以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ブログ。小学4年生()でもわかる!

森友文書、望月衣塑子記者のひっかけ質問【文字起こしと感想】菅官房長官記者会見3月13日午後

time 2018/03/14

森友文書、望月衣塑子記者のひっかけ質問【文字起こしと感想】菅官房長官記者会見3月13日午後

3月13日(火)午後の菅官房長官記者会見での東京新聞 望月衣塑子記者の質問全文です。

sponsored link

財務省「森友文書」書き換え問題

佐川氏の答弁内容はあらかじめ政府が知っていた?

望月衣塑子 記者
東京望月です。

森友文書ですが、290箇所に及ぶ改ざんが指摘されておりますが、政府としては佐川氏の昨年 2月以降の答弁は、新たな決裁文書によると虚偽の答弁だったというご認識で良いのでしょうか?  お答えください。

菅官房長官
この、いまご質問いただきましたその答弁でありますけども、国会のご要請に対しては政府としてはできるかぎり真摯に対応していくというのは、ここは当然なことでありまして。今回の文書の書き換えはですね、大変遺憾な事態であり、政府として国会の答弁は国民の信頼が得られる、できるかぎり丁寧に説明を行う必要があるというふうに思ってます。

(事務方「この後の日程がありますので、次の質問最後でお願いします。」)

望月衣塑子 記者
東京望月です。

ご認識がちょっとよくわからないんですがいいです。

もう一個、佐川氏の答弁ですが、これいずれも内閣に関わっていることなので、財務省の事務方が作成する答弁のいわゆる想定問答は事前に内閣官房の了解を得ていると思われますが、先に決裁文書を書き換え、答弁の前に準備しておかなければ佐川さんの答弁はできなかったのではないかと思うんですが、この点、どのようなご認識でしょうか?

菅官房長官
あのー、そうしたことについては、政府としては事前にということはありません。

 

感想

佐川氏の答弁内容はあらかじめ政府が知っていた?

この望月衣塑子記者の質問は、おそらく3月13日の財務省「森友文書」改ざん問題野党合同ヒアリング での逢坂誠二議員の発言の受け売りですね。

質問の狙いが透けて見える

最初の質問は、「佐川氏の答弁は虚偽」だと政府に認めさせようとしています。

次の質問で、「その答弁内容を政府が知っていた」と認めさせようとしています。

この2段構えで、「佐川氏の虚偽答弁は政府の責任だ」ということを菅官房長官に言わせようとする質問です。

野党合同ヒアリングでの質問と同じ内容

この動画の1時間24分31秒頃から、逢坂誠二議員が、「国会答弁の想定問答の紙は、官僚がどういうプロセスで作るのか詳しく教えてほしい」と質問しています。

佐川理財局長の答弁は政府に相談しているのではないか、あらかじめ政府が知っていたのではないかという主旨の質問です。おそらく、佐川氏が誤った内容を答弁したのは政府もグルだったというふうにしたいのでしょう。

これに対して「大臣の答弁であれば、官房や秘書官も見ます。しかし局長の答弁であれば局長が責任を持って答弁をするものなので理財局以外の者がチェックをするということはない」と否定されてしまっています。

このヒアリングの場に望月衣塑子記者もいたものと思われます。

ずうずうしくも、「すでに否定された内容のもの」を望月衣塑子記者は、ふたたび菅官房長官に「内閣官房の了解を得ていると思われますが」と、ひっかけ質問をしているのです。

あえなく菅官房長官にあっさり否定されてしまっていますね。

財務省「森友文書」改ざん問題野党合同ヒアリング 2018年3月13日

財務省「森友文書」改ざん問題野党合同ヒアリング 2018年3月13日

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索