以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ブログ。小学4年生()でもわかる!

【質疑文字起こしと感想】望月衣塑子記者しんぶん赤旗引用で偏向質問、政府はドタキャン発言で官房長官怒る16日午後

time 2018/01/16

【質疑文字起こしと感想】望月衣塑子記者しんぶん赤旗引用で偏向質問、政府はドタキャン発言で官房長官怒る16日午後

sponsored link

「政府側がドタキャン」発言 1月16日午後

2018年1月16日(火)午後の菅官房長官記者会見での東京新聞 望月衣塑子記者の質問全文です。

共産党の小池氏の発言をもとに政府批判

望月衣塑子 記者
東京望月です。

ICAN(アイキャン)の事務局長が求めていた安倍首相との面会を、まあ、政府が断ったという関連での質問です。

えー昨日、共産党の小池氏が会見の場で、18日まで事務局長は日本にいると、首相は17日に帰国するということで会えるのではないかと、これだけですね、被爆者の運動が国際的に評価され、ノーベル平和賞を受賞できた、日本の首相であれば心から喜ばなければならないのではないかと、相手側が会いたいと言っているにかかわらず会わないというのはどういうことなのかと、恥ずかしいというような会見でご発言出ております。

これ日程調整をですね、なんとかして、この核なき平和を互いに前進させるためにも、予定を変えてですね、会うということを検討していないのか、また首相が会えない場合ですね、ナンバー2である菅さんご自身がICANの事務局長と会うということはご検討していないのか、お聞かせください。

菅官房長官
えー、まず、私はナンバー2でもありません。

いずれにしろこの件については昨日も質問があって、昨日答えた通りであります。

「政府側がドタキャンをした」の既成事実化ねらう?

望月衣塑子 記者
東京望月です。

まあ、あくまでも日付の関係だというご説明だけでしたけれども、まさにこのノーベル賞を取ったこの団体をある意味、敬意を持って受け入れるためには、日本の首相が会わないのではなく、会うことのほうがより世界にですね、メッセージが発信できるのではないかと思うんですが。

今回のこともふまえまして、そして一昨年の11月の時にですね、国連人権委のデビッド・ケイさん、特別報告者が、

(事務方「質問は論点を絞って簡潔にお願いします。」)

菅さんや高市総務相とご面会をしたいという時も政府側がドタキャンをしたという経緯がございました。

こういうことをふまえまして、やはり政府、国際的にですね、高く評価されている方々と、やはり政府の要職にある方々がきっちりと会って、お話をし、世界にメッセージを発信していくということの必要性というのはどの程度いま政府は真剣に考えているんでしょうか。

菅官房長官
まず、ドタキャンなんかしてません。

事実に基づいて質問してください。

以上です。

 

感想

共産党の小池氏の発言をもとに政府批判

共産党の機関紙、しんぶん赤旗の記事からの質問のようです。

「安倍首相は会えるはずだ」と一方的に決めつけて批判している記事ですが、菅官房長官はすでに15日に「日程の都合で、それ以上でもそれ以下でもない」と答えているのですから、しつこく共産党の主張を持ち出して菅官房長官に問い詰める目的がよくわかりません。

やはり、この質問も質問の体をなしていません。

菅官房長官は政府の発言としてこれ以上のことを回答できるはずがないのですから、「日本政府の対応が本当に恥ずかしい」という共産党の小池氏の発言を宣伝するだけが目的の質問になっているように思えます。

「政府側がドタキャン」?

さらに問題なのは、2015年11月のデビッド・ケイ氏との面会の件を「政府側がドタキャンをした」という一部メディアが書いた偏向記事を利用して、望月衣塑子記者が「ドタキャン」を既成事実にするために、さり気なくねじ込んできた発言です。

これにはさすがに菅官房長官も憤った様子で「事実に基づいて質問してください。」とだけ答えています。

 

「ドタキャン」は2015年11月22日の日刊ゲンダイなどが「政府がドタキャン」と書いた記事が元になっています。

「予算編成作業などの関係で、政府として十分に受け入れ態勢を整えることが困難だった」ため、2週間前にキャンセル(延期をしてほしい)の連絡がジュネーブ国際機関の日本政府代表部から入ったという記事です。

その後、デビッド・ケイ氏は2016年4月に来日しています。来日はしていますので延期の要請ですね。

IWJの記事によると、さらにデビッド・ケイ氏が2016年2月、「電波停止」発言の真意を確かめるため、高市早苗総務相に何度も面会を申し入れたが、「国会会期中」との理由で実現しなかった、ということです。

面会の約束じたいが成立しなかったわけですから、高市早苗総務相との面会の話もドタキャンとは異なります。

望月衣塑子記者は2015年11月の延期要請の話と、高市早苗総務相との面会の話をごちゃまぜにしているようで、事実関係がめちゃくちゃです。政府批判ありきで質問しているので、このような誤った事実認識になるのでしょうね。

 

そもそも2週間前は、ドタキャンなんでしょうか?

 

ドタキャンとは、土壇場でキャンセルをすることの俗語です。では、土壇場とはいつまでのことなのか? その定義は人それぞれで明確なものがありません。

定義は人それぞれでしょうが、少なくとも「他の予定に変更が不可能な状況」でのキャンセル、という共通認識はあると思います。

Woman Insight編集部さんが2016年に実施した、どこから「ドタキャン」?というアンケートでは、

  1. 当日の朝……51%
  2. 前日……31%
  3. 約束の1時間前……15%
  4. 2~3日前……3%

という結果が出ています。

「他の予定に変更が不可能な状況」という意味から、ドタキャン、土壇場でのキャンセルとは、せいぜい「当日、前日のキャンセル」の意味と多くの人が認識していることがわかります。

2週間前のキャンセルをドタキャンというのは無理があると思います。

「ドタキャン」を印象づけるための、この望月衣塑子記者の「政府側がドタキャン」発言は、官房長官記者会見の場では不適切な発言であると思います。

 

当ブログは「大成」を願って辛口批評になっておりますが、実は望月記者を応援しています。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

アクセス急増のためサーバー負荷の高い人気記事トップ10は一時的に表示停止しております。

 



sponsored link

カテゴリー

楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日之丸街宣女子(vol.3) [ 岡田壱花 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/2/12時点)

Amazonで商品検索