Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

【文字起こしと感想】3日連続の粘着質問もやはりすれ違い の望月衣塑子記者 官房長官記者会見11日

time 2018/01/11

【文字起こしと感想】3日連続の粘着質問もやはりすれ違い の望月衣塑子記者 官房長官記者会見11日

sponsored link

「最低賃金が100円アップした」は的外れというけれど 1月11日午前

2018年1月11日(木)午前の菅官房長官記者会見での東京新聞 望月衣塑子記者の質問全文です。

米韓首脳が電話会談 南北対話中は「いかなる軍事行動もない」について

望月衣塑子 記者
東京新聞望月です。

一部報道でトランプ氏が文在寅大統領との会談の中でですね、南北間の対話がすすんでいる間は、どんな軍事行動も行わないということを明らかにしたと伝えております。

そして、まあ、アメリカが軍事行動を検討していることに関しましても、事実と異なると指摘しまして、適切な時期と状況下でアメリカが北朝鮮と対話することができると、いう回答をしていると。

この点に関して、現、日本政府としての現状のご認識とご見解をお願いします。

菅官房長官
まず、政府として報道の一つ一つにコメントすることは控えたい、こういうふうに思います。

 

一昨日、昨日に引き続き生活保護費見直しについて

望月衣塑子 記者
昨日、えーと、お聞きしました、生活保護の受給に関して再度、お聞きしたいと思います。

菅長官はご回答の中で100円賃金をアップして、かつてない上昇率だということでしたが、生活保護費というのはそもそも仕事ができなかったり、身体的精神的な理由等々で働けない方々への、セーフティーネットとして手当されているものです。

なのでその時給を上げてもですね、実際、受ける生活保護とはまったく関係がないと、いうこともふまえまして、いまイージス・アショアの購入これ一基800億円が、1300億円になるというふうな話も聞いております、で、SM-3ブロック2A迎撃ミサイルも一発37億円と非常に高額、えーと、やはり防衛装備の購入に関してはかなり青天井に政府が購入をすすめている一方でですね、この最も目の前の生活に困っている方々への手当というのを削っていくと、ここの点について、やはりこれでいいということなのか、やはりこれについては今後も考えていきたいということなのか、もう一度おねがいいたします。

菅官房長官
まずですね、政府としてはですね、そうした生活保護の皆さんについても様々な対応策を行っておるということで、ここは明確にしておいております。

それと同時に国民の安全安心を守るための安全保障確保するというのは政府の最大の責務、こういうふうに思っています。

望月衣塑子 記者
はい、もちろん安全保障も強化も大切な一方で、様々な対応をしながらもやはり生活保護費が削られているという現状ですね、この点をどう考えているのか、やはり安倍政権になって、去年の9月の記録で、生活保護受給世帯が過去最多と、かつ3000万円以上の資産を持っている富裕層が15%と過去最多と、やはり野田…

(事務方「質問に移ってください、具体的な質問おねがいします。」)

野田総務相や岸政調会長も指摘しているように、所得の格差がやはり開いていると、この点もふまえまして、やはり必要としているニーズに今後、削っていくのではなくて応えていくということを考えていきたいということなのか、今のお話だと、さまざまな対応をしているということですが、結果として削られている、総額でですね、その点に関しまして。

菅官房長官
あの、明確に言ってほしいんですけども、生活保護の方に対して政府としてはそこはさまざまな対応をしっかり行っている、このことは明確に申し上げておきたいというふうに思います。

 

感想

米韓首脳が電話会談 南北対話中は「いかなる軍事行動もない」について

新聞の報道については、菅官房長官は「政府として一つ一つにコメントしない」という姿勢を貫いています。

このことをわかっていないはずがない望月衣塑子記者が、この質問をした目的がよくわかりません。

トランプ大統領が「南北間の対話がすすんでいる間は、どんな軍事行動も行わない」と発言した、ということを官房長官記者会見の場で強調したかっただけなのかもしれません。

一昨日、昨日に引き続き生活保護費見直しについて

望月衣塑子記者は10日午後の質問の中で「安倍首相は、中間層の所得向上策は意図的に取ってる。一方で、この弱者を支えて、生活を上げていく、底上げしていくということも一方で政府の政策としては必要なんじゃないかと思います。」と発言しています。

菅官房長官の「最低賃金が100円アップした」という回答は、この望月衣塑子記者の質問部分に対して回答したものと思われます。

望月衣塑子記者は自身のツイッターで、「生活保護について質問しているのに、最低賃金の話をした」というようなツイートをリツイートして、長官の回答が的外れのように批判しています。

しかし、これはそもそも望月衣塑子記者の質問が、ダラダラと長くて、延々と自分の主張を述べて最後に取ってつけたように質問の形におさめているだけの代物であることが原因です。

その場で聞いていても、何を聞きたいのかがよくわかりません。

菅官房長官は、望月衣塑子記者の前半部分の話に対して、コメントを返しただけなのでしょう。

当ブログで文字にしている最大の理由も、望月衣塑子記者の質問は動画や生中継で見ていても、何を言っているのかさっぱりわからないからです。中継を見ていて、「何が言いたいんだ、何が質問したいんだ」とイライラして文字に起こして文章にしてしまった、というのがきっかけです。文字にして、ようやくその内容が理解できるレベルなのです。

もう少し質問を端的にわかりやすくまとめない限りは、菅官房長官とのこのようなすれ違いのやり取りは避けられないものと思います。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索


楽天