Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

立憲民主党「東京新聞記者の質問制限は国民の知る権利を狭めるもので容認できない」⇨「辻元清美の外国人献金について国民の知る権利を」のリプ集まる地獄

time 2019/02/06

立憲民主党「東京新聞記者の質問制限は国民の知る権利を狭めるもので容認できない」⇨「辻元清美の外国人献金について国民の知る権利を」のリプ集まる地獄
この記事の所要時間: 417

sponsored link

国民の『知る権利』を狭めるもので、決して容認できない

立憲民主党の公式アカウントが2月6日、「東京新聞記者の質問制限」(共同通信)「意に沿わない記者を排除するような申し入れは国民の『知る権利』を狭めるもので、決して容認できない」とツイート。「国民の知る権利」について熱く語りました。

ヤフーのニュースをそのままツイートするとこのようになります。

新聞労連が首相官邸に抗議 「東京新聞記者の質問制限」(共同通信) – Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000158-kyodonews-pol @YahooNewsTopics

つまり、「意に沿わない記者を排除するような申し入れは国民の『知る権利』を狭めるもので、決して容認できない」の部分は、立憲民主党アカウントが付け加えたオリジナルな主張ということになります。



すると、このツイートに「国民の知る権利」を求めて、夕刊フジのスクープ「立憲民主党の辻元清美国対委員長の政治団体が、韓国籍の男性弁護士から『外国人献金』を受けていたこと」について詳しく知りたいと、国民のみなさんがぞくぞくと夕刊フジの記事を貼り付けています。

立憲民主党では、「国民の知る権利」を満足させてくださるのでしょうか。



sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索

この検索窓は以下略ちゃんが参加しているアマゾン・アソシエイトです。

楽天