Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

映画「新聞記者」で創作と現実の区別がつかない人が続出 参議院選挙を狙っての公開か

time 2019/07/20

映画「新聞記者」で創作と現実の区別がつかない人が続出 参議院選挙を狙っての公開か
この記事の所要時間: 621

sponsored link

荒唐無稽なデタラメ映画

政治評論家の加藤清隆さんが、望月衣塑子記者 原案の映画「新聞記者」について、「やり方が汚い」とツイートされています。

加藤清隆さんは、映画「新聞記者」が、選挙に向けたプロパガンダだと解釈されているのでしょう。これは、まったくそのとおりで、実際、創作と現実の区別がつかない人が続出しています。



今上映中の「新聞記者」に真実がある?

代表的なのが、この二人の総理大臣経験者です。

自分が総理大臣だった時になかったことを知っているのに、どうして架空の映画を見ただけで信じてしまうのでしょうか。

内閣情報調査室(内調)の職員がネトウヨアカウントを偽装して、政権に対立する人への中傷を書き込んでSNS工作をするなどということはありえません。ツイッターというのは時間の浪費です。またたくまに時間が過ぎていきます。忙しい内閣情報調査室の職員がそのような非効率的なことをするヒマがあるはずがありません。

根拠のないネットのデマを映画「新聞記者」は、そのまま採用してしまっています。



映画だから採用したウソを「望月衣塑子記者原案」でリアルと錯覚させている

この映画「新聞記者」の最大の問題点は、実際に起きた出来事を連想するネタに事実でない思いつきの内容を都合よく加えているにもかかわらず、「東京新聞の望月衣塑子記者原案」として、あたかも取材に基づいて作られたリアルストーリーであるかのように錯覚させていることです。

映画は、原作とされる本「新聞記者」の内容とは、似ても似つかないストーリーです。しかし、「東京新聞の望月衣塑子記者原案」と付けられているので、取材に基づいているものと錯覚する人が続出しています。

 

個人的には、良質なおもしろい、架空の物語の映画コンテンツはどんどん増えてほしいと思っています。

でも、映画「新聞記者」は、ちょっと問題があるのではないかと感じてしまいます。新しい「フェイク」の手法ではないかと思うからです。

 

この映画には、加計学園疑惑、TBS記者準強姦疑惑、省庁文書改ざん問題などを連想させるような要素が出てきますが、いくつものウソ(現実にはなかったこと)が描かれています。

「加計学園の施設で生物化学兵器を研究している」というのは、かつて加計学園反対派の活動家が妄想からネットに流したデマです。そのような事実はありませんでした。これをそのまま採用してしまっています。

根拠のないデマでも、架空の映画であればそのまま使える。

でも、それを真実であるかのように宣伝するのは、フェアではありません。

 

映画「新聞記者」は、フィクション(想像によって架空の筋や事柄をつくること)だとされていますが、多くの人がノンフィクション(創作や虚構のまじらない記録映画)であるかのように伝えています。

これは映画製作者側にも、大きな問題があります。

 

映画の本質は「陰謀論」

「一般的によく知られた事件や歴史の背後に別の策略があったとする、信憑性に乏しい説」を「陰謀論」といいます。

この映画の本質は「陰謀論」です。

映画の世界は現実ではありません。



「誰よりも自分を信じ疑え」

「誰よりも自分を信じ疑え」は映画の中の言葉です。

その言葉はそのままブーメランとなって映画「新聞記者」に返っていきます。

 

眼の前の架空の映画も信じてしまったらダメです。それは面白い映画にするために「陰謀論」で作られたウソの話です。映画の中だけで楽しむものです。

映画自体は単なるトンデモなんだけど、これをリアルに感じちゃう人達が怖いのは「自分達は絶対に正しいのだから自分達への批判は何かの陰謀によるもの」という前提に立ってるとこ

というネットの意見が秀逸です。

 

映画も疑わなくてはね。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索

この検索窓は以下略ちゃんが参加しているアマゾン・アソシエイトです。

楽天