以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ブログ

東京新聞 望月衣塑子記者「注意文書をリーク」は裏付けなしのガセ発言と産経が猛抗議

time 2017/09/14

東京新聞 望月衣塑子記者「注意文書をリーク」は裏付けなしのガセ発言と産経が猛抗議

sponsored link

望月衣塑子記者が事実を捻じ曲げて被害者ポジションを取っている疑惑が発生

東京新聞「解禁日前に政府の公式の場で公開したのは問題がない」と開き直り

東京新聞望月衣塑子記者が報道解禁日を守らず官房長官記者会見で内容を公開したことに対する注意文書が首相官邸広報室から東京新聞に出されました。東京新聞佐藤圭デスクは「そのような指摘は当たらない。まったく問題がない」と開き直り、望月衣塑子記者は言論弾圧だと逆ギレしています。

 

「政府から産経にリーク」されたことによって安倍政権の熱烈な支持者から誹謗中傷を受けている?

9月14日午前の内閣官房長官記者会見で望月衣塑子記者が、

京新聞の方に送られた注意文書の関連なんですけど。(中略)注意文書のことが産経新聞になぜかリークとして記事が出て、またこれまでの官房長官とのやりとりもいくつも記事にされていました。その中でですね、個人への記者等に対する誹謗中傷というのが、私事ですがかなり進んでいると感じています。そのような状況にですね、菅長官自身のご発言等々がネット上で拡散されることで、たまたまこういうことになっていると思うんですが。言論弾圧を助長するかのようなネット上の誹謗中傷、ネット以外の誹謗中傷等々について、政府としてはどう受け止めていらっしゃるのか、お聞かせ願いますか」と質問をしました。

菅義偉 官房長官は、

「官邸から圧力をかけたことは一切ありません。政府からマスコミへの報道発表に関しては、公表予定日時が決まっている事案について、記者とのいわゆる報道解禁日時を約束した上で、事前に説明を行うことがあります。今回のケースも解禁日を指定した上で、事前に説明を行っていましたが、それにもかかわらずネットにも流れているオープンな会見である官房長官会見の場で約束した解禁日前に、事前に説明した内容に言及する事案が発生をしました。こうしたことは政府とマスコミの信頼関係にも影響しかねない問題であり、このために官邸広報室から同社(東京新聞社)に対して再発防止の徹底を要請をしたものであります」と回答しました。

この回答に対して望月衣塑子記者「政府の見解はよくわかりました」と受け流し、

「これがですね一部報道にリークされることでネット上で拡散し、結果として予想してかしてないかわからないのですが、ネット上で様々な誹謗中傷が続いていると。ネット上の誹謗中傷者をよくチェックしますとやはり安倍政権の熱狂的な支持者の方もたくさんいらっしゃいます。こういう点に関して、いま政権としてですね、個人の記者に対する誹謗中傷が、この会見のやりとり等でどんどん拡散されていってるという、この現状について政府としてどのように受け止めていらっしゃるか?」

と、あくまでも政府が産経新聞社にリークをしたと繰り返し発言をして、ネットの誹謗中傷が政府の責任であると受け取れる質問をしました。

 

「産経にリーク」はガセ、事実無根として産経新聞社が東京新聞社に抗議

この「産経にリークした」という望月衣塑子記者の2度に及ぶ発言に対して、産経新聞社は14日、「事実無根であり、社の名誉と信用を著しく毀損するもので看過できない」として発言撤回を求める抗議文を東京新聞編集局長宛てに送付しました。

産経新聞によりますと、問題の「注意書面」は、東京新聞官邸キャップの了承の上で内閣記者会の常駐各社に配布されたもので、それに基いて2日付朝刊で「官邸報道室 東京新聞を注意 『不適切質問で国民に誤解』」という記事を掲載しただけとしています。

東京新聞官邸キャップの了承の上で、各社に配布されたということが事実であれば、望月衣塑子記者の主張する「リーク」は根拠のない思い込みであることになります。

「自分への批判を誹謗中傷と捉え、その原因は官邸からのリークにある」という妄想ストーリーを、都合の良いように組み立てて発言しているのではないかという疑惑が出てきました。

望月衣塑子記者は、勝手な思い込みで官房長官に質問することが目立ち、その度にいわゆるネットの炎上を繰り返してきました。炎上は誹謗中傷というよりは遠慮のない国民の声ともいえるものです。

今回もそのパターンの焼き直しのようで、望月衣塑子記者支持者の「アベはやめろ」陣営以外の大部分の人たちは、「リーク説」は事実無根のガセと感じるものと思います。

以下略ちゃんも99.99%、そのように思いました。

14日の内閣官房長官記者会見で、ふたたび大炎上は必至です。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 

おすすめ人気記事(計30日間)



sponsored link

カテゴリー

当ブログの加計事件の解釈と同じ内容です。
ぜひ、お読みください。