に無償交換するのではなくて、ぜひ、うちの蛍光灯をLED蛍光灯に無償交換して下さい(笑)。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 

おすすめ人気記事(計30日間)



sponsored link

カテゴリー

当ブログの加計事件の解釈と同じ内容です。
ぜひ、お読みください。