以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ブログ

絵に描いたような報道圧力、民進党の小西ひろゆき議員「写真の写り映えが気に入らない訴えるぞ(意訳)」

time 2017/05/27

絵に描いたような報道圧力、民進党の小西ひろゆき議員「写真の写り映えが気に入らない訴えるぞ(意訳)」

sponsored link

 なるほど、日本の報道の自由度ランキングが低い理由は、これか!

 

加工写真ではなくて、写真の「写り映え」に対して税金(政党交付金)使って法的措置?

 

小西ひろゆき氏のツイートの問題点

新聞に名誉毀損の記事あるいは写真が掲載されたのであれば、個別案件に対して黙って民事訴訟を起こせばいいことです。

それなのに、民進党の小西ひろゆき氏は、民進党の党の名前を出し、具体的に問題とする写真を指摘せずに、SNSで「法的措置」を持ち出しています。

これは、対象をわざと曖昧にして、SNS利用者全体への萎縮効果を狙ったものであると思われます。こうした恫喝が、民進党としての方針かどうかは不明ですが、あきらかに報道の自由への挑戦です。「オレに忖度しろ」と言っているように聞こえます。

国際NGO「国境なき記者団」が2017年4月26日に発表した「報道の自由度ランキング」で、日本は評価対象の全180か国・地域のうち、72位で先進7か国(G7)では最下位でした。いままでその理由がよくわかりませんでしたが、こうした国会議員の恫喝が日常的にSNSで行われている現状を目の当たりにして、最下位評価も致し方ないと納得しました。

 

報道の自由度ランク、原因は別にあるのでは?

報道の自由度ランクが低いのは、すぐに「訴えるぞ」と恫喝している権力者がいるからでは?

 

もしかして、この写真かな?


 

直前のツイートは

小西ひろゆき氏が、どの写真にご立腹かは不明ですが、直前にツイートしたのはこの記事ですので、この産経の写真が、新聞社への恫喝ツイートのきっかけかと思われます。

 

品位を貶め人柄が悪く見えるように故意にある瞬間を切り取った写真って、これかな?

 

SNS一般利用者への恫喝目的か?

小西ひろゆき氏は、ネットではイラスト等の素材としても人気です。

訴訟をちらつかせることによって、ネットでのこうした一般利用者のイラストなどにも威圧する目的ではないかとも推測されます。

【注】なお、当ブログの編集方針は、長い物には巻かれろ、です。

当記事は、Twitterのタイムラインに流れてきたツイートをそのまま追っただけで他意はございません。

小西ひろゆき様、当記事がご不満の場合はご一報下さい。ご連絡いただけましたら、以後は、小西ひろゆき様にかぎり、事実をそのまま書くことは避け、謹んで提灯記事を書くように忖度させていただきます。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 

おすすめ人気記事(計30日間)



sponsored link

カテゴリー

当ブログの加計事件の解釈と同じ内容です。
ぜひ、お読みください。